楽天

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 自作PC:ヘッドホンリプレース | トップページ | 戯言:夏草や兵どもが夢の跡 2018/05/13 »

2018年5月 6日 (日)

自作PC:キーボード(MS Natural Ergonomic Keyboard 4000)にぶっかけ!

いやはやまたやっちゃいました。
購入してすぐ位に一度コーヒーをぶっかけた事がありまして・・・・
流石にまずいので分解清掃して今まで使っていました。

先日、今度は水をぶっかけちゃいまして。
少し動作がおかしかったのですが、このキーボードの分解は結構面倒なのと水だったので多少動きがおかしかったのですが逆さにして叩いた程度で放置しました。

翌日、しっかり動かなくなっていました。 (^^;

止む無く分解する事に・・・・・
とりあえず裏面のねじを全部抜きます。

Dsc_0338_2

裏面だけでこんなに抜かなくてはなりません。
微妙に長さが違うのが2本くらいあるかもなので注意しましょう、ちなみにメクラは有りませんので見える所だけ全部抜きます。

次は表面にしてパットの部分を外します。
左右のパットのキー側の所に1本ずつ、計2本のねじが有りますので抜きます。

Dsc_0339_2

次はスペースバーの中に精密ドライバーサイズのねじが2本あります。
スペースバーは傷つけない様にコジルと真ん中あたりがはめ込みになっていて外れます。

Dsc_0340_2

小さな銀色のネジを2本抜くとパッカリと外れます。

Dsc_0341_2

白いシリコンを外すとスイッチのシートが有ります。

シートは3層構造で下の電極、ショート防止のスペーサー、上の電極となっています。

Dsc_0342_2

この間に水が入り込んでショートしてしまいます。
シートは薄い間隔で密着していますので、端に水が入っても毛細管現象にて広がってしまいます。
この間にティッシュなどを入れてふき取ります。
部分的に熱で接着されていますので全てをはがして拭く事が出来ないので部分毎に処理します。
ドライヤーの高温で加熱したりするとシートが溶けて使えなくなってしまうので、ドライヤーは低温で遠距離から風を当てるか冷風で乾燥させます。
これで組みなおせば復活します。

« 自作PC:ヘッドホンリプレース | トップページ | 戯言:夏草や兵どもが夢の跡 2018/05/13 »