楽天

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月27日 (日)

戯言:黒ビールがぶ飲み! 2018 05/27

今週はエレドラ移動のネタの予定でしたが、まだボチボチ整理中なので先にこのネタで。

と言う事で久しぶりに御殿場高原ビール時之栖へ行ってきました。
通路がお洒落に整備されて店舗も新しくなり雰囲気が変わっていました。

Dsc_0365_2 道も変わって良い雰囲気になってました。

さて、なんで時之栖かというと・・・・・
色々な種類の風呂の入り放題、そしてバイキングと飲み放題はどこにでもあるけど黒生を飲み放題出来る所はあまりないので。

と言う事で早速・・・・

Dsc_0358_2 ビールは勿論、シュバルツ!

いっただきまーす。

Dsc_0359_2 1杯目ご馳走様ぁ~。

えっおかず減って無いって、だからさ飲みに来たんだってば、おかずじゃ無くてつまみだってば。(笑)

Dsc_0360_2 2杯目ご馳走様ぁ~。

えっ同じ画像だと・・・後ろのポトフとかつまみの減り具合と泡がまだ上の方に付いているから同じじゃない事分かるっしょ。

Dsc_0361 ほいっ3杯目ご馳走様ぁ~。

ちなみにつまみは相変わらず一皿目のままです。(笑)

Dsc_0362_2 4杯目ご馳走様ぁ~。

ここらでやっと酔いはじめって感じかなぁ。
おなかもいっぱいになってきたし、すぐに風呂に入るからここらでデザートへ。
なに、せっかくのバイキングなのに一皿で勿体ないって?
だから飲みに来ているんだよ・・・・。

たいしてかみさんはホワイトデビルをハーフで飲んでいる間に3皿食べてました。(笑)

Dsc_0363_2 甘い物も全然OKです。

ちなみにソフトドリンクはアイスコーヒーにしようとおもったら、ストロベリー+コーヒーなんていう物が有りついポチってしまいました。
味は確かにストロベリーの味とコーヒーの味が同時にします。
決してまずくはない、まずくはないのだが・・・・・決して混じる事無くストロベリーの味とコーヒーの味が同時する。
う~ん、相乗効果でうま味が3倍になるとかではなくあくまでストロベリーの1とコーヒーの1って感じでどうなんだこれ?

そして翌日の朝飯、こちもバイキング。

Dsc_0366

野菜サラダ山盛り、炭水化物(ごはん)山盛り。
本当はTKGと洒落込みたい所でしたが、これでおなかいっぱい。
TKGは他のおかずを食べながらではなく、単体で楽しみたいからねぇ~。

そのうちまた食べに行こうっと!

2018年5月20日 (日)

DIY:エレドラ移動

エレドラとかPCとか絡んで来るので何枠にしようかと考えたのですが、少し工作的な事をしたのでDIY枠で第一段の報告をします。

何事かとご説明しますと、エレドラの設置場所を移動する事になりました。
その関係でまずはエレドラの横にありタブレットスタンドやUSBオーディオI/Fを設置しているラックを移動します。
その際に今まではUSBオーディオI/Fや各種エレドラの処理にタブレットを使用していましたが、画面が小さくて見にくい事や処理速度にも不満が有りました。
そこで現在家族用に設置しているサブPCの稼働率がほぼゼロなのでこの機会にこれを使う事にしました。

デスクトップPCを使うとなるとディスプレイとキーボードの設置が問題になりますが、ここをDIYも駆使して処理していきます。
その為にまずは以前に加工しましたメインPCのモニターアームのポールを1mのタイプに変更し70cmのポールを確保しました。

Dsc_0357_2 旧 ポール加工での延長

加工はした物の強度感、ガタツキ感が気に入らず、どことなく真っ直ぐで無い様な、また大きな地震で折れるかもしれないなどの不安感と前述の70cmを流用する案を思いついたので1mに交換しました。

Dsc_0357_2 新 延長無しで1mのポール

こそくな事をせず思い切って思い切って1mにしたおかげでメインモニターの位置も底上げする事が出来ました。
今までは見下ろし感が強かったのですが、シングルモニターで使う時の高さと同程度に設置する事が出来ました。

さて新たにエレドラに設置するモニターはモニターアームを使えばよいのですが、キーボードをどうするのか?
とりあえずモニターアームは先日サードモニターで使用しコスパが良いFLEXIMOUNTS モニターアーム 液晶ディスプレイアームを再購入しました。
キーボードは・・・・キーボード用のテーブルを作成してモニターアームのVESAマウントに取付てしまえば・・・・

と言う事でVESAマウント用キーボードテーブル作ります。
材料はホームセンターに行けばいくらでも有るのですが、価格と丁度良いサイズを吟味した結果、ダイソーに60cm幅のMDFボードが200円で売っているとの情報が有り買いに行きました。
最初の店では発見できず、二件目で見つけて購入出来ました。
Dsc_0343_2 ダイソーに200円で売ってます。

キーボードだけなら45cm程度で乗るので他店の別の商品でも良かったのですが、キーボード横にマウスも乗せる事を考えて60cmが必要でした。
これでキーボードテーブルを作成します。
例によってミニワークベンチとブラックアンドデッカーのマルチエボで初登場の丸ノコアタッチメントを使いました。
Dsc_0344_2 マルチエボは本当に便利です。

恐ろしい事に室内で丸ノコを使います。
カット位置を間違えてテーブルを切らない様に注意しながらアルミアングルをガイドとして固定します。
凄い!
直線切りなのでジグソーでは無く丸ノコを使いましたが作業効率が全然違います。
Dsc_0345_2 一瞬でカット出来ますがカスも凄いので外での作業推奨。

3秒前後で15mm幅にスパッとカットしてしまいました。
カットした理由は縦の幅が広すぎる事とこの15mm幅の材料を下端に接着し滑り落ち止めに使います。
Dsc_0346_2

MDFボードはザクザクなので釘は効かないと思った方が良いです、接着剤と木ネジ併用がベストですね。
今回の用途では水性エマルジョン(木工ボンド)で十分です。

ちなみに15mmカットでも幅広なので2個前の画像で再度ガイドを装着している様にもう一回切り込んでいます。
この時に切り込んだ端材はキーボードやマウス操作でのたわみが気になった為に上端裏面に補強版として接着しました。
これでたわみは実使用で気にならない程度まで改善する事が出来ました。
そして上の接着画像でも写っていますが100mm間隔でVESAマウント用の穴もあけています。

元の部屋から移設したラックにメインPCで使用していた70cmモニターポールを姑息な手段で取り付けし、FLEXIMOUNTS モニターアームを2個取り付け一方に作成したキーボードテーブルを装着するとこんな感じ。
Dsc_0347

ラックへのポールの固定方法はこの様になっています。
Dsc_0348_2

70cmモニターポールの取り付けはオリジナルの穴を1ヵ所だけラックのネジで友締めしました。
あとはFLEXIMOUNTS モニターアーム付属のテーブル固定金具を駆使して圧接固定。
それだけでは上端がふらつきそうだったので、連結に使った金具をFLEXIMOUNTS モニターアームのポール取付台に強引に取付し70cmモニターポールの上端を抑え込み揺れ止めのガイドとました。
この上端ガイド自体もFLEXIMOUNTS モニターアーム付属のテーブル固定金具を駆使して圧接固定。
これにより実用的なレベルでガタは皆無。
もともとサンコーくねくねアームの支柱を利用し3本のFLEXIMOUNTS モニターアームを取付けましたので、ポール関連の部材が多数余っておりそれらを流用する事でラックをほぼ無加工(ラックへ友締めしたビス1本を手持ちの長い物に交換したのみ)で対応が出来ました。

実際の使用状況はこの様になっています。
Dscn0020 使用例(笑)

パームレストは特に不要だったのですが、もともと使用していたので放置するのも邪魔なので乗せました。
右端に付いているスマホスタンドはタブレットに使っていた物ですが、エレドラ使用時はヘッドホン使っているのでスマホに着信が有っても気がつかない為に視界内の手の届く位置に置き場所が欲しかったので絶好の設置場所が出来ました。

キーボードテーブルの使用感としてはアームのおかげでポジション取りも自在になり強度も十分で使いやすいです。

2018年5月13日 (日)

戯言:夏草や兵どもが夢の跡 2018/05/13

さて、GWも過ぎまして皆さんは何処かへ出かけられましたでしょうか?
自分は渋滞や行列が大嫌いなので人が動く時や場所には極力行きません。
たとえば大型連休や新店の開店セールに出かけるとかもうアホかと・・・・・(笑)
ですから今年のGWも模様替え(後日公開予定)を主に行っていました。

そんな中、甥っ子から旅行好きのかみさんと姉妹にお誘いが有り便乗して出かけてきました。
GW中ですが自分は運転せずエルグランドのセカンドシートでふんぞり返っていれば良いだけですので。

目的地は山梨のひなびた温泉旅館で一泊してきました。
食事はまぁ普通かな、温泉もまぁ普通かな。(笑)

それは良いのですが、ロビーというか小さなみやげ物スペースにこんな物が。

Dsc_0352_2ダイハツの先代ミゼット

旧軽規格と這いえ、こんな小さなみやげ物スペースにディスプレイ出来るのは凄い。

外観はボロ隠しのペイントしてあるとは言え古さから言えば立派でしたが、シートは流石に厳しい状態でしたね。

Dsc_0350_2

Dsc_0351_2

まぁ60年位前の車ですからねぇ~、煩い人に言わせると装備見てもっと新しいとかと言う話になるのだろうけど。
空冷2サイクル単気筒の305ccエンジンをセンターコンソール辺りに乗せているらしい。
しかも末期モデルになるまでは混合ガソリン仕様との事で凄い時代だったんですねぇ~。

再販モデル(ミゼット2と言う名前なので再販と言って良いか微妙ですが)は荷台を低床化とかフロント回りはスーパー7風でハイカラにアレンジして有りましたね。
より安定性を高める為に4輪化とか致し方ない部分も有りますが、フロント回りはもっと先代っぽいデザインで出した方が良かったと思う。
外の駐車スペースには大きな庭木の下で茶色のがもう一台雨ざらしになっていました。
帰り際に発見したので近くで見る暇がなかったのが残念です。

さてその後は幹事の用事で滝やら自然公園を見に行ったのだが、途中で迷ってUターンをした時、視界の隅でいきなり過去の記憶に引っかかった。
そこは幅広の坂道の緩やかなカーブで側道から進入、坂の下のほうに線路が横切っていました。
辺り一帯は草地、線路の下からいきなり開けた様に派手なデザインの建物が並んでいました。

Photo こんな感じ、ストリートビューからのキャプチャーですが。

自分は普通は1回では道(風景)をあまり覚えない人で、今回の様にいきなり過去の記憶と意識が繋がるのは珍しい事なのですが・・・・・

思わずポロッと『あそこってもしかして清里・・・・・・』
若い人は知らないだろうけど1980年前後にものすごい清里ブームと言うのが有りまして・・・・・・・
「高原の原宿」と呼ばれファンシーなショップやタレントショップなども乱立しまして。
あたり一面草原のな~んにも無いただの高原地帯に突然おしゃれな形状のショップが立ち並んでいる奇怪な町(部落?)が出来上がりました。
当時の動画などYoutubeで探せば有ると思います。
自分も35年位前に一度行った事がありまして、駐車場に入るのも一苦労だった記憶があります。
突然ブームもピタリと去って皆さんそうだと思いますがすっかり忘れていました。

丁度お昼と言う事もあり、車で少しメインストリートを走ってもらい町外れの喫茶店で軽食食べました。

町並みはなんと申しましょうか、完全に時が止まっている感じでした。
当時の面影をのこす建物が立ち並んでいますが、大部分が閉店し廃墟となっていました。
目玉だったミルクポットも全盛期から道路挟んで反対側に移築されていましたが残っています。
外観はペンキが落ちて文字も消えていましたが崩れるまでは至っておらず、中にテーブルや商品が残っていて直ぐにでも店が開きそうな雰囲気でした。
それでも人が全く居ないという程ではなく、数組ほどの観光客らしき人がメインストリートを歩いておりわずかながら営業している飲食店もありました。

あの当時、まさか35年後に偶然とはいえまた来る事になるとは夢にも思わず。
35年ぶりの清里は懐かしくもありますが、その廃墟ぶりが寂しくもありました。

現在やブーム当時の状況に興味が有る方は検索すれば画像や動画は沢山出てきます。
Googleストリートビューで現在の状況も確認できますのでお試しあれ。

2018年5月 6日 (日)

自作PC:キーボード(MS Natural Ergonomic Keyboard 4000)にぶっかけ!

いやはやまたやっちゃいました。
購入してすぐ位に一度コーヒーをぶっかけた事がありまして・・・・
流石にまずいので分解清掃して今まで使っていました。

先日、今度は水をぶっかけちゃいまして。
少し動作がおかしかったのですが、このキーボードの分解は結構面倒なのと水だったので多少動きがおかしかったのですが逆さにして叩いた程度で放置しました。

翌日、しっかり動かなくなっていました。 (^^;

止む無く分解する事に・・・・・
とりあえず裏面のねじを全部抜きます。

Dsc_0338_2

裏面だけでこんなに抜かなくてはなりません。
微妙に長さが違うのが2本くらいあるかもなので注意しましょう、ちなみにメクラは有りませんので見える所だけ全部抜きます。

次は表面にしてパットの部分を外します。
左右のパットのキー側の所に1本ずつ、計2本のねじが有りますので抜きます。

Dsc_0339_2

次はスペースバーの中に精密ドライバーサイズのねじが2本あります。
スペースバーは傷つけない様にコジルと真ん中あたりがはめ込みになっていて外れます。

Dsc_0340_2

小さな銀色のネジを2本抜くとパッカリと外れます。

Dsc_0341_2

白いシリコンを外すとスイッチのシートが有ります。

シートは3層構造で下の電極、ショート防止のスペーサー、上の電極となっています。

Dsc_0342_2

この間に水が入り込んでショートしてしまいます。
シートは薄い間隔で密着していますので、端に水が入っても毛細管現象にて広がってしまいます。
この間にティッシュなどを入れてふき取ります。
部分的に熱で接着されていますので全てをはがして拭く事が出来ないので部分毎に処理します。
ドライヤーの高温で加熱したりするとシートが溶けて使えなくなってしまうので、ドライヤーは低温で遠距離から風を当てるか冷風で乾燥させます。
これで組みなおせば復活します。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »