楽天

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« インサイト:エアコン洗浄 | トップページ | 謹賀新年:2018 »

2017年12月24日 (日)

戯言:大掃除 2017 12/23

年末と言う事で大掃除で大忙しです。

先週はベランダの掃除をしました。
例年は良く有る散水ノズル付きのホースを十数メートル引っ張ってデッキブラでシゴシゴシやっていました。
今年はそう、ケルヒャー(高圧洗浄機)が有るのでこれを使わない手は有りません。
もともとデッキクリーナー付きのセットなので標準セットのノズル以外にそれも使いました。
一見してデッキブラシ風ですがブラシは外周に少しあるだけでどちらかと言うと中にある2個のノズルで汚れを落とし外周は水はね防止と言う感じですね。
準備が多少手間でしたが水だけで落ちるので力要らずで楽に掃除が出来ました。
翌日乾いたところで劣化した塗料のハゲが気になったので少し残っていた塗料を使って再塗装。
奇麗に仕上がりました。
Dsc_0265_2

そこで思ったのですが、例年よりなにか奇麗なんですよね。
デッキブラシの場合はブラシの繊維の太さより細かいくぼみの汚れは取り切れません。
ところが高圧洗浄機ではそのような細かなくぼみの汚れも落とせるからだと思います。
しかも力要らずで簡単にきれいになるので購入して良かったと思います。
まぁ、この為に購入した訳ではありませんが。

さて今週は障子の張替えをやりました。
現在の障子はアイロン貼りの強度3倍の奴だったと思います。
もう何年もたっているので色が黄ばんできているのと所々に穴が。
穴の原因は障子を閉めようとして目測を誤って指がブスッと・・・・(笑)
3倍強度と言っても何年も経つと日焼けなどで劣化してポロボロと簡単に穴が開きます。

と言う事でアイロン貼りなので十分に加熱して剥離させます。
少し過熱が弱いとパリッと破れて残ってしまうので変色する位に加熱すると簡単に剥がれます。
Dsc_0261_2

今回使用するのはプラスチック障子紙ですので両面テープを使います。
レビューをみますと時間が経つと角から剥がれてきたなどのレビューが有りましたので下地の仕上げを少しやる事にしました。
全体をサンディングブロックで表面をひと削りした後に水を含ませ堅絞りしたファイバータオルで一拭きします。
これで下地が出来ましたので専用の両面テープを貼っていきます。
剥がれる情報が有りましたので外枠は二重貼りにしました。
Dsc_0264_2

このテープ貼りが大変面倒で二度と使わないと言うレビューが意外と多かったです。
自分はそれほど面倒ではなくサクサクと貼りました。
その方たちは簡単な貼り方を知らないのでしょうね。

コツとしては、まず左手でテープの先端を持ち貼り始めの位置に張り付けて固定します。
右手で腕の幅よりやや余裕がある程度テープを引っ張って伸ばします。
右手の指でテープ部分を持ってピンとまっすぐ伸ばしながら反対端に貼り付けます。
基本的にテープは真っ直ぐカットされているはずですからピンと張りながら既定の位置に貼れば一直線になります。
そのあとで軽く修正しながら上に指を滑らせる様になぞってしっかりと貼り付けます。
それを5cmずつチョコチョコ出しながら貼っていては時間かかりますって。 (笑)
やり方を知っていれば何も面倒な事は有りません。

後は下側にロール紙を置いて、養生テープで端を止めてクルクルとテープの上をなぞって広げていけばおOK。
プラスチック障子紙は貼り付け後に霧吹きでしわ伸ばしが出来ないのでこの時の一発勝負で仕上がりが決まりますが・・・
まぁ、あまりこだわらない事です。(笑)
ロール紙を伸ばす時に変に引っ張ったり修正をすると取り返しのつかないしわが寄ります。
そもそもロール紙に巻いてある状態ではしわは無いわけですからそれに任せてクルクルと貼っちゃいます。
その時に左右方向に引っ張ってしわ伸ばしすると言うよりも進行方向に引っ張りながら貼る感じです。
Dsc_0262_2

多少しわが有りますが、まぁ、こんなもんでしょう。
あとは周りをカットして完了です。
ちなみにヒートガンなどでしわが伸びるかテストピースを使って試してみました。
通常は加熱すると収縮してしわが伸びたりするものですが・・・・
Dsc_0263_2

どうなっているかと言うとですね。
プラスチック障子紙っていうのは本物の障子紙をプラスチック製のシートでサンドイッチしてあります。
これは片面だけのシートが収縮して裏面と障子紙は収縮せずにしわが寄った状態。
つまりドライヤーやアイロンでのしわ伸ばしは絶望的と言う事ですね。
水も使えませんので貼り付け時の一発勝負で仕上がりが決まると言う訳です。
普通の障子紙も梅雨の時はしわがよるので(笑)遠見では見えないので良しとする事です。
そう言えば最近はプラスチック障子紙もアイロン貼りがある様なので次回はそれを使ってみます。
アイロンで収縮しないとしたら、両面テープのタイプの方が奇麗に貼れるかもしれません。

« インサイト:エアコン洗浄 | トップページ | 謹賀新年:2018 »