楽天

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月25日 (日)

インサイト:古ぼけて見えさせないコツ

インサイトは年明け早々に車検があり10年目に突入します。
これ位になりますと、ワックス等でピカピカに仕上げても何処となく古ぼけた感じになるのは致し方ないところ。
しかしながら私の車は年式を言うと古ぼけてないので大抵驚かれます。

古ぼけて見えさせない事には2点ほどコツがあります。

まず1点目は、ヘッドライトの黄ばみ。
これは車にあまり興味が無い人でも直ぐ分かると思います。
結構目立ちますからね。
その場しのぎであれば、カーショップで売っているヘッドライト磨きのセットでよいかと思います。
本格的やるなら業者に頼んでウレタンクリアですね。
安く上げるならなら自分でDIY・・・・・・。

2点目は意外と気が付かない。
というか、それがそうなっても古ぼけ感が激減するとは思ってないと思います。
そのポイントは黒い所はより黒くです。

取合えずお試しならタイヤ。
タイヤワックスはサイドウォールがひび割れるから使わないと言う人が相当数いらっしゃいます。
しかしあれってどうも都市伝説ぽいですよね。
特に水性の物はタイヤのゴムへの攻撃性は無いと言う話ですよね。
水性で駄目なら雨の中走ったらタイヤが駄目になるって事ですからね。
ひび割れる原因はあまり乗らずに放置しているとタイヤの油性の保護成分が表面から飛んでしまうかららしい。
適度に乗る事でゴムが伸縮してその成分が表面に出てきて継続して保護されるとか言ってましたね。
そういえばあまり乗らない車はとかタイヤがひび割れやすい様に思います。
綺麗に洗車してタイヤワックスかけてあまり乗らずに放置しておくのであっさりタイヤがひび割れる。
だからタイヤワックスはタイヤがひび割れるなんて話になるのかもしれませんね。

さて、ここからが本題ですが。
タイヤ以外の黒い場所・・・・・
そう、Bピラー/Cピラー辺りの黒い樹脂部品、窓の水きりゴム、ドアミラーの根元、フロントガラスの前の部分等々。
これらを黒く復活させる方法には何点かありますが、以前より何度か記載している方法がお勧めです。

復活させる方法として一番一般的なのが各社から出ているケミカル製品を使う事。
ワコーズ SH-R スーパーハード 未塗装樹脂用耐久コート剤 W150が高価ですが人気がある様です。
これらはお手軽では有りますが、コーティングしているだけなので割りと短命です。

荒療治として有名なのはバーナーであぶる。(^^;
表面の劣化した部分を溶かして除去すると言うか再硬化させて新品の状態に戻すとかそんな感じ。
作業時間と言う意味では一瞬で復活するので一番お手軽な方法ではありますが、車体の他の部分への影響が気になる所です。

私が一番お勧めする方法は"激落ちくん"です。
そう、いわゆるメラミンスポンジと言う奴で、台所用などで水を含ませて磨くあの白いスポンジです。
これが結構良い感じでこすると黒い汁が出てきます。
劣化した表面を削り落として新品の表面を出すのでケミカルの様に短命ではありません。
そして綺麗になった所でナポレックスのアーマオールを使えばツヤと保護は完璧です。
つまり悪い部分は除去するのが一番と言う事です。
ちなみにこの "激落ちくん"はドアパンチで付いた相手の塗料も落とせますが、コンパウンドの中目程度の感じです。
メタリック塗装の車の場合はクリア層が傷だらけになるので後で鏡面仕上げ用のコンパウンドで磨く必要が有ります。
ソリッド系の光沢黒とか樹脂でも光沢部分には使うとこちらも傷になるのでやめましょう。
もちろん、内装の樹脂部品もダッシュボードなどは塗装している場合があるので要注意です。

さてそれではサンプル画像を。
これはインサイトではないのですが、ちょっと画像では劣化具合が見え難い様です。
Berore
Dsc_0464_2

研磨中
Dsc_0466_2 黒い汁が垂れてきます。
この後にアーマオールを塗布します。

After
Dsc_0467_2
最高に綺麗になります。

画像だとなかなか違いが分かりにくいんですよね。
ちょくせつだと結構違うのですが・・・・
Dsc_0465_2 -> Dsc_0468_2

インサイトも調子ぶっこいてフロントバンパー下のグリルを磨いたら不自然な位に綺麗になりました。(笑)

2018年11月18日 (日)

インサイト:カウルトップパネル破損

例年の様に低温対策でフレッシュエアー口を塞ごうとボンネットを持ち上げました。
その時、ベリッとワイパーがある所の樹脂パネルが一瞬持ち上がって元に戻りました。
Dsc_0456_2 手で押し上げているけど隙間が分かるかな。

確認すると手前側で浮きが上がりを防いでいる爪がほとんど折れてしまっている様でした。
この部品の名称は知らなかったので色々と検索してみるとカウルトップパネルと言うそうです。
たいした部品では無いので4~5千円程度なら購入するかと思ったのですが、新品はなんと1.2万円以上する様でした。
そこで某オークションで探してみると中古で2.5千円位からですが送料はそれ以上となり結局6~7千円となる様でした。
新品なら検討ですが中古で爪の状態もあまり信用できませんので購入は止めて直せるか確認する事にしました。

外し方をネットで調べると、窓側がクリップで止っていて全てを外した後に前側へ引き抜くと外れるそうです。
まずはワイパーアームを外します。
そしてフロントガラスとの境目に内張り外しを突っ込みながら上に引っ張って外します。
Dsc_0457_2 オレンジ色のが内張外し。

端から端まで注意しながら外していきますが、9年近く経過したクリップは劣化しているので多少折れるのは致し方無し。
フロントガラス側のクリップを全て外した後に前側両端に1本ずつクリップが有ったので外します。
Dsc_0458_2 両側に有るこのクリップを外し手前へ引きます。

それを外して手前に引き抜くと外す事ができました。
Dsc_0459_2

それにしても9年近くノーメンテの場所なので汚い。
この機会にブラシでゴシゴシ、ボルトの座金にさびなども見かけたので転換剤を塗って手の届く所はフクピカ(笑)でワックス掛けておきました。

実は折れた爪を保存してありまして当初"L"の状態で付いている物だと思っていました。
運よく1箇所爪が残っていて確認すると横向きで下向きに"L"の爪が出る様な形状でした。
Dsc_0460_2 赤いキャップの近くに"L"型の爪が残ってます。

当初"L"型のアルミチャネルの端材でも使って何とかしようと思っていました。
Dsc_0461_2 オレンジの先端に破損部品を乗せています。

画像の様に取り付けるのが正しいのですが、これだと修理が困難でした。
当初は"L"の状態で側面にネジ止めとも考えていましたが、側面の厚みが無いのでそれも無理そうでした。
状況は確認できたので破損したクリップを代替品にして元に戻す事にしました。
Dsc_0462_2 スゲーだろ、さてどれを使うかな。

サイズ形状に違いがありますが、取合えず止まれば良いので適当な奴で破損した3箇所を補完しました。
もともとフロント側はボンネットで押さえつけられているので爪が全て折れても浮き上がる事はありません。
問題になるのはボンネットを開けた時だけですのでそれほど切羽詰った状態ではありません。

この様な状況ですので、取合えず黒の養生テープで固定しておきました。
Dsc_0463_2

一応これだけでも十分です。
対策に関して検討しましたが、取付けた状態で前側から樹脂製の"U"形状のクリップで止めてしまえば良いかと思います。
あれこれ考えていると使えそうなよい物を思いつきました。

Gachuck これです。

手で広げるレバーもありませんしコンパクトでステンレス製とまさにピッタリ。
値段も安価ですし万一錆びた事を考えて養生テープの上からもともとの爪が有った所、3箇所を固定する事で対策する事にして購入をかけました。

さてこのガチャックですが、最近は変な用途で使用されている様で驚きました。
なんとスポット増しの代用品として使われているのですね。
ガチャ玉も安価で重量も軽い、スポット溶接程の強度は出ない様ですが弾性が有るのが強固になり過ぎず程よいしなりが絶妙だとか。
次車では試してみようかな。



2018年11月11日 (日)

戯言:堂ヶ島ニュー銀水 2018 11/11

今日はポッキーの日か。 (笑)

さて、リバウンド上等で西伊豆のホテルで堂ヶ島ニュー銀水へ行ってきてしまいました。
ぶっちゃけると、社員の対応に付いては比較的良く行く大江戸温泉グループのホテルよりもワンランク上という感じ。
食事は見た目は華やかで味はまぁまぁですが、「おいしぃ~~~っ!」って思わず言ってしまう程ではないかな。(^^;
高級魚らしい金目とかアワビが目玉の様ですけどね、カニも含めて私はあまり興味が無いので。
金目の刺身より鮪の赤身の方が美味しいし、煮付なら鯖の味噌煮の方が上手いと思うしねぇ~。
でも、対応は良いし、ロビーも広いし、プライベートビーチを部屋から見下ろす景色は奇麗ですしそういう意味では良い所だと思います。

風呂は内湯は温度高目で結構広い、20人位は余裕で入れそう。
そんなに人居ると鬱陶しですが。(笑)
露天風呂は温度がややぬる目で10人入っていると入りたくない位の大きさ。

では画像でざざっと紹介しますか。

まずは廊下、こんな感じで背中側でクランク状に曲がって同じ様な感じに有るのでワンフロアが結構大きい感じ。
Dscn0115

部屋の前はこんな感じ。
Dscn0116 部屋まで案内されるとライトを点けます。

つまり点灯している部屋には人が入っているって事です。

部屋の中は基本的に和室で、入口すぐにトイレと洗面台と風呂が有り、その先が和室。
和室から窓の方向を見るとこんな感じ。
Dscn0117

窓からみるとプライベートビーチが見えます。
Dscn0111 到着時はあいにくの雨。

ですが、水がとてもきれいで夏場ならシュノーケリングが楽しそうです。
ちなみに晴れているとこの様に絶景です。
Dscn0119

ロビーの窓からはプールも見える。
Dsc_0453_2

風呂はこんな長いエスカレーターを降りた先に有ります。
Dsc_0447_2 これは降りきってから撮影。

そうすると一階層下に巨大なスペースのプレイルームが有ります。
Dsc_0446_2

最後に食事関連。
夕食のお品書き。
Dsc_0451_2

まずはイニシャル状態のセッティング。
Dsc_0449_2

チョロチョロと小物が出ながらデザート直前はこんな感じ。
Dsc_0450_2

量は丁度良かったのでオプション付けたら食べきれなかった。

朝食はこんな感じ。
Dsc_0454_2

この他にヨーグルトやフルーツ類、ケーキ的な物2種くらいが有りました。
もちろん、この後に頂きました。

最後は車を駐車場から持ってきて窓拭いてお見送り。
ふと気が付くとフロントガラス助手席側一番左上に吸盤で交通安全のコメント付きの折り鶴がツル下げられていました。
また朝方部屋の出口の近くに何時の間にか蜘蛛的な物が死んで転がっていましたが、何処で聴き付けたのか客室担当がササっと来て紙でサッと取り除いていました。
この様な対応が高評価の理由なのでしょうね。

2018年11月 4日 (日)

戯言:ヤバいですヤバいですもう本当にヤバいんですぅ~ 2018/11/04

何がヤバいかってリバウンドですよ! (笑)

先日、時之栖で黒ビールをがぶ飲みしてきたと言いました。
その時が1kgチョッとのリバウンドで想定内。
がしかし、その後の減量効果がいまいちでした。

完全にリカバリーしきれないうちに先日初めて【寿司・しゃぶしゃぶ食べ放題 ゆず庵】なる所で夕食となりました。
せっかくなので、黒毛牛しゃぶしゃぶ 上寿司・串揚げ食べ放題コースを選択。
いやぁ~食った食った、もちろん牛肉ばかりではなく豚や揚げ物などもしこたま注文。
スタート時の配膳が遅いので損した気分で・・・・(笑)

どれくらい食いまくったか覚えていませんが、翌朝の朝食に一口サイズの生姜焼きが出まして、本気で「もぅ肉いらねぇ~」と思う位食いました。
まぁ、昼にはその生姜焼き食べましたけど。(笑)

累積で2.5Kg位リバウンドしました。
なんとか1kg削りましたが、そこから落ちない。
いつもなら数日でトントントンと落ちるはずですが、停滞期の様な状況になっています。
今月も色々とイベントがありますし、平日になんとか削るしかないので頑張らなくては。

先日は野暮用に久しぶりにバイクで出かけてみました。
ライパンのウエストはまだまだ大丈夫ですが以前より確実にピッタリサイズになっていました。
少し気を引き締めてお夜食(笑)は要注意。
そうそう、先日バイクの不調対策を行いましたが結果は上々です。
長距離走行の長目のアイドリングでもばらつかずど安定なアイドリングを続けています。

次車の為の部品集めはコツコツと進めています。
スイッチ類、電線類、圧着端子などなど。
まだ購入対象が変更になった時に対応可能な物しか収集していません。
Dsc_0445_2 テスト中

購入したUSB充電端子(電圧計付き)とスイッチパネルのテスト中。
どうも船舶用らしく、上に乗せている一般的な車用スイッチと比べてゴツイ。
まぁ、何とかなるでしょう。(笑)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »