楽天

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« インサイト:リアウインド熱線修理その2 | トップページ | 戯言:とある講座の受講録 2017 04/09 »

2017年4月 2日 (日)

DTX750K:グリップテープ

スティックは生ドラで使うとチップが削れるらしく消耗品なんだそうです。
エレドラだけで使っているとエッジ叩いてへし折れるまでは使える物だと思っていました。

エレドラで使用するスティックはナイロンチップの物を選んでいます。
現在はTAMAの未塗装ヒッコリーH214N-MSとオークのO215-N、メインとしてZildjian LAZLASSK 川口千里モデルを使っています。
(このほかにパソコンの所と車載用でウッドチップが2本あります。)

何故川口千里モデルがメインなのかと言うと、他に比べて重心が前寄りでハンマー効果と言うか軽い力で大きな打力が出せるのとチップ形状が俵型(サンプル画像は球形だけど)でエッジが当たってハッキリとした音が出る感じが気に入っています。
あとはラバーグリップの滑り止め効果が良い感じです。
本来消耗品のハズですが、エレドラで使うと高耐久なのでチップが削れる前にこんな事になります。

Dsc_0133_2折角のサインとイモリ(ヤモリだっけ?)マークも消えてしまい穴が開いてます。

穴が開いてしまうと手触りが気になってきますしボロボロと落ち始めるので対策を考えました。
本体買い替えが手っ取り早いですが、本体に支障はないのでグリップ交換を考えました。
色々と交換用は有るのですが、値段と施工の手間を考えますと買い替えても良いくらい。
そんな中で約100円と格安なテニス用グリップテープを見つけました。
送料が250円かかりますが20個までOKとの事で3個買いましたから、単価約180円と言う破格です。

Dsc_0134

早速施工です。
現在のラバーグリップは多少力は必要ですがショルダー側からクルクルと巻き上げる様にこする事で外せました。
グリップテープは専用品ではないのでまずは半分に切ります。
先端が細くなっているので半分にしたもう一方も同じように加工しました。
ちなみに保護シートが貼ってある方が表面の様で、施工には保護シートをすべてはいてから巻き込みます。
本来の使い方は細い方から巻き始めるらしいのですが、今回は太い方を後ろ側から巻き始めました。
重ね合わせる量は1/3位の感覚で巻き上げて最後に黒いテープを巻いて止めました。
前後を2本分で付属テープの4分割では少し長さが足りないと思われ少し引き延ばして貼りました。
しかしながらショルダー側のみ止めて後ろは止めないか別の物で処理した方が良いでしょう。

Dsc_0135

らせん状の段差が使用するうえで気になるかと思いましたが全く問題ありませんでした。
グリップ感もまずまずで問題なし。
しかしながらもはやZildjian LAZLASSK 川口千里モデルとは言えない状態なのが残念です。

そうそう最近はSAOのオーディナル・スケールとか気に入って叩いてます。
(あとはハンドシェイカーとか風夏とかね)
まぁ高度な事は出来ませんのでおかずほとんど入れずに基本の8ビート主体ですが。
それでも自分一人で聞く分にはノリノリで楽しいです。

« インサイト:リアウインド熱線修理その2 | トップページ | 戯言:とある講座の受講録 2017 04/09 »