楽天

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月26日 (日)

インサイト:フォグランプ HID -> LED

先日のヘッドライトコーティングでバンパーを外した時に気になった事が有りました。
以前から薄々は気が付いてはいた事なのですが・・・・・・

実は何年も前にフォグランプへ取り付けた一体型のHIDの昇圧ユニット部がサビだらけになっていました。
Dsc_0405_2 色温度3000Kの一体型HID バルブ交換不可の初期型

交換品に付いて検討しましたが、LEDでも信頼の有るチップを使っていれば実用レベルの光量が得られる様になっていますのでLEDを検討しました。
LEDは白がほとんどですが、フォグランプなので黄色に出来る物を検討しました。
チップの候補としてはHiビームでも高評価だったPHILIPS ZESチップ一択です。
しかし黄色の発色は無いのでフィルムを貼るタイプになります。

似た様な物が沢山あり、ヒートシンクの色でも価格差も有りましたが僅差だったので青いヒートシンクのColight LEDヘッドライトにしました。
Dsc_0402

この製品は外付けの昇圧モジュールも冷却ファンも有りませんので大変シンプルです。
発光部の周りは透明カバーとなっていましてその上に3000K/8000K変更用のフィルムを貼り付ける仕組みになっています。
フィルムはほぼ一周で重ならない長さとなっている為、貼り初めはアルミ枠の中央辺りを目安に貼り出す事で継ぎ目がアルミ枠の部分になり目立ちません。
まずは付属の8000K用フィルムで貼り付け練習と表面のゴミ取りを行いました。

取付時にバルブの長さが長いと入らない事も有りますので比較します。
Dsc_0404_2 ちなみにバルブ形式はH11です。

実はHIDバルブはハロゲンより若干長くインサイトのフォグランプレンズはギリギリクリアでした。
物によっては当たってしまって使用できなかったり発熱でトラブルが出るケースもある様です。
LEDはHIDに比べれば発熱量も少なく、今回のバルブでは長さも短い様なので問題なさそうです。
ヒートシンクのサイズも随分とコンパクト、インサイトのHiビームは防水キャップ等の為にこのサイズでは使用不可ですがフォグランプ部は余裕が有るので問題ありません。

まずは取付の為にフロント部分のクリアランスを確保します。
Dsc_0403_2 両前輪をレンガに乗り上げます。
これで約5cmくらい上がります。
(ぶっちゃけ、水濡れが無ければジャンプとか電話帳などがベストです。)

下から潜ってネジを1か所外してメンテナンス用の蓋から手を押し込んで脱着します。
狭いので腕の取り回しだけ手こずりますが、取付自体は問題ありません。

あっさり取付終了、まずは片側だけで比較します。
Dsc_0406 右がHID 左がLED 発光部は側面方向で通称フクロウの目でセット

HIDはもっと黄色い(レモンイエロー系)発色だったと思いましたがLEDと比較すると白っぽいです。
光量はやはりHIDの方が明るい感じでハロゲン->LED->HIDと言う感じです。
実際HIDは35W、LEDは25Wですから10Wほど少なくそれでこれならば優秀です。
ハロゲンだと55Wですから。

配光は中央部が低く両サイドが高くなる弓なりの感じ。
対向車への眩しさはほとんど無いと思いますが、すれ違う真横辺りで直視すれば多少眩しさが有ると思います。
しかしすれ違いざまにこちらのフォグランプを凝視する事は不可能(自殺行為)ですので問題は無いでしょう。

実際に雨の夜間に使用してみました。
点灯により中央部のメーターバイザ直上から見える路面から少し先までの近距離で明るさが底上げされるのが確認されました。
鼻先両側面は特に良く光が届きますので路肩が見やすくなります。
速めの速度では距離不足ですが3~40kmでの走行で実用レベルだと思います。
HIDよりは暗いと思いますが、比べなければ分からないレベルで現状でも十分な明るさです。

2018年8月19日 (日)

インサイト:ヘッドライト再コーティング

前回ヘッドライトの研磨とコーティングを行ったのが2015年の5月だったので3年以上たちました。
現在の状況ですが変色等はまったくありません。
自分が処置をした頃はネット上ではウレタン塗料にUVプロテクト効果は無いので無駄と知ったかぶりをする方達がいました。
事実として記載いたしますが、研磨後のヘッドライトへのウレタンクリア塗装は長期の変色防止に効果が認められます。

とは言え別の問題が発生しています。
右側の1箇所は飛び石直撃によりコーティングが剥がれています。
Dsc_0394

左側は前回はマスキングで塗装したので境目からの剥がれが認められます。
Dsc_0393_2プロジェクターの左上辺り。

と言う事で再コーティングを行おうと思います。
最近ではヘッドライトスチーマーなるもので簡単に施工できるようですが幾つかの問題があります。
金額が万単位と結構高額、耐久性が未知数、使用する薬剤のジクロロメタンは発ガン物質とかなりヤバげ。
スチームなので吸引する可能性が高く結構まずいんじゃね?
(蒸気を大量に吸引すると麻酔作用を示し、中枢神経系を抑制する。慢性毒性として肝機能障害、胆管癌の可能性あり。 Wikipediaより)

さてこちらの薬剤は前回と同じく実績のある「ソフト99 99工房 ボデーペン ウレタンクリアー」を使いました。
値段も僅か2000円くらいから。
その分手間はかかりますが、ジクロロメタンよりは毒性は低いかと。

前回はマスキング処理の為に剥がれの要因と考えられますので、今回はヘッドライトを外して塗装します。
しかしながらインサイトはバンパーを外さないとヘッドライトが外せません。

バンパーはタイヤハウスのネジとヘッドライト周りのはめ込み、そして下回りのプッシュターンリベットとか言われたりするクリップを沢山抜きます。
Dsc_0395_2 厚さ5cm程度のレンガに前輪を乗り上げて作業スペースを確保してます。

抜けないところなどは556を吹きかけたりして苦労しています。
古くなって泥などで固着していたり、抜かなくても良い所もあったりで面倒です。

最後は力ずくでベリベリッとヘッドライト周りから引っぺがしてやっと外れた。
Dsc_0396_2

あとはウインカーなどの配線を外せば分離できます。
ヘッドライトは片側で5箇所もネジを外す事でやっと外れます。
その後ライト類の配線コネクタを全て外してやっと分離できます。
Dsc_0397_2

さて再コーティングの為には古い塗膜をはがす必要があります。
最初は300番台の耐水ペーパーで磨きましたがウレタンクリアは強固で作業が進みません。
ここはチートツールを使います。
先日購入したランダムサンダーに180番で磨くと何とか作業が進みます。
Dsc_0399

左側がウレタンクリアが削れた状態、右側はまだ残っています。
片側を削りきったところで急激に作業速度が落ちた為に新品と取り替えて左側のライトも研磨して何とか削り取りました。
Dsc_0400

この後、耐水ペーパーの1000番まで徐々に番数を上げて削り込み、少しコンパウンドをかけて下地終了。
ところが夏季休暇中は何故か雨が降ったり止んだりでタイミングが取れず。
なにせウレタンクリアの缶スプレーは底面のピンを打ち込んだら良くかくはんして使い切りとなります。
塗ると決めたら何があっても強行せざるおえません。

翌日、意を決して作業開始。
時々パラッと来のを交わしながら何とか塗り上げました。
雨で作業できず時間を取られた為、十分な磨き時間を取れないまま最終日。
朝起きると土砂降り。(大汗)
これでは組み付け出来ない。 > 明日会社へ行けない・・・・・

昼近くに一時雨が上がったタイミングで一気に組み付け。
おかげさまで何とか公道を走行可能な状態にはなりました。
研磨はおいおい進めます。

そうそう、本日車の点検にディーラーへ行ってきました。
なにか珍しい車が置いてあったので色々と視漢してきました。(笑)

Dsc_0401 これなぁ~んだ!

滅茶苦茶メカメカしいですよね。
これはですね、CLARITY PHEVです。
購買意欲的には全く興味は有りませんが、車的には興味があるので座席座ったりトランク開けたり色々とみてきました。
後部座席左右のヘッドレストの中央に小さな窓が有りインサイトの様なリアウインドがトランクスルーで見える様になっていました。
流石はホンダ、相変わらず変な事をやってます。(笑)

2018年8月12日 (日)

インサイト:Pivot 3-drive・α再インストール

2ヵ月位前だったか・・・・・
突然エンジンチェックランプが点灯しエンジンが始動できなくなりました。
色々といじくりまわし何とか始動しディーラーに持ち込むも再現せず原因不明。
エラー内容は色々と出ているが、スロットル系のエラーも記録があるとの事。

帰宅後も再度現象発生。
とりあえずODBⅡ絡みが怪しいと思い色々と小細工。
一応、スロットル系も3-driveの割込みカプラーに接点復活剤を施工。
その後も頻繁に発生するも騙し騙しでなんとか運用していました。

ある休日に出かけているとなんと走行中にエンジンチェックランプ点灯。
しかもトンネルの中でABSエラーも発生の為にギヤチェンジが制限され60Kmで爆音。
これ以上踏み込めず。
トンネルを抜けた所で退避エリアに停止して再始動など試行錯誤。
これにて本格的に対処検討を余儀なくされた。

いよいよ余裕が無くなり、とりあえず可能性の高い3-driveを外す。
その後、丸一ヵ月現象発生せず。
原因確定。

先週報告しましたがブラックボックスを開けてみるが素子及び半田に問題無し。
考えられる可能性として、コネクタの接触。
スロットル系の電圧は100mV単位の精度で判断されている様で、コネクタの接触不良で簡単に電圧の影響が出ると考えられます。
使用されているコネクタは金コネクタでは無かったので経年劣化で接触不良の可能性は有りました。
そこで基盤とハーネスの両コネクタに接点復活剤を処方しました。
そして、初期設定を再設定。
その後、1週間運用しましたが問題なし。
クルーズコントロールも問題無く動作しました。
と言う事で原因は3-driveのコネクタ接触不良にて初期設定値が狂いエラー発生と言う事の様です。
これでまたクルスロが使えます。

さて夏季休暇に入った訳ですが、現在こんな事になっています。
Dsc_0397_2

少し前に予告をしてましたが、ヘッドライトのコーティングをやり直します。
今時のガキンチョは車に興味が無く、自分でこんな事をするユーザーは絶滅危惧種。
ぶっちゃけ、ご近所様に悪目立ち状態でちょっと恥ずかしい。 (笑)

2018年8月 5日 (日)

インサイト:不調の原因特定しました!

不調の原因を特定出来た様です。
いままで2~3日位で現象が発生していましたが、取り外し後3~4週間発生しておりません。
先日の箱根のホテル、今週はコストコ座間倉庫店へ行ってきました。
高速道路やヒルクライム等走り回りましたが全く問題ありません。

それで原因ですが・・・・・・
Dsc_0392 これです!

これは、Pivot 3-drive・αの本体です。
スロットル周辺のコネクタに接点復活剤を使いましたが現象改善せず。
Dsc_0393 ブラックボックスをご開帳。

通常では電子部品が壊れるというのはあまり無い事。
有るとすれば電解コンデンサですが、パンクの痕跡無し。
半田面はコネクタの手半田のフラックス処理がいまいち感がある物の特に問題なし。

可能性が有るとすれば、基盤コネクタの接触不良か初期設定の値が吹っ飛んだ。
と言う事でコネクタに接点復活剤を処方しました。
後日再取付し初期設定をやり直して様子を見ようと思います。

ところでコストコ座間倉庫店の帰りですが、トレーラーにあおられました。
原因は左車線からの追い抜きが原因だと思われますが、10トン越えのトレーラーと思います。
左抜きを指摘するのなら、トレーラーは最高速度80kmで左車線キープがマナーのはずで指摘される事自体がお門違いである。

あおり運転が問題になっている昨今ですが、乗用車ならまだしも大型トレーラーでのあおり運転は業務上過失ではなく殺人未遂事件相当と思います。
こんな奴がプロなのですから事故が減らない訳です。
謝罪などして頂くつもりは有りませんので、後日報復として実名付きでYouTubeに動画をアップロードしようと思います。

(株)平野ロジスティクスよ!
HPにこんなこと載せているよな?
Hirano

下請け業者かもしれないが、キッチリ社会的な責任を取っていただきたく。

Evt_20180804_133951mp4_000040809_64 このコンテナは間違いないよな。

そして証拠。
Evt_20180804_134048avi_000058625_64 巡航速度80~90Kmで広角撮影でこの距離感です。

だいたいナンバープレート取付位置おかしいよな?
scana R410と言うスウェーデン製のトレーラーヘッドらしい、外車だから何処でもOKなのか?
会社の看板を背負っている責任が有る事を理解していないのではないか?
少なくても関係者がYouTubeにチャンネルを持っている様ではあるが。
いくら頭に来ても大型を運転している責任を認識できないこんなドライバーはプロ失格だろ。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »