楽天

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月28日 (日)

インサイト:高圧洗浄機導入

早速あ~ぁ、やっちゃったよって思っている人居ますよね。
例によって全然やっちゃってないので。 (笑)

実は高圧洗浄機の導入は十数年前に検討した事が有りました。
しかし、以下の三点の理由により断念しました。

1、実は洗車にはほとんど役に立たない。
高圧洗浄機使うと高圧水だけで汚れが全部きれいになりそうに感じますが、実は全くきれいになりません。
黄砂とか泥は落ちますけど、薄っすらと付いた水垢的な物は全く落ちません。
濡れたウエスで軽く拭いた程度で落ちる黒ずみすら落ちませんので、普通の洗車には役立たずと言って良いと思います。

2、意外と爆音。
普通のタイプは予想以上に爆音です。
閑静な住宅街で日曜日の午前中からの使用ははばかられる位の騒音が出ます。

3、あっさり壊れる。
意外と簡単に壊れると言うレビューが沢山あった。
一年間で2回程度しか使ってないのにいざ使おうと出して来たら壊れていたと言うレビューが簡単に見つかる位に多かった。

これらにより予想以上に使い道がなく費用対効果が悪いと判断してやめました。

今回導入を決定したのは洗車以外の用途も考慮しての事です。
家の玄関の所に屋根が有りまして、そこの北側斜面がコケと言うか緑になって来ましてまさしくコケ落としをしようと思いました。
そのほかにコンクリートの段差が有ってそれを奇麗にするなどの用途も考えています。

洗車目的としては前回問題となりました3項目が改善もしくは解決策が有ると判断しての導入です。

まずは2番。
最近は水冷モーターを使った静音タイプのミドルクラスが比較的安価で入手可能となりました。

3番の破損に関して。
昔は1年保証でしたが、水冷モーターの採用でモーター焼けが発生しにくくなり長寿命となった。
保証もWeb登録で3年になるとの事。

そして1番。
水圧に頼った洗浄力では水垢的な物に対して無力なのは変わり無し。
しかしながらフォームノズルとか言われるアダプタを使うとコイン洗車場の様に洗剤を泡状に吹き付ける事が出来る。
これによりいちいちスポンジに洗剤を付けながらこするという手間が無くなり、車体全体を一気に洗う事が出来るので少なからず楽になる。

これにより3点の問題は解決したのと、ホイールの汚れ落としが結構手間でそれを少しでも楽にしたいという考えもあった。

何にするか検討した結果、ケルヒャーの3K サイレント ベランダと言う機種にした。
これにケルヒャー ウルトラフォームセットを追加した。

Dsc_0148_2

ベランダセットにした理由はベランダブラシが大掃除で利用するのと延長パイプがほかのキットに流用可能な事。
自給水ホースは口を変えれば水道からの給水ホースとして使える事。
ベースモデルとの差額を考えると付属品を使う可能性が高いのでセットの方がお得と考えました。

実はこれに追加でアンダーボディスプレーランスも購入。
本体とフォームノズルは自腹ですがアンダーボディスプレーランスは屋根掃除に使うので家から資金調達しました。

ちなみにフォームノズルには一見割高な洗剤付きの物と割安な洗剤タンク付きの物が有ります。
これに関しては絶対に洗剤付きの方の購入をお勧めします。
理由としては一見フォームノズルは同じ物に思えますが、実は全く別物で洗剤付きのウルトラフォームセットのノズルは洗剤濃度調整ダイヤルが付いています。
安価なタンク式のタイプはダイヤルが無く調整が出来ません。

実際の使用した感想は。
コンクリートの黒ずみは沢山ある動画の様に良く落ちます。
音はかなり静か、これなら住宅街で日曜の朝9時位から洗車しても怒られないと思います。
水の噴射音の方が大きいくらいです。

ウルトラフォームセットに関して、確かに結構簡単に泡々になります。
洗剤の消費が多く、2~3回の洗車で洗剤が空になるとのレビューもありますが、それはダイヤル開けすぎ。(笑)

極端に泡々にする必要もないので、自分は画像の一で十分でした。

Dsc_0153_2ダイヤル位置は小と中の切れ目の線の辺り。

余談ですが、置いて有る所のコンクリートが上半分から白くなっていますが、それがサイクロンジェットノズルの威力。

画像のダイヤル位置で尋常ではないほどの泡々にはなりませんが洗車には十分です。

Dsc_0154_2

これはかけてから1分位して泡が収まっていますが、コンクリートに流れた泡を見れば十分な量と分かると思います。
ルーフとボンネットこすっている間に側面は泡が減ってしまうので、側面を洗うタイミングでもう一度かけ直すと良いと思います。

これで一度全体にかけて、側面や後ろをやる時に吹き直し、ホイール洗いでもう一度吹いて残った洗剤は画像の状態。

Dsc_0155_2

吹き足しはケチった気はなく十分な量を吹き足したつもりです、それでもこれだけなので8~10回位は使えそうです。

全体をスポンジでこすった後はアンダーボディースプレーランスなどで洗剤を流してコーティング剤を塗りました。
例によってムーンコート使ってます。
コーティング後に水で流すのですが、この時に高圧で流してしまっては無駄になるのでバリオスプレーランスを使いやや緩い水流で流しました。
拭きあげて乾燥してからふと気が付きましたが、妙にルーフ辺りの光沢が違います。
いつもは量販店ブランドの安物を使っていましたが、3in1ウルトラフォームクリーナーの威力なのか高圧洗浄機の威力なのかはわかりません。
しかし明らかに光沢が違いました。
洗車の手間はいつも延長ホースを使うのでそれを引っ張り出してくるのと大差ないですし、洗剤で洗うのは明らか楽になりました。
光沢もこれほど違うなら結構満足と言う感じです。

2017年5月21日 (日)

YZF-R15:電波時計リプレース

いままで、セイワの電波時計(気温、電圧計付き)W803を使っていました。
バッテリーが完全に上がりリチウムバッテリーに交換しましたが壊れている事が発覚しました。
まぁ、厳密にはぶっ壊れているというよりもプログラム的にぶっ飛んでいる感じ。
と言いますのは、ボタン電池をセットした直後やリセットボタンを押した直後は正常表示するのです。
その後、3~5秒で表示が崩れて滅茶苦茶な表示になります。

Dsc_0145_2 液晶下側に’_’みたいなのがチョロチョロ出るだけ。

色々と検索した結果、表示異常をメーカーに問い合わせした方がブログに回答を乗せていました。
可能性は何種類かありましたが、そのうちの一つに『外気温時計のケーブルを挟み込んでいると表示が不正に・・・』みたいな記載が有りました。
初期に正常表示し、温度サンプリング間隔程度の時間経過で表示が崩れる事からこれが原因の様な。
要は外気温度計の経路に異常(破損)が有ると表示がぶっ飛ぶというアホな仕様になっている様です。
もしかしたら短絡させるとか、数オームの抵抗をはんだ付けすれば治るかもしれませんが買い替える事にしました。

同じ製品は既に販売終了になっていまして、新型がそれより安い価格で出ていました。
色々と考えた結果、候補は下記の2種に絞られました。

・セイワ(SEIWA) 車用 時計 電圧サーモ電波クロック+USB W852
・ナポレックス 車用電波時計 VTメータークロック Fizz-890

機能はW852<Fizz-890ですね。
使用していたW803ではボタン電池の電圧が下がっているとエンジン始動でほぼ確実に表示がぶっ飛ぶなど信頼性に多少疑問がありました。
そういう意味ではFizz-890なのですが、不要な機能はてんこ盛りですが日付の表示が画面を切り替えないと表示されないのが気に入りません。
逆にW803(W852)では時計の電波の強さの下に常時表示しており通常時はスイッチ操作は一切不要なのが良い所です。
ただし、W852のレビューはW803より更に不安定な感じで静電気で表示がぶっ飛ぶなど一層不安な感じでした。
また電波時計の電波の受信感度がナポレックス製品より悪いとの書き込みもあり、確かにW803では電波の掴みがかなり弱く感じていました。

以上によりFizz-890のレビューもすぐに壊れた的な物も有りましたがW852より評判は良さそうなので日付表示には目をつぶる事にしました。

取り換えはなるべく簡単にしたかったので、タンクを外さず右側カバー類だけで何とか処理しました。

Dsc_0146_2 カウル類の取り外しは最小限で作業。

一つ気になったのが、電源ケーブルがW803よりかなり短い感じで同じ経路ではテールランプのコネクタまで届かずショートカットさせました。
250cc以上ではフロントのポジション球辺りから取れば良いでしょうね。

動作させてみるとやはり電波の掴みはW803より数段上と言う感じでした。
ボタン電池を一度抜いても短時間で有れば覚えている事や機能的な部分や圧電スピーカーも持っている事など、ハードウエア的にもW803よりも上級に感じられました。

Dsc_0147_2 バックライトは青色、表示は外光でも意外と見やすい。

当然防水ではありませんので例によって自己責任ですが、前面パネルのスイッチ部分が浸水の可能性が高いのでスイッチ周辺毎透明シールでマスクしておきました。
またアラームがうるさいという報告が有りましたので、事前にバックパネルを開けて圧電スピーカーの上にシールを貼っておきました。
圧電スピーカーはバックパネル内側に取り付けられていますが、基盤上に有る2本のスプリングを介して結線されています。
表面にシールを貼る事で絶縁する事が出来ます。

イグニッションをONすると電圧表示は12.5Vでリチウムフェライトの定格よりやや低い感じ。
やはり暗電流が大き目で長期放置は無理かなとやや落胆。
しかし、エンジン始動し観察してみると電圧表示がやや低めに感じました。
そこでデジタルテスタを持ち出して測ってみると、定格±0.5Vの仕様の所が-0.7Vでした。
と言う事はエンジン始動前は12.5V+0.7V=13.2Vでヘッドライトなどの負荷を考えると十分な電圧だった事が分かりました。

電圧表示に関してはおまけ機能の為、大きな期待は出来ない事は理解していますが一応メーカーに調整方法を開示してもらえるか問い合わせしました。
結果は設計から生産まですべて中国で行われているために、メーカー側に技術情報が無く回答不可能との事。
まぁ良く有る話、すぐに回答をもらえたし対応も良かったので悪い印象は有りません。
ちなみにハードウエア的に劣ると判断したセイワは詳細情報を公開してくれるらしくブログを検索すると色々と技術情報を教えてもらった的な書き込みは有りました。

その後、2週間くらいしてからか・・・・・
ガソリンが半分くらいしかなく、梅雨になり放置すると燃料タンクの上半分が錆びそうなのでスタンドでガソリンを満タンにしてきました。
始動前にヘッドライトが点灯状態で12.1V(実質やや負荷状態で12.8V)、スタンドからの帰りに13.7V(実質14.4V)まで上昇。
やはり暗電流は多少ありそうですね、この状態から1ヵ月放置でどうなるのかなぁ~3ヵ月位は放置しても大丈夫だとありがたいが。 (^^;

2017年5月14日 (日)

YZF-R15:バッテリー交換

そう言えばVer.3が発売されていますね。
エンジンはV-TECならぬ可変バルタイ装備で20%以上の出力アップしてますね。
倒立フロントフォークにSSっぽくタンクがフルカバーになっているみたいですし。
横のシルエットはまぁまぁ、フロントはVer.2のライトの方が格好良いけど見る角度によって不細工だからVer.3のライトも悪くないかな。
テールランプ周りの処理は絶対にVer.2の方が格好良いと思う。
全体的には好感度だけどたった一点で買う気が失せました。
それは何かと言いますと、メータパネルがフルデジ。
これは最悪、タコはアナログってのが王道でしょう。
車も昔デジタルが流行った時に何でもデジタルにしやがりましたね、現在はタコはやっぱりアナログも多くなって来ている。
それにフルデジでもカラーディスプレイにアナログメーター表示ですからね。

さて、閑話休題。
最近は時間が無く全く乗っていませんので流石にバッテリーが上がりました。
デサルフューターも付けていましたし、極まれにエンジンも動かしていましたが2ヵ月とか間隔が開くと流石に無理でした。
今後も不定期にエンジンの始動をして行こうと思っていますが、ほぼ上がりきったバッテリーで始動するとレギュレータからのパルスが乗った電気が流れます。
これは流石に電装品に悪影響がでそうなのとレギュレータへの負担も気になりまして、取りあえず使えるバッテリーを積もうと思った訳です。
純正はGS UASAのYTZ5Sで、互換中華バッテリーなどは2千円位で買えると思いますが1ヵ月で不能になりそうです。
純正相当品はそれなりの値段をしますが、新しい状態でも最低1ヵ月毎に始動しないとまた上がってしまうと思います。
金額的に無駄になりそうなので思案しましたが、最近はリチウムも安いのが有る様なのでリチウムを検討しました。

老舗はSHORAI(ショーライ)と言うメーカーの様ですが、バランサー用の外部端子を持っていてメンテナンス充電するには専用充電器が必要との事。
まぁ、うちにはリフェ(リチウムフェライト LifePO4)を充電可能な多機能充電器がゴロゴロしていますので問題は無いのですが。
一台で一気に4セットの充電可能な奴も有りまっせ。(笑)
ところがSHORAIはそれなりの値段をしていますが、他のメーカーも何年か前から参入しています。
そのなかでもバランサー内蔵で通常の鉛充電器で充電可能で比較的安価で販売しているSKYRICH(スカイリッチ)と言うメーカーにしました。
アマゾンやブログ類のレビューを見ますと結構当り外れが激しい感じです。
電動ラジコン飛行機でのリポ(リチウムイオンポリマー)使用の経験から確かに初期不良もそれなりに有りますし当り外れも確かに有ると思います。
しかしながら不具合の7割はユーザーの知識不足と推察されます。
かなりマニアックな分野である電動ラジコン飛行機界でも自努力で勉強して使っている人は一握り。
まして自動車に近い状態の猫も杓子もと言うバイクの世界で新型バッテリーの特性を勉強して正しく運用するのは余程のバッテリーオタク位でしょう。
と言う事で今回はSKYRICHを使ってみる事にしました。

ちなみにSKYRICHはリポを使っていると思っている方が居ますが、それは間違いでSHORAIと同じくリフェ(LifePO4)を使っているとの事です。
何故今回あえてリチウムなのかと言うと自己放電が少ない為、2~3ヵ月放置しても大丈夫と言う事で自分の様な用途には合っていると考えたからです。
ちなみにバランサー基板が付いているとかレギュレータが乗っていてうんぬんかんぬんて言うのはあまり過信しない方が良いです。
どうせたいした回路を積んでいませんし。

運用する上で注意点が何点か。
まずは同サイズと比較で軽いと言われますが、同サイズ=同容量では無い点に注意が必要です。
たとえば鉛で5秒毎に30回のスターターON/OFFが可能な場合、同サイズのリチウムの場合は10回程度なんて事も有ります。
冬場で能力が低下中に始動性が悪いからと鉛感覚で強引に回すとあっという間に上がります。
またリチウムは鉛と比べてバッテリー上がりに強いと言う人が居ますが大ウソです。
リチウム系は鉛よりも何倍も電圧管理にデリケートです、バッテリー上がりかけで強引にセルを回すなんて言語道断、自らぶっ壊している様な物です。
それで数カ月で壊れたと言われても・・・・・

次は暗電流の問題が有りますね。
大型のバイクともなるとセキュリティーを積んでいる物も有ると思います。
キーをOFFにしても電気を消費している訳ですが、前述の様に鉛より容量が全然少ない訳です。
それを計算に入れないと鉛で1ヵ月持ったのにリチウムは1週間の放置でバッテリー上がりを起こす事もあります。
使用するなら暗電流の計測は必須ですね。

他には比較的書かれていますが充電に必要な最低電圧が13.5V以上ないとまともに充電できず14.8Vを越えると破損する。
リフェの仕様として1セル平均電圧3.3V、最大充電電圧3.6Vで使用下限電圧は3Vとの事。
バッテリーは4セル構成(4個直列)なので着荷時開封で3.3V*4=13.2Vで有る事を確認する。
使用時も解放電圧で3V*4=12Vを下回ったら破損の可能性が有るので12Vを下回る電圧での運用をしない。
(セルを動作中に12Vを下回る事は有るが、12Vを下回った状態でセルを使う事は厳禁。)
最大電圧は3.6V*4=14.4V、充電で14.8Vを越えないと記載が有るのは保護基板の存在を考慮しての事でしょう。
ちなみにリフェの保護基板は千円未満で販売されていてバランス回路も付いているとの事ですが、やはり満充電の時のみ動作する仕様らしい。
まぁバランスなんて各セル毎に充放電特性はバラバラなので満充電の時しか揃える意味は無いので。

以上を考慮してリチウムバッテリーに乗せ替えの時は電圧と暗電流計測は必須となります。
古いバイクでは電圧が規定に達せず充電不足だったりレギュレータ故障で異常電圧が出ている場合も有ります。
鉛より容量が少ない事、寒い時には軽負荷により短時間電流を流しセルを活性化させてから始動する。
などなど特性を理解して使用する必要があり、それを理解していない運用では当然短命となります。

と言う事で、SKYRICHのHJTX5L-FP-SI(本当はラベルのSIの所にもう一文字入っていたけど忘れた。)が届きましたので初期不良の確認のために電圧計測。

Dsc_0140 画像の通り13.24Vで正常。

そういえばマニュアルやバッテリー背面の注意書きラベルなどかなりしっかりとした日本語で事細かに書かれています。
良く有る怪しい中華品の誤字だらけの怪しい日本語ではなく、正規の日本メーカーが輸入している様に感じられますが・・・・代理店の名前や保証に関する記載が一切ありません。
やばい(爆笑)から記載してないんですかね。
たしか本国では1年保証だった様に思いますが・・・・

とりあえず充電も試しておきます。
仕様的には普通の充電器で充電可能との事。
説明書には通常1Aで急速最大10Aと書いてありましたが、側面には最大8Aとシールが貼ってありました。
手持ちの車サイズの充電器、ボイジャー(カルシュウムバッテリー)用なので最大16V10Aと言う代物ですが、通常の鉛バッテリー充電用にも切り替える事が可能です。
安全のためにテスターで電圧と電流を測りながらの充電です。

Dsc_0141 画像のテスターは電流プローブを使う非接触電流計です。

電流的には14V位あるとやはり6A位に抑えられる様なので問題なさそうです。
ただし電圧は充電末期になり充電完了ランプが点滅(満充電で点灯)し始めるとどんどん上がり14.70Vを超えて来たので止めました。
補充電する時は監視しながら充電完了ランプが点滅し始めたらスイッチを切った方が良さそうです。

Dsc_0142

搭載は簡単、YTX5L-BS用でYTZ5Sには高さが有り過ぎなのですが、もともと下駄をはかせて高さ調整する仕様なので下駄をはかせなければそのまま入ります。
YZF-R15のバッテリーケースもYTX5L-BSを入れられるように底にウレタンでガサ上げしてありますのでそれを外す手もありますね。

暗電流の計測を行いましたが、手持ちのテスターは大電流(80Aとか)用の為に最小は0.1A単位までとなり弱電流は測り切れません。
手持ちの機材はラジコン用なので130Aまで測れるとかそんなのばかりで。(笑)
雰囲気から残念ながら0.1A未満で暗電流がある様な感じでしたので、最悪でも3か月くらいで電圧確認した方が良さそうです。

ちなみに始動はパワフルに一瞬で目覚めました、セルの回転も力強いです。
ノーマルだとキュルルルヴォ~ンて感じですが、SKYRICHはキュルッヴォンです。
アイドリングでの充電電圧は14.4V位で電流は4A強と言う感じ、少し吹かしても変化はなさそう。
これなら充電不足になる事もなさそうです。

一つ残念な事が、電圧計内臓の電波時計は残念ながら逝ってしまったようです。
ボタン電池セット直後とリセットボタン押した直後は正常表示するのですが、電波を掴みに行って数秒でハチャメチャな表示になります。
この機種はもともと不安定な所が有りましたし、ボタン電池動作と言いながらバックランプ用の12V入力で動作している様な怪しい回路になっていたのでバッテリー不良で12V系にレギュレータのパルスが入った事でどこかが壊れてしまったようです。

そうそう、やっぱりデサルフューターって役に立たないじゃないかと思っている人いますよね。
そもそもデサルフューターは自己放電を防ぐ機能はないので放置すれば上がってしまいます。
しかし、サルフェーションの発生は押さえてくれますので充電不足でも壊れにくくなります。
今回取り外したバッテリーを例によってシュルツェ様で充電してみました。
バッテリーは急速で3A30分との事で概算で容量は1.5Ahって所でしょう。

Dsc_0144_2 画像は充電末期ですが表示に注目。

画像の状態で液晶左上段の数字を見ると1.3Ah入ってますね。
最終的に1.5Ah入りましたので全く目減りしていません。
充電前は8V位しかない完全放電状態で1か月以上放置されていたので本来なら壊れているはずです。
やはりデサルフューターは効果が有ると考えられると思います。

2017年5月 7日 (日)

戯言:注意喚起 マーケットプレイス詐欺ぽちった! 2017 05/07

本当は違うネタを準備して有ったのだけれど、タイムリーな話題なので急遽差し替えました。
お恥ずかしながらやっちまいましたが随分と巧妙になっておりますので注意情報として発信いたします。

ご存知とは思いますが、マーケットプレイスってのはAmazonで他のメーカーやショップが販売している物です。
物によってAmazonの倉庫から出荷されたり、各ショップから出荷される場合が有ります。
最近このマーケットプレイスに詐欺(主に中国人の様ですが)が急増しています。

そりゃ自分も詐欺販売のHPなどはあからさまに見分けが付きますが、今回は流石にまが差しました。
まぁ万一でもマーケットプレイス保証で損害は無いという油断もありました。

物は一般的に3000円位で販売されている物なのですが、それを1500円で出している業者を見つけました。
もともと並行販売の型落ちモデルと言う事もあり、まぁ在庫処分で50%OFFは有り得るだろうと考えたのが一つ。
業者の住所が日本国内。
かなり以前からの取引が比較的高評価で入っており、最近もポロポロと良好な評価が入っていました。
それでぽちった訳ですがやっぱり胡散臭いのでキャンセルを入れようと思ったら既にフラグが出荷準備中になってしまい間に合いませんでした。

早速マーケットプレイス保証を申請しようと思いましたが、通常は物が届く日付を過ぎないと申請出来ないようです。
そりゃそうですよね、物が届かない、物が違うなどは予定日過ぎないと分からないわけですから。
さらに事前に業者に連絡をとって解決出来ない場合は申請してください見たいな感じです。
詐欺とAmazon自体が認識している業者の場合はカスタマーセンター("Amazon カスタマーセンター"で検索すれば出ます)へ連絡すれば着荷予定日前でも処理してもらえます。
ちなみに処理が進むと返却方法でAmazonポイントか支払方法での返却かの選択が有り、これを選択してやらないと処理がそれ以降の進まないみたいです。

今回は正規業者のアカウントを乗っ取って仕掛けた様で、しばらく使っていない正規業者のアカウントなどを次々に狙ってやっている様です。
ですから古くからの取引履歴もあり、金額程度しか怪しさを見つけるのが難しい状況でした。
お金はマーケットプレイス保証で帰ってきますが、個人情報(住所、氏名、電話番号)はずっぽり抜かれてしまいました。 (汗)

その後にも何回かAmazonで購入していますが、アカウント乗っ取り詐欺業者は衰えを知らずガンガン入ってきています。
以前は相場数万円を数千円とかで出しましたが、最近は知恵がついた様で金額設定が微妙で相場2万円の商品で2~3千円安で出してきます。
思わずそこから買おうと思ってしまいましたが、先日やらかしてまたやらかすと恥ずかしいので良く調べてみました。
どうも最近のコメントの言葉使いが怪しいとか業者の住所記載が無いなど怪しさが有ったので避けたら数時間後に消えて別の名前でまた出ていました。

しかしこれほど攻撃されるとAmazonは業務的に大損害だと思いますよ。
マーケットプレイス廃止しないと収拾付かないかもしれませんね。
と言う事で相場より1000円以上安いのは要注意です、お金は戻ってきますが十分ご注意ください。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »