楽天

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

YZF-R15:車庫改修

バイクの車庫は平城商事 サイクルハウス 3S を使っています。
良くあるチャリンコ3台用の骨組み組んでシートを被せる奴です。
一般的な亜鉛メッキの鉄パイプ構造では無くアルミ角材の骨組みのタイプです。
シートも通常は前後の垂れ幕と屋根の3ピース構造ですが、最初から袋状になっていて被せるタイプです。

今回はチャックが噛みこんで上手く開け閉め出来なくなって来たのと雨漏りの為に交換です。

一見すると良さそうな製品に思えますが、実際は結構ダメダメです。
フレームが少なく強度が出ないのですが、現在は新型になって屋根の部分のフレームが追加になってます。
またシートも多少変更になっている様ですが、自分が入手出来たのは今回も旧型の物なので旧型の話になります。

メーカーとしてはお手軽で組み立てやすく見た目も・・・・・・なんて事を考えている様ですが今一考えが足りないと言うか。
フレームはアルミで軽くして扱いやすく構造を簡単にして袋状にしたシートを被せる事で強度を出そうとしている様です。
だから逆に強度不足でナヨナヨ、被せるシートで強度を出す為にタイトに作るから被せにくいしチャックもツンデレ。
おかげでチャックが開け閉めし難くて場合によっては今回の様にチャックが壊れる。
さらにチャックの縫い目も千切れて来るので縫い目をホチキスで強引に止めていたけど結局駄目だった。

前回もフレームに補強を入れて有りましたが、今回は前回の補強で今一の部分を改修して補強しました。
Dsc_0119_2

何が最悪かと言えば雨漏りする事。
シートは見た目は良いし袋を被せるだけで良さそうだけど、前後の垂れとの縫い目がザックリと縫っただけ。
縫い目の穴から雨漏りすると言うお粗末な仕様です。
縫い目の上から一枚ほどシール材のシートを張り付ける位の配慮は欲しいですね。
新型ではやってあるかもしれませんが。
新型との見分けは前垂れの巻き上げを止める部分がセンターに1本でプラの固定具。
左右2ヶ所にベルクロのシートは旧型です。
たかが縫い目の雨漏りと思うでしょうが、風が有ったりすると結構ダダもれです。

屋根の勾配が浅いのも問題ですね。
雪が降る地域だと積もっても落ちないので間違いなく潰れるんじゃないかな。
そして屋根部分の構造材が前後と真中しか無いので変にたるんで雨水がたまる事も多い。
新型では真ん中と前後の間にそれぞれ1本ずつ屋根部分だけですがフレームを入れた様です。
屋根の形状を保ちやすくなるので雨が溜まるのは多少は改善するんじゃないかな。

一般的な鉄フレームの3ピース構造のシートより厚い様なので破れにくい事は評価出来ると思いますが、紫外線で表面が劣化して水をはじかなくなるので雨漏りする事にはあまり変わりなさそうです。
今回は雨漏りもひどかったしチャックの故障で僅か3年で交換する事になったのでやはり見た目倒れって事ですかね。

意外と良かったのはシートをフレームに固定するプラスチックの大玉が付いたゴム。
シートに取り付けられたグロメットの穴にゴムを通してフレームを半巻きして大玉にひっかけるだけで止める構造。
確かに施工は楽、しかしゴムが1年位でベロンベロンと思ったが3年前に施工した物がまだ大丈夫だった。
2~3ヶ所の大玉への引っ掛けが外れていたが。

今回施工するにあたって、新しいシートを被せた上にチャック部と前垂れの解放部をむしり取った旧シートを被せ二重構造にしておきました。
Dsc_0120_2

縫い目の雨漏りも一段目で大部分を止める事で軽減すると思いますし、内側シートの紫外線での劣化も軽減出来ますから防水効果も長持ちすると思います。
フレームの補強もシートがあまりツンツンにならない様に考慮して補強材を入れました。
施工時点で一ヶ所閉まり難い感じが有りますが後は普通な感じなので延びてくれば大丈夫かもしれないと思っています。

2017年2月19日 (日)

インサイト:車検(7年目)

走行距離114000kmと言う所、7年目の車検ですから8年目に入ると言う事です。
基本の整備とオイルやエレメント交換、10万キロ越えたので追加でプラグ交換。
インサイトのプラグはイリジウムですが比較的良い奴が付いているので純正品にしようかと思ったのですが・・・・・
純正は割高の上にインサイトはツインプラグなので4発ながらV8並みの8本必要となり部品代だけで2万円越えそう。
より高性能なNGKプレミアムRXプラグ(LFR6ARX-11P)が純正品ディーラー価格の約半値で買えるのでRXプラグを持込みしました。

Dsc_0117

普通ならプラグ交換程度自分で出来ますが、インサイトはエキパイ側プラグがインテークのサージタンク外さないと交換が困難なのでディーラーにお願いしました。
あと1~2カ月するとHMMF交換警告が出始めますが、あれって鬱陶しいのですよ。
と言う事で今回は警告が出る前に先行してこちらの交換もお願いしました。
さらにタイヤローテーションとエンジンルームスチーム洗浄、ECUアップデート確認(最新なので実施せず)を依頼。

税金などの諸経費と標準の整備料、追加依頼整備、定期点検パックのまかせチャオSSコースで依頼し総額13万円。
内容を考えれば安い(とまでは言わないが)んじゃないかな。

途中で売る気が無いのなら定期点検パックはお得だと思いますよ。
ちょっとした追加作業なら無料でやってくれますしね。

8年目で11万キロ越えて定期点検パック使うから『いつまで乗る気?』とかみさんに聞かれました。
「何気に結構気に入っているし、あえて乗り換えたい車も無いから壊れなければ2年は乗るかな。」っと答えておきました。
実際、2~3千万円出せるなら乗ってみたい車は有るけど、1千万円以内で乗り変えたい車ほとんど無いしね。
もしも1千万円以内で乗りたい新車と交換してくれると言われても、現時点ではマスタングGT(エコターボがどれだけ早くてもV8未満は乗る価値無)かエリーゼ位しか乗りたいの無いしね。
万が一壊れちゃったらどれ辺りにするかは決まっているけど、あえて乗り換える気にはならないし。
決まっているのはもちろん大衆車クラスだよ、って事で当分インサイトへ乗ってます。

そうそう、今回車検ではじかれる可能性が有ったのでLEDのハイビームをハロゲンに換装してました。
光量は十分あると思っていましたが、配光で拡散が多いのでテスターの判定に確証が持てなかったからです。
久しぶりのハロゲンですが、LED慣れしていてハイに切り替えるとボワ~ンと言う感じに光るので笑いました。
慣れとは恐ろしいですね。
車検も終わったのでまたLEDに戻しました。
LEDの装着方法はフクロウの目とか言われてリフレクターの折れ目のラインに発光面を合わせると言うのが一般的です。
つまり両面にある発光面を左右方向に向く様に取り付けます。
今まではその方法で取り付けて上下方向の拡散が大きく中距離までの周辺はかなり明るいのですが遠距離は拡散気味でHIDより弱い感じでした。
今回比較して流石にハロゲンよりは明るかったですが・・・・
雨の日などは手前がすごく明るくなるのでハイビームではフォグ要らずと思える位に良く見えたので不満はありませんでしたが。
そんな感じで配光に少しだけ不満が有ったので、今回の取り付けでは発光面を斜め45度にしてみました。
これで様子を見てみようと思います。

一つ補足、光量のテスターの件を気にしていた理由は実は持ち込み車検扱いになっている様だからです。
陸運局のテスターなので基準が厳しそうだからです。
持ち込みになっている正確な理由は分かりませんが、マフラーが原因なのかと予想しています。
もちろん車検対応で検査証も付いていますが、自分の年式直後に騒音規制が変わっているんですよね。
自分の年式だとアイドリングのみの近接音、現在の実測値95dBだったかな?車検証に記載されていました。
現在はバンパーからのはみ出し位置の規制が厳しくなり、加速音も計測されるんじゃなかったかな。
正直、加速音計測されたら恐らく車検通りません。 (笑)

2017年2月12日 (日)

YZF-R15:不調の原因

イリジウムプラグに交換したのは2015年5月頃でした。
最初に不調に気が付いたのは2016年8月頃だったかな?
踏切が開かず状態で長めのアイドリングが続いた時でした。
なんかアイドリングがバラツキだしたと思ったので少し煽っていましたが突然のエンスト。
その時はプラグにススでも付いたのだろうと気にもせず・・・・・

その後は現象にあまり気が付く事もなくすごしていました。
バッテリ上がりでの充電やドラレコ換装などなど色々やっていると不調に気が付きました。
どうも走行直後など温度が高い時にアイドリングを続けて水温が70度辺りを超えてくると不調になる事に気が付きました。

なにかアイドリングがバラツキ初めて軽く煽っていても突然ストンとエンスト。
色々と状況を考えると・・・・・・オーバーヒート?
確かにバラついてくるとカチカチとノッキングみたいな音が発生していたなぁ~。
煽りにもついて来ない感じのレスポンスで勝手に止まってしまう感じ。
もしも本当にオーバーヒートなら音が出る様ではエンジンへのダメージは必至・・・・。(--#
これは結構深刻な問題かも。

そういえばファンが回っている音を聞いた事が無いなぁ~。
まてまて・・・・もしもオーバーヒートなら警告灯が点くはずだけど見たことが無い。
と言う事はサーモセンサの故障?

サーモセンサの良否判定には抵抗値を測る必要がありますが、そのためにはサービスマニュアルが必要です。
色々と探しましたが流石にダウンロードなんかできません。
しかしながら、何とかYZF-R15 Ver.1のサービスマニュアルを見つけてダウンロードする事が出来ました。
エンジンや周辺機器にはそれほどの変更は無いと思いますので流用出来ると思いサーモセンサのキーワードで検索。
あぁ、もちろん英文ですよ。
キーワードで該当箇所を見つける事が出来ました。
それにより高温時の抵抗値が分かりました。

サイドカウルを分解しサーモにアクセスできる状態にしてからアイドリングさせます。
温度がある程度上がった状態で抵抗値を測定。
若干水温が低い状態で抵抗値問題なし。
ってことは・・・・・冷却ファンが回らないとか?
とりあえずコネクタを外してバッテリー直結で動作確認。
こちらもファンがちゃんと回る事を確認。

ちなみにエンジン始動中にサーモのコネクタを抜くとエンジンチェックランプが点灯しファンが回るので回路のチェックもできます。
これで水温関係、ファン関係で問題が無い事が確認されました。

ならば原因は何?
あのオーバーヒートを連想させるカチカチ音は?

しばらくアイドリングさせるとカチカチ音が発生。
その時、プラグキャップ近辺で見つけてしまいました。

Photoオイオイ、こいつか?

よりによって・・・・・・
どうも高温になった時のみ発生する様です。

高温高圧は放電しにくい条件なんですよね。
だから超伝導は液体窒素で冷やした環境でしか実現しにくいですし、真空放電なんてキーワードも聞いた事がありますよね。
エンジンが高温になった時だけプラグギャップ間よりはるかに間隔が有り絶縁抵抗も大きいはずのプラグキャップから逃げてしまうんですね。

Dsc_0097_2

NGKの文字の横になんとなく黒い跡が。

Dsc_0099_2

明らかにここがリーク原因?
拭くと取れてしまいました。
メーカーに確認するも拭いて取れる様では不明と明確な回答は得られず。
しかし、ガイシをよく見ると全体的に密度が薄いというか巣がある感じと言うか。
もしかしてロット不良では?

と言う事で以前購入したショップとは別のショップから前回と同じくポイントのみで購入してみました。(笑)
新しい物と問題のイリジウムプラグを比較すると少しだけ問題の出ている物のギャップが広い気はしました。
装着後サクッとひとっ走り、その後に長めのアイドリングで水温が70度を超える状態を確認。
カチカチ音の発生は無し。
アイドリングのバラツキ無し。
と言う事でどうもロット不良が原因だった様です。

リーク状況など動画にしてみました。

AviUtilはフリーでありながら超高機能ですが、いかにせんUIが分かりにく過ぎる。
もう少し直感的に扱えればパーフェクトなんだけどねぇ~。
ちなみにうちのPCではYouTube設定で少し画質を高めにしたMP4出力で動画時間の2倍程度で出力出来る様です。

2017年2月 5日 (日)

インサイト:リアウインド熱線修理



先に他のネタが有ったのですが、時期を外すと滑るので(笑)先にやる事にしました。
以前少し話した事があるのですが、ふと見るとリアウインドの熱線で下から3番目が切れている事に気が付いてしまいました。

以前は多数の国内カー用品メーカーから熱線修理剤を出していた様ですが、修理箇所が異常発熱しガラスが割れる事があり販売を止めたと聞きました。
現在は海外メーカー品が2500円位で入手可能なようです。
しかしながら鉛筆で治るとの噂が有ったので試してみました。

まずは断線個所を探しました。
問題のガラスはエクストラウインド(ナンバー直上の垂直面のガラス)ではなくリアハッチ上面の大きく寝た方です。
虫眼鏡なども使い下から3番目の熱線を集中的に確認確認するとそれらしいのを発見しました。

Dsc_0074_edited1

場所は内張を外した奥まった場所でした。

Dsc_0073

上から養生テープ、保護テープ(フイルムの切れ端だけどね)、4B鉛筆、内張はがし。

Dsc_0110_2_edited1

場所はこんな所で鉛筆が届きにくい。
板金縁のゴムが外せれば少しは楽だったのですが、強引に外すとセット出来なくなりそうなので止めました。
やむなくこのまま鉛筆を使いましたが、施工ポイントに対して垂直に塗り付ける事が出来ず斜め30度位で満足な処置が出来ませんでした。

Dsc_0076

こんな感じで盛り付け不足。
通電は確認できたものの発熱断線にて失敗。
やはりこの位置では無理な様でした。

仕方なく仕切り直しです。

海外製の修理剤もありましたが、同等品が導電性接着剤と言う名前で売っています。
価格はアマゾンで1000~1500円位です。

Dsc_0111_edited1

専用修理剤との違いは色、専用は銅っぽい茶色にしてありますが、こちらは乳白色~ベージュって感じ。
結構粘度は柔らかくて木工ボンドよりまだ水っぽい。
細い注射針の先端から液が出る位の粘度ですからね。
熱硬化型で常温で一日位と言ったかな?
早く硬化させたいなら加熱すると早いらしく、硬化するにしたがって導通してくる。
基本的に使い切りらしく、冷蔵庫保管しても数か月らしい。

Dsc_0112_edited1

とりあえずこんな感じに施工、時間がもったいなかったので塗ってから通電。
最初は流れないが周辺から加熱され乾き始めると一気に流れ始め抵抗が大きいので自己発熱で沸騰し(爆笑)急速硬化。
危ない危ない、マネしないように。(笑)

Dsc_0113_edited1

非接触赤外線温度計でチェック。(自分でセッティングを出す電動ラジコン飛行機屋には必須アイテムだからね)
春先なら常温と言われそうだけど、真冬で外気温一桁の中でこれだけ温度が上がっていれば修復完了と言えるでしょう。
最終的には30度以上まで上がるみたい。
しかしながら修正箇所の温度は50度を超えるのでやはり発熱で破損して販売中止したと言うのはほんとの様です。
抵抗が大きすぎて(線が細すぎて)発熱するのでさらに幅を太く、さらに盛り上げて追加施工しておきました。
外から見える場所だと熱線の幅で奇麗に治したいのが人情ですがそれはやめた方が良さそうです。
今回は見えない所なので3~5mm幅にして塗り重ねて厚めに塗っておきました。
見える所で少しでも発熱を抑えながらも目立たなくするのなら、銅板を2mm幅くらいで切って導電性接着剤を接着剤として使うと良いかもしれません。
ただし接着する為の接着剤ではありませんので接着強度はあまり無いと聞いていますので、耐熱透明テープ的な物で保護が必要でしょうね。

参考にして施工するのは自由ですが、発熱での破損リスクが有る事を理解し自己責任でお願いします。

後日使用状況の撮影が出来ましたので載せておきます。

Dsc_0116

ご覧の様に下から3番目も遜色なく機能しています。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »