楽天

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 自作PC:キーボード(MS Natural Ergonomic Keyboard 4000)にぶっかけ! | トップページ | DIY:エレドラ移動 »

2018年5月13日 (日)

戯言:夏草や兵どもが夢の跡 2018/05/13

さて、GWも過ぎまして皆さんは何処かへ出かけられましたでしょうか?
自分は渋滞や行列が大嫌いなので人が動く時や場所には極力行きません。
たとえば大型連休や新店の開店セールに出かけるとかもうアホかと・・・・・(笑)
ですから今年のGWも模様替え(後日公開予定)を主に行っていました。

そんな中、甥っ子から旅行好きのかみさんと姉妹にお誘いが有り便乗して出かけてきました。
GW中ですが自分は運転せずエルグランドのセカンドシートでふんぞり返っていれば良いだけですので。

目的地は山梨のひなびた温泉旅館で一泊してきました。
食事はまぁ普通かな、温泉もまぁ普通かな。(笑)

それは良いのですが、ロビーというか小さなみやげ物スペースにこんな物が。

Dsc_0352_2ダイハツの先代ミゼット

旧軽規格と這いえ、こんな小さなみやげ物スペースにディスプレイ出来るのは凄い。

外観はボロ隠しのペイントしてあるとは言え古さから言えば立派でしたが、シートは流石に厳しい状態でしたね。

Dsc_0350_2

Dsc_0351_2

まぁ60年位前の車ですからねぇ~、煩い人に言わせると装備見てもっと新しいとかと言う話になるのだろうけど。
空冷2サイクル単気筒の305ccエンジンをセンターコンソール辺りに乗せているらしい。
しかも末期モデルになるまでは混合ガソリン仕様との事で凄い時代だったんですねぇ~。

再販モデル(ミゼット2と言う名前なので再販と言って良いか微妙ですが)は荷台を低床化とかフロント回りはスーパー7風でハイカラにアレンジして有りましたね。
より安定性を高める為に4輪化とか致し方ない部分も有りますが、フロント回りはもっと先代っぽいデザインで出した方が良かったと思う。
外の駐車スペースには大きな庭木の下で茶色のがもう一台雨ざらしになっていました。
帰り際に発見したので近くで見る暇がなかったのが残念です。

さてその後は幹事の用事で滝やら自然公園を見に行ったのだが、途中で迷ってUターンをした時、視界の隅でいきなり過去の記憶に引っかかった。
そこは幅広の坂道の緩やかなカーブで側道から進入、坂の下のほうに線路が横切っていました。
辺り一帯は草地、線路の下からいきなり開けた様に派手なデザインの建物が並んでいました。

Photo こんな感じ、ストリートビューからのキャプチャーですが。

自分は普通は1回では道(風景)をあまり覚えない人で、今回の様にいきなり過去の記憶と意識が繋がるのは珍しい事なのですが・・・・・

思わずポロッと『あそこってもしかして清里・・・・・・』
若い人は知らないだろうけど1980年前後にものすごい清里ブームと言うのが有りまして・・・・・・・
「高原の原宿」と呼ばれファンシーなショップやタレントショップなども乱立しまして。
あたり一面草原のな~んにも無いただの高原地帯に突然おしゃれな形状のショップが立ち並んでいる奇怪な町(部落?)が出来上がりました。
当時の動画などYoutubeで探せば有ると思います。
自分も35年位前に一度行った事がありまして、駐車場に入るのも一苦労だった記憶があります。
突然ブームもピタリと去って皆さんそうだと思いますがすっかり忘れていました。

丁度お昼と言う事もあり、車で少しメインストリートを走ってもらい町外れの喫茶店で軽食食べました。

町並みはなんと申しましょうか、完全に時が止まっている感じでした。
当時の面影をのこす建物が立ち並んでいますが、大部分が閉店し廃墟となっていました。
目玉だったミルクポットも全盛期から道路挟んで反対側に移築されていましたが残っています。
外観はペンキが落ちて文字も消えていましたが崩れるまでは至っておらず、中にテーブルや商品が残っていて直ぐにでも店が開きそうな雰囲気でした。
それでも人が全く居ないという程ではなく、数組ほどの観光客らしき人がメインストリートを歩いておりわずかながら営業している飲食店もありました。

あの当時、まさか35年後に偶然とはいえまた来る事になるとは夢にも思わず。
35年ぶりの清里は懐かしくもありますが、その廃墟ぶりが寂しくもありました。

現在やブーム当時の状況に興味が有る方は検索すれば画像や動画は沢山出てきます。
Googleストリートビューで現在の状況も確認できますのでお試しあれ。

« 自作PC:キーボード(MS Natural Ergonomic Keyboard 4000)にぶっかけ! | トップページ | DIY:エレドラ移動 »