楽天

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« インサイト:USB電源とフロントスポイラープロテクター | トップページ | YZF-R15:保険とバッテリー »

2016年2月14日 (日)

キャニスター型掃除機:ダイソン買い替え

最初に言っておこう、ダイソンを決して漢字で書いてはいけない。(爆笑)
さて、うちではDC12 Complete(ダイソン)って奴を使っていた。
DC12は日本向けに開発したとか言われて当時流行った奴だね。
だいた10年位使ったかな。

ダイソンと言うと良くアンチが湧くけど、やっぱり合う合わないが有る。
要は外車と一緒でさ、日本車じゃないんだよね。
たとえば「ランボルギーニ買ったけど人が2人しか乗れなく狭くて煩いからダメだ!」って言っている人を見たらどう思う?
つまり買って合わないと文句を言った所で「情弱乙!」って言われるだけで・・・・・ (^^;
事前に良い所、悪い所、自分の用途に合うのかをよく調べましょう。

DC12は取りあえず本体は丈夫、サポートも凄い。
しかし・・・・・周辺パーツはくだらない所が壊れる。
買って数年でタービンヘッドのカチッとはめ込む爪の所が折れて買い換えた(6500円位)。
更に数年後ホースが切れた(4300円位)。
クリア瓶だったか遠心分離機毎だったか爪が折れて壊れた(クリア瓶だけなら5400円位)。
これ以外にもいろいろあったかも。(笑)
でも物は必ず有って直ぐに届く、とにかくサポートは凄い。
ちなみに電源コードの無償交換も当然やってある。
かみさんが重たいからそろそろ買い換えたいかな~と言いだし始めたころ、またタービンヘッドの爪が折れた。
今度は養生テープ巻いてはめ合いを問題無くしっくりはまる度合いに調整して買い替えタイミングを狙っていた。

ちなみに知らない人が多いが、ダイソンは下取りプログラムってのが有る。
現行機種は設定されないが、手持ちのダイソンを下取りにして型落ちモデルを安く購入出来る制度。
公式案内されてないからサポートに電話で聞くと教えてくれる。
最近はネット販売で型落ちを安く売っているから、どちらがお得かで判断すれば良いと思う。

12月になり年末か新春の売り出し狙いで購入しようとおもっているうちに今度は伸縮パイプのグリップにクラックが入った。
丁度リモコンの真下がパックリ割れた。
伸縮パイプは8600円、多分リモコン付きで本体にペアリングさせる必要有り。
すでにリプレース予定だったのでいつもの適当修理で応急処置しておいた。
まぁ買い替えまでは充分持つ。

正月に初売りのチラシで何を購入するか検討。
ちなみに次は紙パックにするのかサイクロンにするのか確認するとサイクロンとの事だったのでダイソン一択だった。
結構安く出ていたが型番が色々あって良く分からず、色々と調べてみると全部型落ちモデルだった。
それでも良かったのだが、軽い奴が欲しいとのリクエストだったので小型化されて軽くなったDC48かDC63。
つまりは本体のみで言えば現行型。
DC48はサイクロンが単層10シリンダーで現在は風圧動作のタービンヘッドのみのラインナップ。
DC63はモーター類は同じですがサイクロンが2層24シリンダーになっています。
さらにFllufyのラインナップで製品名がDyson Ballと改名されタービンヘッドは無。
色々と検討した、本当はFllufyがすごく良いが流石に高いので将来的に平行物でFllufyヘッドを仕入れて使う事も視野に入れてDyson Ball Motorheadを選択しました。
色々な付属セットは不要だったのでDyson Ball Motorhead+にはしませんでした。
Pict0352

相変わらず高そうな箱です。 (笑)

早速DC12と並べてみました。
Pict0353もちろん、奥がDC12。

DC12は単層5シリンダー、たとえるならビックボアの5気筒でトルク型。
DC63は星型12気筒の2連装、素人メカニックの自分にはこのメカメカしさはまぶし過ぎ。(笑)

感想はダイソンですからね、まぁ強力です。
取りあえず驚いたのが、DC12は爆音掃除機でしたがDC63は日本製の掃除機レベルに静かになっています。
全くダイソンらしくありません。(オイッ!)
本体は確かに軽いですが、モーターヘッドがそこそこ重量がありますので全て合わせるとそれほど軽くないですね。
モーターヘッドのスイッチを入れますとそれなりに回っているなと言う音と振動が有りますね。
絨毯との密着も強力で日本の掃除機の様に自走式では有りませんからそれなりに力は要ります。
DC12では巻きとらなかった電源コードも日本製品並みには巻き取る様になっています。
強力さは従来のまま、より日本人に受け入れられやすい進化を遂げていると言う所でしょうか。
ちなみにDC12のオプション類のヘッドは直径がやや細く使えませんが、少し巻物をしてあげれば使えそうです。
まぁこれらは口の部分が交換可能なアダプタになっていますのでDC63用が入手出来れば簡単に変えられますが、まぁ無理かなぁ~。
アダプタ付きで一番安いヘッドでも買って交換してしまうのが良いかもしれません。

それで本体は全く問題の無いDC12は処分してしまうのは勿体無いとは思いますが、家の中に置き場所は有りません。
壊れている伸縮パイプからリモコンだけ取り外し、伸縮パイプやタービンヘッドは処分しました。
本体とホースとブラシノズル、取り外したリモコンを残して車内専用掃除機としてバイク置き場におきました。
これなら使いたい時に直ぐに取り出せるので調度よいです。
それに小砂利を吸い込むとサイクロンで引っ掻き回され一瞬でクリア瓶が傷だらけになるんですよ。

« インサイト:USB電源とフロントスポイラープロテクター | トップページ | YZF-R15:保険とバッテリー »