楽天

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月29日 (日)

自作PC:ヘッドホンリプレース

メインPCは常にヘッドフォンを繋いで使用しています。
今まではYAMAHA HPH-PRO500を使っていました。
音が大変クリアでちょっと重いのが気になりますが、青色もきれいで気に入っていました。
しかし重大な弱点としてヘッドバンドの耐久性に問題があり長期使用で色剥がれやクラックが発生してしまいます。
購入後1年位の使用で発生してメーカーにて交換してもらいました。
その後に注意して使用していたのですが、一年半程度経過でふと気になって調べてみると結構劣化していました。

Dsc_0311_2 ヒビ入ってまんねん!

サポートに材質改善の質問をしてみましたが、現状改善はされていないとの事。
状況確認するので着払いで修理センターへ送って欲しいとの事でした。
流石に一流メーカー、申し訳ないけど送料負担で送れと言う○ルス○ーとはふところの大きさが違う。
そして保障期限経過にもかかわらず無償で修理してもらえました。
まぁ物は修理してもらえるので使い続ける事は可能なのですが、わずらわしいので某オークションにてそれなりの金額で落札していただけまして、新たに購入する事にしました。

HPH-PRO500はオープン価格ですがメーカー想定価格は5万円クラスの製品となります。
これの代替品となりますとそれなりの物として検討が必要ですが、実売から2万円前後のハイレゾ対応品にて検討をしました。

この価格帯で定番といえば、audio-technica ATH-MSR7。
そしてATH-MSR7の対抗馬としてこちらも定番のSONY MDR-1A。
あまりメジャーでは無いのですが、意外に高評価のaudio-technica SOLID BASS ATH-WS1100。
そしてエレドラ用として現在使用しているaudio-technica ATH-AD500XのAIR シリーズからの上位機種ATH-AD900X、ATH-AD1000X、ATH-AD2000X。
以上の機種が検討となりました。

SONY MDR-1A:
この価格帯での一般ユーザー向けで普通に評判が良い。
ドンシャリ系で低音重視ですが、耳の肥えたユーザーからはこもり気味との評価。

audio-technica ATH-MSR7:
オーテクにしては低音も良く出ていてMDR-1Aと同じユーザー層がターゲット。
MDR-1Aよりも高音は良いがより上位のユーザーからはこちらもこもっているとの指摘あり。

audio-technica SOLID BASS ATH-WS1100:
あからさまに低音重視ですがこのモデルはSOLID BASSの中でも低音は弱めとの事。
しかしながら高音もきれいに出ておりバランスも良いと高評価。
どうもATH-MSR7があまりにメジャーすぎて影に隠れてしまっているが上位ユーザーにも好評の品。
セミオープンでやや音漏れあり、パット形状が特徴的で装着感はかなり良い。

audio-technica ATH-AD900X:
現在使用している ATH-AD500Xより高音がクリアですが、硬めで人によっては刺さるとの事。
製品が軽い事とAIR シリーズ定番のウイングサポートにて装着感は絶品。
その構造から音はダダ漏れ、ポータブルでは無くパットが大きいので装着しても耳が楽。

audio-technica ATH-AD1000X:
一連の製品からは一つ上位クラスの価格帯、前述製品の約2倍、使用中のATH-AD500Xとは3.5倍の価格差。
音は分解能が高く、低音重視ではなくバランス型でATH-AD900Xよりもまろやかな高音とのこと。
この価格帯ではトップクラスの音質との事で、左右だけではなく前後にも音が踊ると言われています。
金額的には出せる上限ギリギリ、難点はAIRシリーズの外観はどれも同一で3ランク下のATH-AD500Xとも区別が付かず。

audio-technica ATH-AD2000X:
音は良いとの事だが、金額的に論外。

最終選考に残ったのが、ATH-WS1100とATH-AD1000Xでもはや金額を出せるか出せないかの判断に。
先日購入のデジカメCOOLPIX B700がポイント高配当の格安取寄せ品の為に購入完了に時間がかかりポイント支給待ちをしている間に一部ショップのATH-AD1000Xが大きく値下がりした。
ATH-WS1100の価格帯は気が向いて後から購入する可能性は有るが、ATH-AD1000Xの価格帯は気軽には手を出せない事。
ATH-AD500Xの使用感が好印象の事、ポイント配当率が良かった事、手持ちのポイントも高額だった事などからATH-AD1000Xを購入する事に決めました。

今回は現品ありなので直ぐに発送されたが、佐川が翌朝8:30頃から持ち出しし20:00過ぎに配達される。(--#

Dsc_0336_2

下位機種と同系のパッケージだが、ATH-AD500Xは開き戸が無く直接中が見えた様に記憶しています。
一応差別化して、多少は上位モデル感のあるパッケージになっている様です。
ポータブルではないのでケーブルは3m固定で付属品にケース類は無く標準プラグ変換が付属するのみ。

Dsc_0337_2 見分け付かないが、左がAD1000X。

高級感どころか判定も難しいレベルの外観差。
比較してみると、中のドライバーがATH-AD500Xでは後ろ向きにオフセットされているがATH-AD1000Xは側面にピッタリと密着していた。
他の違いはウイングの下面にわずかながら付いているパットの材質が違うように感じられました。

例によって装着感はATH-AD500Xと全く同じ、大変軽く心地よい、若干ATH-AD500Xより側圧が高く感じますがパット類がへたってないからかもしれません。
音出ししてみるとまず感じたのは高音が透き通る様にクリアな感じ、そしてドライ。
比較的高音も綺麗と感じていたATH-AD500Xの高音が粘りの有るウエットな高音(まさに高音多湿 w)だった事に気付かされました。
ドライと言っても冬の様にカサカサでなく、ATH-AD500Xは夏、ATH-AD1000Xは秋晴れで爽快な高音と言う感じですね。
これだけ高音がクリアでもサ行が刺さってくる様な事は全く無いので上質なチューニングがされていると思います。

実は外観上の違いはよく見るともう二箇所。
ATH-AD500Xはステレオプラグのケースが樹脂製ですが、ATH-AD1000Xは金属でした。
またATH-AD1000X未満はコードが左出しですが、ATH-AD1000X以上は両側出しです。
これは左右のドライバーまでのケーブルの差が音質に影響を与えない様に両側出しにしてあるそうです。
私の使用環境上、PCが右なので左右自在にプラグを取り付けられるHPH-PRO500では右出しにしていました。
ATH-AD500Xは左出し固定なので取回しが鬱陶しいと感じていてATH-AD1000Xの両側出しはさらに鬱陶しいかもと思っていましたが、左右バランスよく前に垂れて来るのでむしろ良好でした。
音に関してはもう少しエージングしないとわかりませんが、今の所は良好です。

その後PCにてATH-AD1000Xを常用し、エレドラ演奏でATH-AD500Xを使ってやはり高音が出ていない(弱い)と感じるようになりました。
エレドラでは一般的にはそれほど高額ではないモニターヘッドホンを使うのが主流の様ですが、私のトリガーモジュールはDTX900Mというフラッグシップモデルなので高音質です。
PCでATH-AD1000Xを使うよりもエレドラで使った方が有効かなと思い始めました。
伴奏などに使用するPCにはRoland QUAD-CAPTUREを使いでいますのでUSB-DACという事になりメインPCより高音質と考えられます。
以上からエージングが終わったらATH-AD1000Xはエレドラにて使う様にしようと思いはじめました。
実際に使ってからの感想はチャンスがあればレポートしたいと思います。

2018年4月22日 (日)

デジカメリプレース

ブログ用の画像撮影はVGA(640*480)サイズで張付けの為に携帯などで最初からVGAサイズで撮影しています。
しかし、オークションやその他で綺麗に撮影したい時はデジカメにて撮影しています。
デジカメはKonica Minolta DIMAGE Z3を使用しています。
まぁ、動画用機材のXacti DMX-CA100は動画撮影を強化したデジカメと微妙なポジションでは有りますが。

実際全く使いこなしてなく常にAUTOモードでの撮影ですし、困るのは暗いと手振れ補正が効かないとか、動画がVGAで悲しいとかそんなものです。
ぶっちゃけ通常使用には問題が無いのですが、販売時期から予想して購入後10年は経過していますので、そろそろ新しい物が欲しくなりました。

デジカメには大きく分けて2種類のタイプがあります。
銀塩時代で言う所の一眼レフと二眼です。
一眼レフはレフ板(ミラー)を使って撮影用のレンズの画像をファインダーへ映して実際に写る画像を確認しながら撮影が出来る上位機種のカメラでした。
二眼は撮影用のレンズのほかにファインダーから除くと被写体が見える小窓が付いていて見える風景と写る画像が異なるエントリーモデル的なカメラでした。
(ややこしくなるのでここでマミヤ C3 Professional 120 6X6などの名前は出さないでください。笑)
デジタルの時代になり、CMOSセンサーの捕らえた画像を電気的にファインダーの中の小型モニターや背面モニターに映し出す機構となり一眼レフで有りながらレフ板を使わない(ミラーレス)構造になり二眼も同様の構造でレンズの他に覗き窓を持つ事も無くなった為にエントリーモデルは二眼とは呼べずコンパクトデジカメ(いわゆるコンデジ)と呼ばれるようになりました。
ぶっちゃけ基本的な機構には両者に差は無く、またコンデジでありながら一眼レフの様はデザインの物まで出てきて両者の差は非常にあいまいになりました。
私が使っているDiMAGE Z3はまさに一眼レフの形をしたコンデジです。
現状で両者の機能上の差はレンズが脱着式で交換可能な物が一眼レフと呼ばれています。
また一眼レフの形をしてレンズ交換が出来ないエセ一眼レフを最近ではネオ一眼と呼ぶ様です。

今回の機種選定として画像云々の機能はとりあえず置いといて、このタイミングで買うのですから動画撮影は出来れは4Kが可能な物。
脇が甘い(笑)ので強力な手振れ補正を搭載しているもの。
せっかくですので超高倍率のズームが欲しい。
以上の条件で検討しました。

価格的な物は置いといて機能的にはコンデジでも持て余しますが、超高倍率という時点で一眼レフかネオ一眼からの選定となりました。
一眼レフは大きくて重く高倍率時にレンズ交換が必要なため、持ち歩くにはレンズも携帯する必要があり普段使いにはとても不便。
ネオ一眼ならレンズ交換不要で接写から超望遠までレンズ交換不要で対応出来て軽量コンパクトで安価。
画質は一眼レフには及びませんが、そこまで高画質にこだわる必要は無いのでネオ一眼からの選定としました。
一眼レフ使いの方から見ると、画素数が多くてもセンサーが小さいので階調が表現しきれずのっぺりしてしまうとの事ですがカメラに興味が無い自分には判断できませんしね。

まずは強力な望遠を搭載しているもの、特定の使用予定は無いがあって困る事はありません。
そしてその望遠でも手持ちで撮影可能なほど強力な手振れ補正。
最後に4Kの動画撮影。
予算に対してほどほどのダメージ・・・・・・・

以上の条件で選定した結果が↓これ!

Dsc_0333 NIKON COOLPIX B700

自分はどうもいかにも一眼レフっぽい黒々した物は嫌いらしい。
DIMAGE Z3でもあえてユーロシルバーだったし、今回は赤っ。
まぁ赤と言っても純色の派手な色ではなくてワインレッド系のとてもシックで綺麗な赤となっています。

目玉は何と言っても望遠機能で、その倍率は上位クラスの光学60倍。
35mm換算で24mmの接写から1440mm相当の超望遠まで交換不可なのでレンズ一つでカバーします。
銀塩時代にはプロカメラマンが野球のネット裏で三脚に乗せた白くて反射望遠鏡並みにぶっとい口径のバズーカ砲みたいな望遠レンズで構えていましたがあれ以上の性能です。
そして画質は劣化するが捕らえるだけならさらに最大4倍のデジタルズームが控えています。
ここまでくると換算で5760mm相当ともうあきれるほどの性能となります。
ちなみに光学だけで月のクレーターがはっきり撮影出来るというのは有名な話でみなさん撮影されていますね。

Dsc_0334

そして、この倍率をもってしても手持ちで撮影可能という強力な手振れ補正を搭載しています。
いくら高倍率でも三脚持参しなくては使い物にならないのではお手軽では有りませんから。
そういえばとあるブログで高倍率手振れ補正でシャッターをきった時に左方向に逃げる気がするとレビューが有って自分も同様に感じられたので仕様と言う名のバグかもしれません。
わかっていれば最初からオフセットして撮影すれば良いだけなので致命的では有りませんが。

レンズ関連でもう一つ、レンズの傷防止にレンズフィルターというものが有りますがメーカーの公式では装着不可となってます。
実際にはわずかですがねじ山が切ってありまして、52mmのフィルターが装着可能となっています。
これに関してもたまたまDIMAGE Z3が52mmのフィルタを使っていましてそれがそのまま使えました。
まぁそれも計算の上で機種選択をした訳ですが。
装着可能にかかわらずメーカーが公式には認めていない理由ですが、ワイド側でケラレるとの事です。
しかしながら手持ちのフィルターではケラレない様です。

Dscn0006_1

ごらんの様に全く問題ありません。
少し調べてみたところ、意外とまともな製品を購入していた様です。

Dsc_0335_2

ごらんの様にレイノックスのMCプロテクターフィルターらしいです。
ちなみに同シリーズのPLフィルター有りますが、全く使っていません。

記録画像の話をするとこのクラスでは珍しくRWAファイルというハードウエアの生データで保存できるとか。
カメラでは瞬時にJPEGに変換して保存する必要があり、CPUパワーやRAMの制限から生成される画像のクォリティーは限界があります。
しかし、ハードの生データを直接PCへ取り込んで強力なCPUパワーと大容量RAMと十分な時間をかけてJPEGへ変換するのであれば本体で変換よりもクォリティーは上がりますよね。
銀塩になぞってこの工程を現像処理と呼ぶそうです。
まぁ、自分の場合は使う事は無いでしょうけどね。

あとは制限がありますが、4K動画撮影が可能です。
記録が連続で4GBまでの制限が有るそうで約7分だそうです。
ここらあたりが動画専用機からは劣りますが、4Kで20分、30分では記録先の容量も問題になりますしね。
もしも叩いてみたなんかを撮影するとしても7分有れば十分でしょう。

今回使用するSDカードですが。
以前新たに購入したSDカードを使用するドライブレコーダーで128GBが使用可能な可能性が有るとの情報がありまして。
TranscendのSDカード128GB Class10を購入しました。
マイクロSDにしようか迷ったのですが、接点が少ないほうがトラブルが少ないと考えましたのでアダプタを使わずにすむSDカードを選択しました。
ところがこのドライブレコーダーでは使用出来ない結果となりまして、マイクロSDを購入していれば別のドライブレコーダーで使用可能だったのに 大失敗でした。
もったいない事に使い道の無い128GBのSDカードが転がっていましたが今回やっと使用する事が出来ました。
容量も無駄に沢山有りますので、常時最大解像度で記録する設定にしています。

そうそう、このカメラはWIFI/Bluetoothを搭載しています。
いちいちSDカードを抜取らず無線でPCへ送れると便利だなと思っていました。
しかしながらどうも専用アプリを経由してやり取りしている様で、携帯アプリしかリリースされておらず無線でPC取込は出来ないようです。
携帯からリモコンでシャッターが切れるなど便利な機能はありますが、せっかくWIFI/Bluetoothを積んでいるのならPC対応して欲しかったですよね。
ただしBluetoothはプロファイルの規格が決まっていますのでリンクさせてみれば何か出来る可能性はありますが・・・・

さてDIMAGE Z3との撮影結果の比較ですが。
普通は撮影後はサイズ変更程度で使用していましたが、ヤフオク出品などから画像処理ソフトで見やすい様に調整する事が多くなりました。
レベル補正や色合いなど何項目かをボタン押下で一項目ずつ自動補正する機能が有るのでそれを使っています。
DIMAGE Z3ではハッキリとした変化が確認できますが、COOLPIX B700ほとんど変化が無く分かるのは色合い程度です。
DIMAGE Z3の色合い補正は明らかに調整後の方がよさそうに感じますが、COOLPIX B700の変化は好みレベルで加工前でも問題ないかなというレベルです。
決定的な差が出ているのがAFの効き具合。
DIMAGE Z3ではシャープさの補正で画像がグッと引き締まりますが、COOLPIX B700全く変わらずという感じです。
価格的にはDIMAGE Z3の方が高額だったと思いますが、やはり電子機器だけに十数年の年月経過の性能差は如何ともし難いと言う所だと思います。

2018年4月15日 (日)

インサイト:レー探がWiFi更新できなくなりました

現在、セルスターのミラー型レーダー探知機AR-292GMを使ってます。
これには無線LANを使用してメーカーのサーバーからGPSの取り締まりデータなどをダウンロードし自動更新する機能が付いています。
ところが今年に入ってからピタリと機能しなくなりました。
WiFiのアンテナ信号は2本ほど立っていますので無線LANでの接続は行われていると思っています。

そこでメーカーのサポートにメールしました。
2営業日以内で回答すると記載が有りましたが、約1ヶ月待つも回答なしでフォローを入れると送信ボタンを押し忘れていたと言い訳されて最新ファームへ更新しWiFi設定をやり直す様に指示がありました。
最新ファームが出ていたとは知りませんでした。
早速SDカード渡しでファーム更新を実施。
更新履歴によりますとWiFiの処理を最適化して安定させたとか何とか。
これは効果ありそうな感じ・・・・・・結果的には何も変わらず。
その他の更新はなにか地図表示に3D表示が追加されていた様な気がします。
設定すると市街地においてNシステムやレーダー表示で地図が表示される場合に3D風に表示しています。
郊外だと普通に2Dの平面的な地図です。

さて、結果何も変わらなかったので再度サポートにメールを入れました。
内容的には更新したが変化なし、アンテナ立っているから繋がっているのは間違いないのでサーバーの環境変えたんじゃないの?って感じ。
結果はサーバーはいじってない、故障だから正規の手続きをして送れとの回答でした。

いやいやいや、本体の故障は99%有り得ないでしょう・・・・・。
サーバー環境変更無しって言っていたけど、ファームデーターへのリンクがとある画面からはリンク切れおこしていたし。
絶対にサーバー側の問題だと思っている。
いっその事着払いで送りつけてやろうかと思ったら、3年保障だけど送料はユーザー負担でお願いしますと書いてあった。
まぁねぇ~明らかに故障の場合は致し方ないけど、今回はサポートの指示で送れって言って来た訳で。
こちらとしては壊れてないから送る必要は無いと思っている訳で。
これで送って故障無しならこっちが送料まる損な訳で。
てっ事で気に入らんけど、WiFi更新は断念しSDカード渡しで更新するようにします。

2018年4月 8日 (日)

自作PC:モニターアームのポール延長

現在のモニターアームのポールは70cmを使っています。
導入時はセカンドモニターが24”だったので良かったのですが、リプレースで配置がタイトになりました。
取り付けにあたりメインモニターの位置を下げてセカンドモニターのアームは上端ぎりぎりです。

Dsc_0329_2

現状でも大きな問題は無いのですが、メインを見るときの視線が斜め下になるので可能であれば良いポジションに変更したい所です。

そういえば先日買ってアームのみ使用したFLEXIMOUNTS モニターアーム 液晶ディスプレイアームのポールが残っています。
しかもポールの外径は互換がある。
これは使わない手は無いと思い延長方法を検討しました。

ホームセンターにてブラブラと小一時間、使えそうな物を物色しました。
内径サイズの塩ビ管などを検討していましたが、ピピッと来るものがありました。
バリアフリーなどで使用する木製手すりのジョイントになります。
長さ的には短いので心配がありますが、片側は3本のビスでガッチリと固定されます。
この3本の穴を見てひらめきました。

Dsc_0330_2

今回使用するポール固定用の穴と近いのでこれを加工して使うことにしました。
もう一方は僅かではありますが、はまりが深く抜け止めに側面からネジで固定できます。

さて、同じ3つ穴と言っても現実的にはPCDが異なるので要加工となります。
ネジ径は6mmですが縦長の穴を開けるのも手間なので10mm程度の大穴に加工して取り付けました。

Dsc_0331_2

こちら側の強度は問題なく仕上がりました。
現在ある70cm側ですが、上からかぶせて側面から1個の穴を開けて固定します。

ややすわりが悪い気もしますが、何とか実用的なレベルで連結が完了しました。

Dsc_0332_2

継ぎ手の位置の関係でその直上に固定しています。
本来の延長はあと10cmもあればよい程度だったのですが、まぁいたし方ありません。
取り付けも継ぎ手の直上ですので強度も問題ないでしょう。

ということで完成はしたのですが・・・・・・見た目に引っ掛かりがあり、結局1mのポールを注文してしまいました。
といいますのも実ははずす予定の70cm側も他の用途の予定がありまして、加工するよりもこちらの70cmをそのまま使った方が楽という事もあり。
結果的に他へ転用の為に二度手間ですが購入に踏み切りました。

2018年4月 1日 (日)

自作PC:さらにモニターアーム追加

先日配備したサードモニターですが、今までは吸盤式の雲台を使用していました。
セカンドモニター裏に吸盤を付けていたので、モニターの折たたみではセカンドモニターに連動するので便利でした。

Dsc_0314_2

しかしながら強度的にしっかり感が無い事やポジションが自由に成らない事が気になりました。
先日購入したKoolertron 10.1”モニターを観察すると記載は無かったがVESAマウント対応らしい75x75mmの穴が開いていました。
そこでサードモニター用のアームを検討する事にしました。

現在の支柱に追加する為、本来であれば同一メーカーのアームにすれば間違いは無いのですが、以下の理由で別の物を選択しました。

・現在のアームは強度重視の為にゴツイが対象は10”と小型軽量のモニターなので華奢なアームの方がバランスがよい。
・現在のアームは関節が左右90度なので今回の用途には不向き、左右180度が可能な物が必要となる。
・値段的に安価なもの、現在の支柱に取付ける為に径が合えば支柱の長さや付属の有無は考慮不要。

以上により選定した結果、なかなかよさそうな物が見つかりました。
Dsc_0324_2 FLEXIMOUNTS モニターアーム 液晶ディスプレイアーム

Dsc_0325_2

支柱も付属する為に無駄になりますが、現在使用中のサンコー 4軸式くねくねアームもアーム単体の価格より安いです。
アーム自体も華奢に見えるので小さなモニターには丁度よいかと思います。

取付けに際してトラブルが発生、支柱へとめるネジが貫通せず破損するという事態に・・・・・(^^;

Dsc_0326

ショップへ相談するとすぐに代品を送ってもらえて、今度は問題ありませんでした。
ただし現行のくねくねアームに比べると支柱への固定方法が今一で固定が甘い感じです。
ネジがスペーサーのプラスチックの筒を経由して支柱に突き刺さる形なので、きつく止めすぎると支柱にダメージがありそう。
さらにその状態でも間接部と同じくらいの硬さなので回ってしまいます。
回ってしまうと徐々に下がるのを回避するために下側に支え用のリングがネジ止めされますがこのネジも同じ方式なので傷になります。
この支え自体は回らないのである程度の硬さで止まっていれば上が回っても支えていられる様ですが、この部分だけは一考してほしい感じです。

Dsc_0327_2 独立してるのでより立体的に配置が可能です。

セカンドモニターへ連動した雲台と違うのでより見やすい位置に設置可能です。

Dsc_0328_2

収納も雲台の時よりも自由な位置に出来るので都合の良い位置で収納が出来る様になりました。

一点悪化したのが、出すにも仕舞うのにもセカンドモニターに連動しないので一手間増えてしまいました。
サードモニター設置位置の自由度とカッチリ感の為には少し面倒では有りますが致し方ない所だと思います。

あと、Koolertron 10.1”モニターのVESAマウントですが、4mmネジが入らない感じでインチネジなのかと試行錯誤しました。
結果から言うと背面のプラスチックの穴が小さ目で中の金属プレートは4mmネジになっている様です。
最初にアームのプレート無しの状態で4mmネジをねじ込んでプラスチックにネジ山を切りこんでから取付すると問題なく取り付けが出来ました。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »