楽天

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« YZF-R15:SKYRICH(リフェバッテリー)交換その後 | トップページ | 戯言:二度手間 2017 07/16 »

2017年7月 9日 (日)

戯言:車買い替えないの? 2017 07/09

インサイトは現在7年半で12万Kmと言う所。
前車はMPVで勤務地が現在と違うため7年目でも8万Km位だったかな。
丁度7年目の車検の直前にエンジンが不調になりイグニッションコイル周りがトラブルでV6エンジンがバラツキ出した。
結構な金額をかけて修理して車検を通したが、その直後偶然見かけた無限インサイトに一目惚れしてしまう。
エコカー補助政策もあり車検後僅か半年程度でインサイトに乗り換える。
もちろん最初から無限仕様のフルエアロで武装、レカロシートやストラットタワーバーも最初から入れた。

正直、過去にもスポーツタイプでハイパワー気味のFR車にも何台か乗った(Z31やスタリオンGSR-Vとか)けど、FFのくせにそれら以上のノーズの切れ込みに惚れ込み足回りやスタビ、ロアアーム強化、リアタワーバー類に手を出し現在に至る。
前述の通り7年半で12万Kmを超えているが、持病のブレーキランプのLED切れ以外ノントラブル。
ぶっちゃけホンダ車なんて5年でガタガタだと思っていましたが、キシミ音すら皆無と言う現状でマツダとの格の違い実感。
現在の市販車で、燃費、スタイル、空力、積載、ハンドリングの全てでインサイトを超える車は見つからず購入は考えていないのが現状。

ところが最近かみさんが時々ぽつりと『ねぇ、車買い替えないの?』と聞いてくる時が有る。
そんな時はいつもインサイトの性能を全て超える車が市販されていないのと気に入っているからまだ買い替える気は無いよと話している。

どうも自分の車をそろそろ買い替えたいらしく、σ(^^;の車の方が年式が古いし走行距離も5倍以上なので先に処理しないと買い替えたいと言い難いらしい。(笑)

本当に壊れてしまって苦肉の策で買う場合の車種は大雑把に考えているが、進んで買い替えるとなるとランボルギーニなどの夢の話は置いて現実的には難しい所。
前述の様に全てにおいてインサイトを超える車は無いが、それでも買い替えて良いかもと思える車は現状2車種ほどある。

一つ目はマスタングGT。
本当はC7が欲しいけどそれは無理なので。
マスタングは現在V8の5LとV6の3.7Lとエコブーストと言われる直4の2.3Lターボがラインナップ、2018年モデルではV6が廃止となるらしい。
この中で一番走りが良いのは軽量化とハイパワーでエコブーストが一番過激、この排気量で確か300hp超えの過激なチューンになっていたと思った。
しかし、4発でスポーティーカーが欲しいならNAではあるがスバルBRZでも買った方がよっぽど価値があるし(フラット4だしね)、アメ車買うならV8一択しか意味がない。
さらにフォード正規ディーラーは2016年に撤退し現在は並行物しか手に入らない、保証や値段を考えるととても納得できる価格ではない。
安い中古を探してもV8のアメ車なんてリセールバリューを考えても下取りは捨て値のはずだが普通のGTでも中古で500万円を超える価格でふざけんな!
と言う事でマスタングは却下。

二つ目は・・・・・
ロータスエリーゼ。
もともとが軽量だしインサイトの走りから考えてもSC付モデルは不要でベーシックで十分な動力性能と考えれば。
新車で500万円とギリギリ夢ではない価格。(まぁ説得は出来ないだろけど。笑)
なにせこの価格で二人乗り、内装は装備含め軽トラ並みで足の置き場なんかアルミのフレームむき出しだし、窓ガラスの昇降はハンドパワーとか。
(最近のモデルはそれなりの装備の様ですが。)
当たり前だけどマニュアルシフトに積載は極小のリアトランクのみ、まぁS660よりはましだけどね。
これでこの価格は・・・・って普通は思うよね。
中古ならもう少し現実的な値段になるが玉数から年式と程度が心配ではあります。
なにせ雨の日も風の日も毎日往復70Kmの通勤に耐えられる? (^^;

実は問題はそれだけでは無かった。
車両保険が目玉が飛び出るほどの金額らしい。
どうせ相手も保険入っているんだし、車両を抜けばよいと思うでしょ。
ところがこの車種の場合はそんな事でケチると破産します。
見てわかると思うけど、外観ではバンパーらしき物が無く、アルミのバスタブフレームの外装はFRP製のカウルをかぶせてあるだけ。
少しの衝撃で削ったり割れたならば修理は効きます。
しかし、ドカンとやると周辺部がポッカリと口をあけてしまい修理不能となります。
フロントカウルは一体型で150万円位するとか。
塗装と工賃ですぐに200万円の修理代となります。
運悪くラジエーターをヒットしていると部品代だけで25万円とか。
当然周辺部のダメージも考えて工賃も含めるとカウル含めて250万円位は簡単に行ってしまうらしい。
どいう事でこの車乗るなら車両保険は必須ということで。。。。。現実的にはやはり無理か。orz

最後の望みは。
今年の秋のモーターショーで三代目インサイトが発表になるとの噂があります。(まぁ以前より出る出るって言っているから怪しいけど)
販売時期は2018/02との事でこれが一番現実的かなぁ~。
まぁすぐには飛びつかないけどね。
なんでも今度はレンジエクステンダーなんだそうです。
レンジエクステンダーって何?って事だろうけどなかなか微妙。

基本はシリーズハイブリット、つまりエンジンは充電のみに使用され走行には使用されない、つまり走行は完全なEV車。
これだけだと最近発売した日産ノートがそうだよね。
ノートとの違いは充電はエンジン以外に外部からの充電が可能。
つまりぶっちゃけるとPHV一種、しかしプリウスPHVはシリパラ(エンジンを走行にも使う)のでレンジエクステンダーではない。
レンジエクステンダーはブッチャケルと完全なEV車に航続距離を伸ばす目的で低出力のエンジンによる補助充電機能を搭載した車って事。

インサイトの場合、フィットハイブリッドの1.5Lをアトキンソンサイクルに改造して乗せるとの事。
1.5Lのアトキンソンサイクルが補助充電であるならモーター出力はそれよりさらに大きな物と考えられる訳で動力性能は期待できるかもしれません。
にしてもシリーズハイブリットではスポーツマフラーつけても意味ないし、そういう意味では面白みは無いかもしれません。

« YZF-R15:SKYRICH(リフェバッテリー)交換その後 | トップページ | 戯言:二度手間 2017 07/16 »