楽天

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« YZF-R15:車庫改修 | トップページ | 自作PC:無くても困らないけど有ると便利な物 »

2017年3月 5日 (日)

自作PC:光物

うちのPCケースはNZXTのPhantomで標準でファンが4個付いています。
純正の200mmファンを側面に追加し、持っていた90mmファンを140mmファンが付く前面に強引に取り付けていました。
この状態であと一か所、天井に標準装備のLED付き200mm排気ファンの前方に同じ仕様の吸気ファンが設置出来る仕様となっています。
スペースが有れば付けて見たくなるのが人情で、適当に評判が良い物を選びました。

Dsc_0102_2Cooler Master MegaFlow 200って奴です。

性能はNZXT純正品の方が良いのですが、純正品はLED点灯用のケーブルが出ているのが鬱陶しいので止めました。
ちなみにPhantomにこのファンは付きませんので注意してください。

付かないのに何故購入したかと言うとボルトオンでは付かないってだけです。
わが師、マッコイ爺さんも「機械なんて口金のサイズさえ合えばいいのさ」と言っている通りどうにでもなります。
と言う事でサクッと側板外して装着します。

側板には純正の200mmを付けてあるのですが、例のLEDケーブルが邪魔なのと天井部はかなりタイトで純正品の方が良さそうなのでこちらを天井に移設します。

Dsc_0103

Cooler Master MegaFlow 200はそのままでは付きませんのでタブに新たな穴を作ります。
ただし上面から締め付けが出来ないので上面側にもドライバーの柄が通過できる様にさらに大きな穴を開けます。

Dsc_0104

後から思いましたが、このファンは汎用性を持たせる為に2種類のタブが付いています。
この2個のタブの谷になっている部分をネジで挟み込めば穴を開けなくても行けたかもしれません。
何はともあれ、サクッと取り付け。

Dsc_0105機械なんて口金のサイズさえ合えばいいのさっ!

動作させてみると外周がクリアなので純正品より光が周囲に明るく広がる感じでした。
仕様上は純正品よりも風量が有りますが、コンプレッションは弱いみたいですね。
さらに低速動作中のLEDがファンに当たっている光り方が瞬くので純正品より回転ムラが多いみたいですね。
純正品は本当にきれいに回っています。

天井のスペースはネットがクリップファスナーで止まっていました。

Dsc_0106

クリップをすべて外し天井側からねじを入れてファンをネット毎挟み込んで取り付けました。

Dsc_0107

左側が排気でネットのついている右側で吸気します。
その前に付いているのが標準装備のファンコンなどです。

Dsc_0108

天井部の動作中はこんな感じになります。

そんなこんなでやっているとさらに側面の120mmファンを光らせたくなりました。
アマゾンを見ていると激安中華品ですが、たまにYouTubeなどで見かけるらせん状に沢山の光のスジが出るLEDファンを見つけてしまいました。
こんな値段で買えるんだと早速注文。

Dsc_0121_2どうしてこうなった!?

いやいや注文したのは側板用の120mmを2個だったんですよ。
中華発送で届くのに6日程度かかるのですが、やっと届いたと思って開けたら画像の上中段の奴らが2個入っていました。
何処となく違う感じがしたので回してみるとLEDが4個しか点かない普通のタイプでした。
Dsc_0114違うだろ!(--#

早速ショップに文句を言うとその場で返金されました。
どうしても欲しいからもう一度注文するので今度はちゃんとLEDが15個付いたのを送ってくれと言って再注文。
土日を挟んだので8日も待ってウキウキで開封すると・・・・・またスカ! orz

ブチ切れ寸前でショップに再メール、「返金しないでよいからとにかく15LEDのファンを送ってくれ!」と文句を言い再発送してもらう。
と言う事でさらに8日程度待ってやっと届いたのが画像の一番手前の2個。
やっと待ちに待った物が届きましたが、ゴミが4個も手元に残ってしまいました。
単価安すぎて着払いで中国へ送ろうものなら余計損害がひどくなるので返品不要らしく返品指示無しなのでもらっちゃいました。(笑)
もちろん返せと言われれば着払いで送ってやりますよ、結構高額になるそうですが。

と言う事で早速15LEDファンを側板に2個取り付け。

Dsc_0122_2何気にタブの表面には制振ゴムラバー付き。

しっかし、この如何にも安っぽいラベルはどうにかならないんですかね。(^^;
まぁ内側になるので見えないと思いそのままにしましたけど。

ついでなのでLEDが付いていない後ろの120mmファンとフロント140mm用のスペースに強引に取り付けた90mmファンを120mmに取り換える事にしました。
後ろはボルトオンで交換、フロントは仕様的には140mmなのですが実は120mmも取り付けられるねじ穴が開いているのを知っていました。

Dsc_0123_2

ご覧の様にボルトオンで付きます。
ただし、外周から空気ダダ漏れなので90mmで使用していたスペーサーで目張りしました。

Dsc_0124_2

まぁフロントは覗き込んでもよく見えないしね、あまり細かい事は気にしない。
と言う事ですべてLED付きに換装しました。

Dsc_0125

ちなみに4LEDのタイプはファンコン最小でも十分明るく光りますが、15LEDのタイプは消灯します。
スジが見える位にそこそこ光らせるには30%位まで上げる必要があります。
風量は15LEDのタイプは純正より強力そうですが4LEDのタイプは弱そうに感じます。
回転数は純正が1200rpmのところが4LEDは2000rpmとの事なので最大にするとうるさい感じはします。

« YZF-R15:車庫改修 | トップページ | 自作PC:無くても困らないけど有ると便利な物 »