楽天

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 自作PC:動画編集ソフト導入 | トップページ | DTX750K:グリップテープ »

2017年3月26日 (日)

インサイト:リアウインド熱線修理その2

今年の2月に導電性接着剤を使い熱線の修理を行いました。
2週間くらい使えていましたが、また使えなくなりました。

導電性接着剤がダメだったかなとカバーを外して確認しましたが、接着剤の状態は問題ない状況でした。
この時に一度導電性接着剤を取り除き小さく切った銅板を導電性接着剤で貼り付ける施工を行いました。

後日試してみると改善なし。
次の休みにどうした物かと確認してみると・・・・
以前切れた部分の反対側のパターンに亀裂を発見。

Dsc_0128_2 赤丸の中央の点が断線部

前回の右側のパターンと全く同じ部分。
こうなると製品的に弱いと言うしかありませんね。
もちろんガラスを支えるフレーム部分が有りますのでフイルムを貼る時に傷つけた可能性は全くありません。

さて、直さなくてはならないので早速始めます。
前回ご紹介した方法は導電性接着剤に発熱が有りましたので別の方法を取りました。
まずは小さく切り出した銅板を用意します。
厚みは0.1~2mmの物です。

Dsc_0129_2 歯ブラシは比較用です。

これの表面に前回使用した導電性接着剤を薄く塗布します。

Dsc_0130_2

ガラス側の接着面をブレーキクリーナーで脱脂、洗浄します。
そして断線部分の上にのせてしばらく固定します。

Dsc_0131_2

とは言え、硬化時間1日とか言われていますので短時間で接着はされません。
10分程度通電しましたが、銅板の異常発熱は有りませんでした。
今回は面倒だったので非接触赤外線温度計は持ち出さなかったので通電しているかは不明です。(笑)

Dsc_0132_2

とりあえずの仕上がりはこんな感じ。
治ると良いなぁ~~~~。

ところで今回の現象を見ますと自分だけとは思い難い。
しかし、ググってみても見当たらない。
熱線なんてあまり使わないのか、切れても気にしてないのか。

2017/03/27追記:
本日は雨だったので熱線が問題なく動作している事が確認できました。 \(^o^)/

« 自作PC:動画編集ソフト導入 | トップページ | DTX750K:グリップテープ »