楽天

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月28日 (日)

DIY:インパクトドライバードリル配備

以前よりドライバードリルは持っていましたが、インパクトドライバードリルが欲しいと思っていました。
一般家庭でのインパクトの用途はウッドデッキ作りでレッドシダー材への下穴とネジの打ち込み位なんですけどね。
逆に強すぎてカラーボックスの組立や小ネジ等には使いにくい。
かといって車のホイールナットの脱着にはトルク不足で使えません。
ホイールナットの脱着にはインパクトレンチと言う名の電動工具を選択する必要があります。
私の場合はバイクなどの分解(修理とは言わない 笑)時に固着したネジを緩めるのに使いたいと思っています。

と言う事で補正予算から捻出予定で機種選択をしていました。
色々と調べているうちに面白いおもちゃを発見! (笑)
いわゆるマルチツールと言われる物ですが、一般的にマルチツールと言われる物はオシレーティングマルチツールと言いまして、ディスクサンダーみたいな形状で歯はスクレーパーの様な物が付いています。
色々な歯に取り替えてタイルの目地を切ったり何かを剥がしたりデルタサンダーになったりするようです。

ところがこれは少し違いましてモーター部(グリップと本体)は共通でヘッドを変えるとオシレーティングマルチツールとは比較にならないほど多種多様に変化する物です。
インパクト、ジグソー、トリマーから丸鋸や空気入れまで、そしてオシレーティングマルチツールにもなるのでまさに何でも有。
この様な様式のツールは現在の電動工具ではこれ位でしょう。
ホビーツールとしてはユニマット1と言われる旋盤やフライスに変化する物が有りました。
現在すでに廃盤となっていますが同じ物がノーブランド品で出ていたりします。

お買い得なセット物が有りますが、もちろんインパクト単体で購入するよりも割高になりますしドライバードリルも付属するので重複します。
しばし悩みましたが手持ちはオークションに出し一本化する方針で購入を決意しました。

ブラックアンドデッカー マルチツール プラス、いわゆるマルチエボと言われる物です。
これにジグソー、トリマー、インフレーター(空気入れ)をセットで購入しました。
Dsc_0277_2 標準でドリルドライバー、インパクト、丸鋸、サンダーが付属。

丸鋸とジグソーは欲しいと思っていましたが、トリマーは正直使うチャンスはほぼ無いかもしれないと思いましたがいざ欲しい時に廃盤と言うのは良くある話で。
セットとしては高額になりますが、単品で考えれば大した値段では無いので購入する事にしました。
空気入れはインサイトの車載に12Vの電動が有りますしツインタンクの足踏みも有りますので正直あえて買う必要は無いと思いました。
しかし、冷静に使用頻度を考えますと残念ながら他のヘッドユニットより一番稼働率が高そうと判断されました。
また、アクセサリー電源駆動の電動空気入れは沢山有りますが充電式の物はあまり無く、インサイトのタイヤはEXTRALOAD仕様なので常に250kpa以上入れている事も有り華奢な物では壊れそうとも考えこちらを購入しました。

さて手持ちの日立FDS12DVCドライバードリルと比較してみます。
Dsc_0276_2 ちなみにエボはバッテリ部の直上にLEDが付属しています。

サイズはマルチエボの方がやや大きく、重さもわずかに重い、そしてグリップからのヘッドの傾きが違いFDS12DVCの方がエルゴノミックス風と思います。
機能面ではクラッチェがFDS12DVCは22段/エボ10段、共に無段変速でFDS12DVCは最後の一握り以外は完全に無段階ですがエボは6~7段階の変化が感じられます。
最大回転数と最大トルクの比較では共にFDS12DVCの方が性能が上です。
ここまでエボは良い所無しですが、実はこれには裏が有ります。
FDS12DVCはギヤ比Hi/Low切替が有りまして、実は最大回転数はHi時のデータで最大トルクはLow時のデータなのです。
切替の無いエボは回転数とトルクが僅かに及ばずですが、FDS12DVCのHi時のトルクは僅か一桁ですし、Low時の回転数は300rpm程度しか有りません。
変速出来ない事が機能的に劣っていると見る方もいますが、変速せずに双方に近い値が出せる方が高性能では無いでしょうか。

インフレーター(空気入れ)に関して少し。
Dsc_0275_2 なにか特徴的な形ですよね。

音は12Vの空気入れと同様にそれなりの音がします。
自転車の空気入れに使うなどのレビューも多く今一感のレビューが多いですが車での使用感は問題なし。
流石にスッカスカに空気が抜けた状態から250kpaまで入れるのは大変ですが、通常のメンテで200kpa位に下がった物から250kpaまでなら1分かからずに入ります。
特に不満も無いというのが感想です。
例によって付属のメーターは目安でしか有りません。 (笑)

さて、この手のツールですが絶対的に専用機にはかないません。
丸鋸も20mm厚程度までしか切れませんし、ジグソーやトリマーもグリップの位置関係でちょっと独特な操作感かもしれません。
ならば専用機の方が優れている・・・・・・とは言い切れません。
多彩なヘッドユニットも5000円前後でそこそこの性能の物が追加出来ます。
実際に簡易的DIYユーザーにとってはこれ位の性能で十分な場合も多いです。
20mm厚しか切れない丸鋸も両面切りで40mm、いざとなれば片面に20mmの切れ目を入れてあとはマルチノコギリのユニットでザクザクと切ってしまえば良いわけで。
やり方次第でいくらでもなります。
それよりなにより専用機より絶対的に優れている事が有ります。
Dsc_0278_2 下がFDS12DVCのハードケース。

それは収納スペース。
7種類のお道具がこんなにコンパクトに収納できます。
使用頻度が少ない人にとってはこれはとてもありがたいです。
でもね、ぶっちゃけると付属のドライバービットは変心してたり、トリマービットも切れ味が今一だったりするようです。
本体は問題ないので、まぁこの辺はちゃんとした物を購入しましょう。

さぁ~て、夢はウッドデッキ自作ですね。(笑)

懺悔:
アルミを切る必要が有ってジグソーブレード5本セットをアマゾンで買いました。
届いてみると・・・・・
Dsc_0287_2

一本足りね~!(--#
翌日使いたかったので電話でアマゾンのサポートに電話。
即日対応で送ってもらって翌日昼過ぎには現物が届いた。
サポートに感謝。
翌日郵便局の着払いで不良品を返却。
しかし・・・・・・

よく見てみると金属用ブレードが2枚重なっている様な。(^^;
アマゾンさんすんません!
いやでも、これは分からないって・・・・多分。

その後・・・・・・
コの字断面のアルミ材、チャンネル材というのかな。
こいつを切断してみました。
底部の平面を切る所はジグソーの規格より厚いのであまり力を加えず、一応切削油代わりに556みたいな奴を事前に刃にかけておいて切断開始。
軽くあてがう感じで20~30秒くらい我慢していると厚い部分を抜けて一気に進む。
コの字断面の上下平行にアルミ材が有る部分はにあっけなく進んで簡単に切断完了。
いやぁ~電動工具素晴らしい、今までアルミ材は手作業で切っていたのでその恩恵をヒシヒシと感じています。
勿論事前に切断面に対してガイドを設置していますのでジグソーのプレートをガイドに添って押し当てて進めるだけで奇麗にカット出来ました。
マルチエボ買ってよかったです。 v(^^

2018年1月21日 (日)

DIY:デルタサンダー配備

うちの窓は出窓風になっている所が有りまして、そこは手前に物が置ける様に広くなっています。
しかし、年数がたち窓の結露やなにかでシミや紫外線焼けなどで艶が無くなり汚くなってきました。
Dsc_0279

そこで、ここを磨いてニスを塗り直そうと思います。
ニスは油性だと臭いのでカンペハピオ 水性着色ニス 新メープルにしました。

そこでサンドペーパーを使い手動でシコタマ削りまくる・・・・かったるそう・・・(^^;
何か良い方法はと思ったのですが・・・・良い物見つけました。

EDS-100 MK ミニデルターサンダー
Dsc_0267_2

なんと2000円位で買えるんですね。

レビューは結構良い感じだったのですが、中にはディスク面の穴と本体後部の穴が無駄というレビューが有りましたが、文句を言う前に調べろと・・・・
Dsc_0268_2

実はここには吸塵装置を繋げて使うのですが、とりあえず掃除機を繋げてしまえばよいのです。
繋げると繋げないのは粉塵の飛散が段違いです。

しかし、普通の紙パック掃除機ではすぐに目詰まりしてしまいます。
ところがうちのは大丈夫。
Dsc_0269_2

つなげた掃除機は退役したDC12、新型配備時に下取りに出さず払い下げにて運用しています。
退役したので気兼ねなく外用として車のフロアの子砂利などを吸わせています。
普通の掃除機を吸塵に使うとすぐに目詰まりしてしまいますが、ダイソンは本物のサイクロンなので大丈夫。
ただし接続部は完全に密閉せずに少し吸気口を確保しておく必要が有ります。
サイクロンは吸気する事で遠心分離するので完全に密閉して風力が落ちると分離出来なくなってしまいます。
これがサイクロンの弱点と言えば弱点ですが・・・・理論を理解していれば問題ありません。
サイズ的に当然ピッタリではありませんので、クッションテープを使って調整しています。
ぐるっと外周を巻くのではなくポイントを絞り三点四点支持で固定する様にします。

と言う事で吸塵しながらゴリゴリ削る。
Dsc_0270_2

やはり電動工具は楽ですね、手動とは段違いで作業効率が一気に上がります。
五月蝿いと言う人も多いですが、騒音と振動に関しては電動工具としては普通ですね。
ダイソンDC12も爆音なので弱で動かしています。(笑)
交換用サンドペーパーが問題で、とりあえず純正品を使うのが一番ですが使えそうな物は検討しています。
ちなみにブラックアンドデッカーのサンドペーパーは少し小さいです。
Dsc_0280_2 人はそれを伏線と呼ぶ。(笑)

しかしながら、少しばかり下端を使い古しのパットで補えば使えます。
また先端が取り換えられるのは大変便利です。
小さいサイズを使用する時の注意点として取付しない部分は絶対に接地させないか使い古しを切り出してマスクする必要が有ります。
それをせずに接地させるとファスナー(マジックテープの硬い方)が潰れて使用不可になります。

ゴリゴリと削り終わったので水性ニスを塗ります。
最初は艶が有りませんが十分に乾くと奇麗な艶が出ます。
Dsc_0284

刷毛塗りなので筆跡が残りますが、まぁ奇麗になりましたので満足です!
実はフローリングワックス(リンレイ ウルトラタフコート)も塗りこんでます。 (笑)

2018年1月14日 (日)

DIY:玄関ノブ編

以前よりかみさんに玄関ノブの塗装が欠ける様に剥げていたり、粉が噴いて盛り上がって塗装が剥げて白くなっていたりして何とかならないのかと言われていました。
ご存知の方も居ると思いますが、規格さえ合えば交換できなくは有りません。
しかし、シリンダー交換では無くてカバー部分の問題ですのでそう簡単には行きません。
仮にメーカーに部品が有っても結構な値段がします。
と言う事で仕方がないので自前で塗装する事にしました。

ただしσ(^^;は塗装が苦手なんですよね。
乾燥を待って繰り返し重ね塗りをするあの工程がまどろっこしくて我慢ならない。
と言う事で下地が乾く前に厚塗り失敗というパターンをいつもしています。
しかも・・・・今回の色はメタリックなので素人には難易度が高過ぎます。
幸い、車の塗装の様に部分塗りでは無いのが救いではありますが。

Dsc_0272_2と言う事でまずは分解。

取っ手を見ると分かりますが、かなり塗装が剥離しています。
また丸い鍵穴部分も盛り上がっていたり補助錠側も粉が噴いて剥離しています。
Dsc_0271_2これは内側ですが意外と簡単に外せました。

まずは塗装を全部剥がします。
場所が玄関ドアなので一日で完了しないと鍵無しで寝る事になります。
もっともノブも全て外してあれば鍵を開けても開ける事すら出来ないだろう。(笑)
勿論専用冶具で開けられるけど泥棒はピックツールは持参しているけど分解道具は持っていないでしょうから。
Dsc_0273_2

とは言え面倒なのでホイールブラシを使いドリルで削り取りました。
ペーパー使って手作業だけでなんてやってられません、お構いなしにゴリゴリ行きます。

削り終わったらブレーキディスククリーナーを使い良く拭いてから塗装の為に台に取り付けました。
Dsc_0274_2

下地をプラサフで行いました。
良く有る車用(ソフト99)の奴ですね。
3~4回乾燥させながら重ね塗り。

上塗り処理は似た雰囲気にする為に同じくソフト99のシャンパンゴールドを使いました。
不本意ながらトヨタの色の様です、完全一致ではありませんが全部塗るので気にならないでしょう。
こちらも垂れに気を付けて最初はまばらに荒吹き、二回目はソコソコ均一になる様に。
4~5回乾燥させながら重ね塗り垂れもほとんど目立たなく結構厚塗り出来ました。
ここまでなら良かったのですが・・・・

メタリックはクリアの上塗りが必要なんですよね。
で・・・・・たまたまクリアを持っていたから買わなかったのですが。
こいつがホームセンターブランドの安物でして。
500mlビール缶程度のサイズで400円と言う如何にもの安物。(^^;
ノズルから噴き出す粒子が荒く広がりも狭く吹き付けると動かしながら吹いても一部に集中的に付いてしまう。
恐らくガス圧も低めでノズルの出来も悪いのでしょう。
しかも、時間が迫っていて乾燥時間も短め、厚塗り気味で3~4回。
一部下地に影響出そう&垂れ気味になりながらなんとか仕上げました。

Dsc_0285_2まぁ、こんな物。

一応遠見はツルピカに見えるのでまぁ良いでしょう。
最初とは見違えるほどの差がありますよね。
次回はクリアもちゃんとしたスプレー使います、良い経験になりました。

2018年1月 7日 (日)

インサイト:備品追加

まずはついに・・・・

Dsc_0266_2_2EM-29 エマーソン トルクレンチ

トルクレンチを入手しました。 \(^o^)/
今までずっと勘トルクレンチでしたからねぇ~。
買おう買おうとは思いますが、切羽詰まって困る事が無いので後送りになっていました。
トルクレンチが必要な作業で一番一般的なのはタイヤ交換だと思います。
タイヤ交換に使用する車載レンチは実は凄く考えられているのですがご存知の人は殆ど居ません。
実は車載レンチは支点から先端の距離が25cmと言うのが一般的です。
これには理由が有りまして先端に約50kgの荷重をかけると標準的なホイールの締め付けトルク122.5N・mになるのです。
つまり女性ならほぼ全体重、男ならば少し緩めに体重を乗せればおよそ適正トルクで締め付け可能という事です。
男でも最悪、 全体重を乗せれば確実に締め付けられます。
必要以上に締め付けてボルトがねじ切れる事は余程の馬鹿力かけないとね。
免許取りたての頃は先端に足で乗ってガンガン跳ねていました。(爆)
まぁ、あの頃は今よりも15kg以上軽かったですからね。 orz

今回購入の切欠は期間限定ポイントの使い道が困っていまして・・・・
これに後押しされ、この機会にと買ってしまいました。

購入に当たってはより格安な物も有りましたが、付属ソケット数などからEM-29を選定しました。
これで高速走る前のホイールナットのチェク、バイクのドレンボルトやプラグの締め付けが安心です。

なおトルクプリセットタイプとの事で初期トルクが103N・mでテーピング固定され動かさなくても良い的な言い回しをされていますが、マニュアルに保管時は最低トルクにて保管推奨と書いてあります。
どっちやねん? (笑)
早速テーピング剥がして最低トルクにして保管しました。

もう一点・・・・・
インサイトのアームレストは小ぶりで今一の為に汎用品のアームレスト無し車用を分解し強引に流用していました。
小物入れになっているのは良いのですが、フィッティングが今一なのとギャルソンチックなのも少し気に入りませんでした。
Dsc_0281_2ギャルソン風味(笑)

何か流用出来る物は無いかとアマゾンを探ってみると最近流行っている(同一品多数ブランドの)アームレスト汎用品が出ていました。
検討した結果、とりあえず使えそうなので同一品の中で一番安いショップから購入。
例によって選択できる種類が限られるのと中国発送。
それを引き換えにしたとしても約半額なので迷わず決定しました。
発送は比較的早かったもののチャイナポストが相変わらずのやる気の無さで到着までに3週間強かかりました。
手にした商品は、中華品お約束の変な匂いが・・・・。 (笑)
梱包解いてすかさず半日ほど外で日干しにした結果、ましになりました。
そして外皮に対して中身が薄い感じでペタペタ感が有り、これはしくったかも・・・・。

Dsc_0282_2光沢ではなくアルカンターラ風味(言い過ぎ 笑)

意外と横幅が有り予想外にフィッティングは悪くない。
パコパコペタペタ感の割には乗せたひじが心地よい。
予想以上に柔らか過ぎるクッションだが引き当てたかもしれないというのが正直な所。
なかななか快適なのでしばらく使ってみようと思います。

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年:2018

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

2017年はバタバタと忙しく、公休以外の休みが全く取れませんでした。
今年は多少余裕が出来ると思いますので積極的に休みを取りたいと思います。

で、今年やりたい事ですが・・・・・・・・・
実は家が結構な築年数になりまして、そろそろ傷んでいる所が気になり始めました。
たとえば出窓風になっている窓際のニスが塗ってあるところが結露で色あせていたりしまして。
その様な所をプチリフォームをしていきたいと思っています。
業者に頼むのではなく自分で少しずつなおしたいと思います。
となると、今年の散財はDIY用のお道具ですかね? (笑)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »