楽天

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« インサイト:1年点検(6年目) | トップページ | DTX750K:ファームアップデートとバスドラリプレース »

2016年3月 6日 (日)

ロボット掃除機

最近流行っているよねぇ~ > ロボット掃除機
一般的には何を言っていてもステータス的な感覚で欲しいと言う方が多いでしょうね。
自分的には玩具としては興味ありました。
しかしねぇ~玩具に8万円とかないわぁ~。
自分的には精々4万円ですね。
玩具として見て最低限充電台へ自動に戻る機能は欲しいと思うので、ニトリの2万円位の奴が現実的と考えていました。

お約束でトヨタ車(ルンバ)は敬遠。
技術的に興味が有ったのは東芝のスマーボ。
カメラ搭載で部屋形状を認識しマッピングを駆使し几帳面な走行パターンでランダムパターンのロボット掃除機(ルンバ)とは比較にならない短時間で掃除終了。
だがしかし・・・・・・所詮はサムスン社(韓国)のOEM、ハードウエアが追いつかない。
比較動画などを見ると吸引力不足で取り残しが有り散々な結果。(ーー;;;
カメラ搭載のマッピングを使い短時間で処理する為には通過ポイントで確実にゴミを処理できる吸引力が伴ってこその機能。
サムスン社製ではここら辺りが限界・・・・・・か・・・・・
だがしかし・・・・・・良い所も有った。
国内(東芝)仕様では実現されなかったと思ったが、本家サムスン社の最上機種には充電台に戻ったタイミングで充電台にセットされたクリーナーがロボット掃除機内のゴミを吸い出し自動でゴミ捨てを行う機能が有った。

さてそれから数年後・・・・
今年になってルンバの最上位機種はランダム走行を止めてカメラを搭載してマッピングを使い始めた。
スマーボと違い十分な吸引力を持ったルンバとカメラ搭載のマッピングの相性は良好。
短時間で確実に掃除が終了する様です。

さて、スマーボであまり良い結果が出なかった東芝は2014年からOEMを止めて自社製のロボット掃除機の販売を始めていました。
その名はトルネオロボ。
トルネオと言う名前は自社製キャニスターのサイクロン掃除機に与えた名称。
しかし、トルネオロボは残念ながらサイクロン掃除機では有りませんでした。
またスマーボで失敗したカメラは使わず今までのルンバが使用してきたランダム走行パターンを採用していました。
まぁぶっちゃけプログラム開発にはサムスンの技術者の多大な協力が有ったらしいという話が有りますが・・・・・。
現実的な話を言えば、国内大手電機メーカーは空洞化を起こして生産は全てコストの安いアジア圏。
工場とは名ばかりで国内工場の中はがらんどう、せいぜい製品評価の為に人件費の安い中国人を雇って日本人リーダー監視のもとに評価テストに使用しているのが現実でしょう。
ファームウエアプログラムだって大まかな基本仕様決定は日本人、後はインド人や中国人のメーカーに丸投げで開発ってのがぶっちゃけた現実ですよ。
国内一流メーカー製品は純国産なんて30年も40年も前の夢物語ですって。(爆笑)
今現在国内で製造工場が機能していて一応国産品と呼べる物を生産している一流企業は車メーカー位でしょうね。

さてトルネオロボに話を戻しますが、カメラ搭載を止めて一見何も特徴の無いモブキャラ同等に成り下がった東芝製ロボット掃除機ですが一つだけ戦略が有りました。
それはサムスンの上位機種が採用していた充電台での自動ゴミ捨て機能を持っていました。
勿論、トルネオロボでも上位機種だけの機能でしたが。
まぁそりゃそうですよね、ロボット掃除機の他に充電台にキャニスター掃除機を搭載する訳ですから滅茶苦茶コストがかかります。
発売から一年以上経過した今現在の評価としては、最大吸引力こそルンバに劣る物のマズマスの評価を得ていました。

そして今年の2月になってトルネオロボが新型になりました。
本体のモーターをより強力な物に変更し吸引力を1.5倍に引き上げたとの事。
さらに充電台に設置されたキャニスター掃除機がなんとサイクロン掃除機になりました。
コレで名実ともにトルネオロボ名乗れる様に成った(本体はサイクロンじゃないけど良いの?)。

そこで・・・・・色々ご縁が有って・・・・・
Pict0374来ちゃった!

今月新発売になったばかりのトルネオロボ VC-RVS2 グランレッド。
特徴的なのはその鮮やかな色と新車の様な光沢、そしてやたらに長い2個のサイドブラシ。
発売後数週間たった今は多少価格が落ち着いて最低価格は10万円切る辺りになっていますが、入手時の相場は12万円前後。

さて勘の良い人は気がついたかな・・・・・。
所詮玩具としか思ってないロボット掃除機に8万円とかないわぁ~とか言っていた人が12万円も出すのか?
購入とは書かずに入手と書いている・・・・
そう・・・・実はぶっちゃけカード払いとか・・・・もちろん現金もびた一文払ってない。(笑)
あ~~~~~一応言っておくけど、万引きした訳では無いからね。(^^;

実は滅茶苦茶使い勝手が悪いポイントが有ってね、かなり限らた範囲でしか使いみちが無い奴でね。
それを持っている事すら忘れていて数年経過して累積ポイントかかなり溜まっていたんです。
このまま放置しても無駄だったので、全額ポイント払いで買っちゃいました。(爆笑)

では早速走らせて様子を見ました。
初回はロボット掃除機を走らせる為の不都合を見つける為の試走会なので状況を観察。
色々な所でスタックしながら最終的にはバッテリー切れでエンスト、充電台に戻らず。 (^^;
ラジコン操作で充電台に誘導して充電台と自動でドッキング、自動で吸いだしたゴミは・・・・

Pict0369初回でこれだけ汚れている。

正直予想外に吸い込んでいる。
こう言っては何ですが、うちはそれ程は汚くないハズ・・・・・
ちなみに巨大な綿埃を何処から持ってきたのかは昨日やっと判明。
超長いサイドブラシならではの結果でルンバではかき出せなかったでしょう。
実は20年以上使っている石油ストーブのフロントパネルと受け皿の隙間から掻き出していました。
昨日掃除後にふと見ると大きなビー玉サイズのホコリがストーブの前面から顔を出してましてゆっくり引き出すとズルズルと出てきてなんと拳のサイズの綿埃が・・・・・(@@
まさかこんな事になっているとは・・・・・トルネオロボ様々でした。

さてロボット掃除機のレビューを見ると充電台に戻らないとか外出から戻ると途中で止まっていてストレスが溜まるなどの書き込みを多々見かけます。
しかしそれは使う側の怠慢ですよ。
ロボット掃除機は人型猫耳メイドロボットじゃないんです、所詮は玩具レベルの自走式掃除機。
人間がロボット掃除機が動ける為の環境を作って走らせてあげる必要が有ります。
色々な物が散在していてコード類も散らばっている部屋で自動で掃除機が走れば楽になるなんて考えは捨てましょう。
所詮モノグサには使いこなせない、几帳面な人こそ使いこなせるアイテムなんですね・・・・・本末転倒ぽいけど。
だから初回の走行で色々状況を判断して環境を整えました。

Pict0373手始めにスロープ設置。

長くなったので環境整備後のトルネオロボを簡単にレビュー。
吸引力は割りとあると思います、本体を振るとカラカラと音がするのでネジでも外れたのかと思って取り敢えずゴミカップを確認するとヘヤピン(シンプルな金属だけの奴ね)を吸い込んでました。
充電台への吸い出し口よりも長さが有ったので吸い出されていませんでした。
安物の車用12V駆動の掃除機などでは吸い込めませんよね、それ以上の吸引力は有りそうです。
うちも髪の毛とか多少は落ちていますが、本体底面の回転ブラシは意外と髪の毛が絡まっていません、10回以上走らせましたが今の所は1本も絡まっておらず掃除の必要は無さそうです。

掃除時間は60分固定の様に思われます。
途中でスタックして再始動するとそこから60分カウントする様で掃除終了判定前にバッテリ不足で止まります。
バッテリ不足判定するなら自動で戻れば良いと思うんですけどね・・・・・。
ちなみにラジコン操作で充電台に近くまでもっていけます、そして充電ボタンで自走して充電台にドッキングします。
60分間スタックせずに走り切ると掃除終了判定し上面にENDと表示し充電台を探しドッキングします。
この時の動作はマッピングが無いので迷路脱出に使う片手を壁に添えて・・・・ってあれで探しているようです。
まずは右側の壁に沿って走ります、扉等を抜けて空間がひらけると突き当たるまで真っすぐ走ってまた右壁たどりをします。
20分位探しても見つけられないと左壁たどりに切り替えるようです。
永遠に見つからないと30~40分以上探しまわるのでしょうね。(笑)
ちなみに充電台を見つけられず戻らないと文句をいう人も多いですが、充電台の位置を変えれば済む話。
進入路が窓際に沿って有る様な設置場所は見つけられにくい。
逆にダイニングとキッチンの境目に進入路が有る様な設置方法だと比較的高確率で見つけると思います。

行動パターンが70種類くらい有ると言いますが、実に面白い動きをします。
いつも同じ家具位置であっても日によって全くキッチンに入らないとか、逆にキッチンから全く出てこないなんて事も有ります。
多分、日付とかで優先使用するパターンを切り替えているのでしょうね。

総評としてあの値段でルンバを買うのを良しとする人なら買っても損とは思わないんじゃないですかね。
それなりの機能は有りますので。
自分は玩具と思っているので、それからはやはり高いよね・・・・便利ではあるけど。
まぁ、値崩れ起こしているスマーボで特に安くなっている物なら吸引力弱いのを覚悟の上で買っても良いのでは・・・・。
ただね、モノグサな人が自動で掃除できたら楽だと思って買うのはやめたほうが良い。
ロボット掃除機を使いこなせるのは部屋を綺麗に整理出来る几帳面な人。
モノグサには所詮使いこなせず金をドブに捨てるだけです、まずは綺麗に整理する努力をしてからですね・・・。
残念ですがそんな上手い話は有りませんって事です。 (^^;;;;;

« インサイト:1年点検(6年目) | トップページ | DTX750K:ファームアップデートとバスドラリプレース »