楽天

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月26日 (日)

インサイト:車両入換の経緯と車種検討について

インサイトですが購入後10年目に入り走行距離は15万Kmを超えました。
新車購入時に10年もしくは10万Kmは乗ると大蔵省を納得させて購入する事は良くある話ですが、既に減価償却期間は終了し乗換え可能な時期となりました。

ぶっちゃけてしまうと、インサイトの現状は全く不都合無で数年先の定年までの試算距離19万Km越まで問題無く乗れると予想されています。
しかしながら定年後となりますと、金銭的に大きな買物は規制されると思います。
また定年後は車に乗る距離も短くなる為、そこである程度の車へ乗換えるのも無駄な話。
この様な読みから買換えはこのタイミングと思い検討に入りました。

当初の予定としては品疎な物は勘弁ですが、あまり排気量も大きくなく燃費が良いハイブリッド系が有力候補でした。
とりあえずの候補は以下の5種で考えていました。
シャトル/ヴェゼル/シビックハッチバック/C-HR(トヨタ嫌いだけど已む無し)/BRZ(それ程高額でも無いのでスポーティーな奴も一応)

検討しているうちにふと別の考えに至りました。
気が付いてみれば結構な年齢になりました、今回購入して更に10年後にまた車の入換を考えた時にどうなるのか?
その頃は年金暮らし、あまり高価な車は買えません。
また、その車を乗り始めてから比較的短い期間でそろそろ免許返納を考える様な年齢になってしまいます。
そう考えるとその時の車の候補は廉価版のアルトとか、そんな車になる事でしょう。

そう思った時、今回購入する車がある程度選択の自由が利く状況で実質的に人生最後の一台になる事に気が付きました。
今回の車種選択は安易に決められない、車好きとして悔いの無い納得する車を選ぼうと思いました。

今までに乗ってみたかった(買いたかった)車は、5LオーバーのV8OHVエンジンのアメ車、それとランボルギーニ(爆)。
まぁV8のアメ車は無茶すれば何とか手は届かなくは無いけど、今後を考えると維持費が論外。
なにせ毎日往復70kmを走るわけですからガソリン代がたまりません。
また税金や任意保険も馬鹿らしいので、手は届くが却下と判断しました。

それならばランボルギーニは・・・・・
検討するまでも無く(笑)無理に決まっている上に、維持費はV8のアメ車以上で論外。
ですが、視点を変えてミッドシップと考えるとグッと現実的になって来ますし車好きの最後の一台としても納得出来る物だと思います。
やっぱり男のロマンとして一度はミッドシップのオーナーになってみたい物です。

今更大昔の固体を購入する気はありませんが、一応過去に生産された国産ミッドシップを検討してみました。
AZ-1(ズズキ キャラ)及びビート、既に25年以上前の車両で本気でレストアするのなら別だが今更どうにもなりません。
実はAZ-1は会社の駐車場に1台いて走っている所を歩いている時に間近で見たが程度はお察しの状況です。
ビートはS660の影響か最近良く見かけますが、修理部品も問題ですし現行の新車と比べたらやはり論外、ビート方が良いなどと定番の煽りがよく有りますが少しは現実を見た方がよいでしょう。
某T社製ミッドシップ、こちらも結構な年数を経過して良質な固体は少なく。
MR2のSC付き最終版を運転した事がありますが、後輪の足回りがお粗末。
T字路を曲がる時に側溝の蓋を越えましたがたいした速度でもないのに後輪がバタついて接地感がなくなりました。
良くミッドシップなのに直線番長などと悪口を聞きますが、T社のハンドリングに期待はしておりませんがまぁその通りでこちらも論外。

それにせっかく購入するのですから、中古しか手が届かない高額車両以外であえて中古車を選ぶ必要は無い訳で・・・・というか中古車では元から買換えの意味なし。
と言う訳で検討車種を選定しました。

ロータスエリーゼ(1.6Lフェーズ3の新古車)、フェアレディーZ、ロードスターRF、BRZ、S660
間の3台はミッドシップではありませんが、両者の価格差があまりにも大きいのでつなぎの選択です。

エリーゼ:
中古で300万円台からフェーズ2が有るので安易にエリーゼの方が良いと口にする方が多いですが、実はこの車は色々と落とし穴が有る車両でよく調査検討し納得の上で購入の必要が有ります。
真剣に調査検討しましたので書き連ねると長文となりますから、後日専用記事として記載したいと思います。

フェアレディーZ:
現行は3.7LのV6とか、エコと騒がれダウンサイジングが言われて久しい状況でもうアホかと。(笑)
まぁ現行型はアメリカ市場向けのアメリカ開発で日本はおまけで売っている様な物なのでいたし方なしか。
S130(280ZT2シーターの中古)、Z31(新車購入)と乗りついてZ32も何度か運転した事が有りますのでZはもうお腹いっぱいです。

ロードスターRF:
普通は幌車の1.5Lを検討するのでしょうが、ぶっちゃけフルオープンは嫌いなんです。
RFはタルガトップなのでこちらの方が好きなので検討。
上位グレードはマニュアルのみなので狙いは中間グレードATで検討し2回ほど試乗しました。
エアロとかナビとか付けて値引きなしで込み々440万円位。
ナビは基本純正品しか付かず、マツコネと言われるマツダ専用システムにSDカードを入れてナビとして機能するようです。
しかしこのナビは評判が滅茶苦茶悪く、ロックするリセットするは当たり前。
試乗時に営業に「このナビどうですか?」と聞くと突然プッと吹き出して『ネットやられる方なら評判の通りで・・・・』と濁しておりましたのでそこそこ酷いのかと。(苦笑)

ミッドシップではないこの車を選択肢とした理由は、エリーゼやS660と同じタルガトップ。
積載量は3車中トップ、各種安全装置も充実、積載等の問題で両者を諦める事になった場合の背水の陣と言う所です。
試乗した感想を言いますと、RFはメタルトップの為にクローズドのクーペと何も変わらず快適。
マツダの変な拘りでオルガンペダルのアクセルは違和感ありありだが、車としては普通に良く出来た車です。
ただ正直にぶっちゃけてしまうと普通過ぎてつまらない、本当に普通の良く出来た車で、それならばあえてロードスターを選択する必要性は全く無いのではと思ってしまいました。
ロードスター好きの人には反感をもたれると思いますが、エリーゼやS660はコックピットに座っただけで「この車ヤバいぜ!」感が有るのですが、滾ると言うかそういう危険な匂いが無いんですよね。
以前にYouTubeの動画でS660乗りの方が中古で幌の現行ロードスターを試乗した動画で、最初は形に惹かれたと言っていましたが乗ったら普通すぎてつまらないから要らないとコメントしていました。
ロードスター好きの方から批判のレスが付いていましたが、やっぱりこの感覚は特定の人しか分からないんだろうなと思いました。
S660は軽である事など余計な感情が邪魔をして分かり難いと思いますので、一度でもエリーゼのコックピットに座ってみると好きか嫌いかは別にして言おうとしている事が分かるかと思います。

BRZ:
人生最後の一台という位置付けにただのFRは無いわぁ~・・・・・ (笑)
という理由で議論の必要も無く却下。

S660:
体操選手が宙返りなどをしながら乗込むCMは見た覚えがあり、オープンカーだった事は認識していましたがミッドシップで有る事を知ったのはずいぶん後だったかもしれません。
ぶっちゃけ軽自動車なのとあまりにもコンパクト過ぎるうえに見かけないのであまり気にしていませんでした。
気になりだしたのはいつからだったか・・・・・
にしても国産軽自動車で最高額の乗出し250万円からをどう見るか、コンプリートカーのモデューロXに至っては主要オプションを盛ると400万円に届きそうな軽の中の高級車です。

最初に試乗したのはカーニバルイエローのα6MT。
オープンにして、かみさんと二人で試乗。
ダウンサイジングターボの思想でNBOXより小型タービンを搭載したエンジンは意外と力強く馬力規制が入っていても二人乗りでストレスなし、一般道だけならこれで充分だと思いました。
サスの硬さはそれ程気になりませんでしたが、かみさんは固すぎで長距離は腰が痛くなりそうと言ってました。
それにしても、ブローオフバルブの音が心地よい。

2回目に試乗したのがヒダマリアイボリー・パールの#komorebi editionなので当然βのCVT。
こちらはクローズドで一人で試乗。
しかしながらカーニバルイエローではあまり好感を持たなかったかみさんが、これは好きだと言ってましたので女性向けのパッケージングとしては成功なのでしょう。
一人で試乗すると二人で乗るのとは段違いでサスはガチガチで結構跳ねる、ブレーキは利き始め辺りからの踏込みがガッチリ硬めの印象でした。
試乗レビューでサスが意外と柔らかいと言う人が居ますが、それはおそらく営業と二人乗りだから。
購入検討する人は一度は一人乗りで試乗して見る事をお勧めします。

CVTの感触はクラッチ操作がインサイトより上質な感じ。
インサイトは路地から右左折で出る時にガバッと踏むとモータートルクも有りタイヤが鳴る様な繋ぎ方をする事がありました。
こちらは低い回転でスッと自然に繋いでしまいますのでアレッという感じに自然に走り出します。
反面、ブーストがかかりトルクが立上がる前に繋いでしまうのでダッシュしたい時にはモタツキ感が有ります。
それはスポーツモードでも同じ感じ、『S660遅っ!』てレビューしている人はCVTをガバッと踏んでいる人が多いと思います。
MTなら一般道で常識的な発進加速ではストレス無いと思います。
しかしながら一度ブーストがかかると下手なMTシフトよりCVTの方が早いと思います。
フルブーストかかりっぱなしに無段階で加速する訳ですから理論的に考えても遅いわけが無い。
良くスリップロスがなどと講釈をたれる人が居ますが、ぶっちゃけあんたの下手なシフトチェンジよりCVTの方が早いよ!(笑)
一つ気になったのは、せっかくのブローオフバルブの音が気持ちと一致しない所。
強めに踏んでいたスロットル緩めても必ず『パシュッ!』と大きな音が出る訳では無い様な感じでした。

さて、長くなりましたので続きの話は次回へ。

2019年5月19日 (日)

DIY:安価なドラレコで防犯カメラ作れそうと考えた事あるよね?

先に詫び入れますが、ドラレコで防犯カメラを作る話ではありません。(^^;

うちでは防犯と駐車場に車を入れる時に便利な様に以前よりセンサーライトを取付けています。
最初の物は昔の工事現場で作業灯に良く使われていた200wの白熱球を2個使った物でした。
総計400wですから結構大飯食らいですが、当時とすればそれほど気にする物でもありませんでした。
結構長期間働いてくれましたが、ある時消灯しなくなったのでリプレースしました。
多分、リレーの接点が焼き付いてONのままとなってしまったのでしょう。

二代目ですが、流石にその頃になりますとLEDのライトが出回っていましたのでLEDにしました。
多分、ムサシとか言うメーカーのRITEXとか言う商品名で7w×2灯式の物です。
Dsc_0547 現在はこれを使っています。

まぁ程々は満足なのですが、多少気になっている点はあります。
点灯時間ですが15秒/30秒の選択式なのですが、動体検知しなくなってからでは無くて最初に検知してからの時間になります。
ですから点灯中に人が動いても設定値の15秒/30秒で必ず消灯します。
一度消えてから人の動きを検知して再度点灯しますのでこれが鬱陶しい。(^^;
出来れば動きを検知しなくなってから指定時間で消える仕様の方が有難い。
その様な思いがあり、ホームセンターへ行く度にセンサーライトコーナーを覗いていました。

ある時、いつもの様に覗くと見つけてしまいました・・・・・・
Dsc_0553 
これは『ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト防犯カメラ(8W×2灯) 防雨型 C-AC8160』と言うそうです。

なんと有るジャン、値段はそれなりにしますがドラレコの応用で昔に比べれは安価で売っています。
チャンスが有れば購入を考えていましたが、次車パーツ購入の関係で期間限定ポイントが大量に入ったので全額ポイント支払いで購入しました。

とりあえず安易に雨どいに取付。
Dsc_0554 

取付てはみましたが、気になる点が2点ほどありました。
まず一つは、撮影位置調整の為に15cm程度取付位置を突き出せる支柱が付属していますが、撮影画像を確認すると15cmではまだ不足と言う感じ。
もう一点は雨どいへの取付では強度が不足しています。

何か良い方法は無いかとホームセンターで物色しました。
パイプを被せて普通に延長するだけでは取付部の強度の心配がありましたが、良い物を見つけました。
テーブルの脚になります。
Dsc_0555 

これを使用すると壁面への取付部から変更するので十分な強度が確保できます。
ステンレスでは無いのが気になりますが、通常工具でも加工が楽な事とクリアラッカースプレーが有るので多少は錆対策になると考えました。

あとは標準装備の支柱との直径の差ですが、差はで3mm程でした。
これは標準の支柱に幅広養生テープを何周か巻く事で対応可能でした。
Dsc_0556 
クリアラッカースプレーで防食対策を施したテーブル脚に外径調整をした標準支柱を突っ込みます。

回り止めとして一ヵ所に穴を開けて有り、タッピングネジを突っ込んで標準支柱を固定します。
Dsc_0557 

これでも雨水が侵入すると内部から腐食の心配が有ります。
接合部に車用のハーネス結束テープで防水処置、回り止めのビスも防水処置しました。
Dsc_0558 

あとは雨どいよりも丈夫な土台で不審者から手が届かない高さに固定で出来る場所を見つけて取り付けました。
Dsc_0559 

感度位置調整を行いますと反応範囲が結構安定していて良い感じで動作する事が確認できました。
二代目のセンサーライトで気になっていた動体検知中でも消灯する件はこの機種では検知中は連続点灯する様で問題ありませんでした。
また、点灯時間も未検知となってから15秒~5分と設定値の可変も十分な範囲でした。
録画は15秒固定と書いてありましたが、動体検知中は連続撮影し未検知となってから15秒で終了する仕様でした。
ファイルはドラレコと同じで1分単位でファイル化されています。
GPSは無いので日時はファイルを作って起動時に読み込ませる方法で設定します。
コンセントは防水対応の丸いタイプでは無いので外で使用の際はコード長の3m以内にコンセントが必要です。

撮影結果ですが、ドラレコほどの広角撮影では無い感じですのでそれなりに調整が必要です。
その代わりに5m位の距離でも知り合いの顔が判断できる程度の画質は有ります。
HD画質ですが、安物中華ドラレコに有りがちなピクセル拡張嘘HDでは有りませんのでHD画質の奇麗さで記録されています。
しかしながら雨などの若干暗い状況では画質が荒い感じになりますね。
夜間はライトが点灯するので荒いながらも色なども判別できる程度には撮影出来ています。
画質としても十分実用範囲だと思います。
そうそう言い忘れていましたが、監視カメラなので音声は録音されません。
その分のメモリースペースが画像に利用されるわけですから仕様的には問題無いと思います。

後日記録状況の確認をすると見事に不審者が撮影されていました。
Photo 
画像はHDをFHDに拡張表示中のキャプチャーなので荒く見えますが、実際はもう少し奇麗です。

最初はフェレットかと思ったのですが、どうやらハクビシンの様です。
それほど山奥とかでは無いのですが・・・・
バイク小屋へ忍び込んでカバーのビニールを食い破って居座っていたのはお前か? (--#

2019年5月12日 (日)

インサイト:レカロシート取り外し

車両入替も迫ってきました。
前回はフロントドラレコ入替を行いましたが、今回は運転席をノーマルに戻します。
レカロを入れたのは新車購入時に間に合わず1週間目、ディーラーにて交換してもらいましたので自分でのシート脱着は初めてです。
入替えるシートは新品同様品です。

シートはボルト4本で止まっているので外すのは簡単ですが、問題はどうやってドアから取り出すのか?
知恵の輪的な応用力が必要ですので、サイドシル周りを傷つけない様に養生します。
Dsc_0549

あれこれ試行錯誤の結果、座面を先にして横向きに引抜けば良さそうです。
Dsc_0550

ただし、シートベルトのバックルにシートベルト未装着警告灯用のセンサーが接続されているのでこのコネクタを抜かないと取り外す事は出来ません。
結構重たいので傷つけない様に注意して引抜きました。

今度は純正シートを乗せるのですが、その前にレカロシート側からシートベルトのバックルを取り外して純正シートに付け替えます。
Dsc_0551

外すのは簡単ですが、純正シートへの取付はオリジナルの状態を知らないので配線の取り回しなどを少し試行錯誤しました。
純正シートは結構重くて大きいので車内に押し込むのに少し苦労しました。
固定ボルトの純正カバーも保存して有ったのでそれも取り付けました。
警告灯の配線も取りけましたが、元々の取り回しを知らないので苦労しました。
完全に初期状態では在りませんが、差し障りの無い程度で取り回しして置きました。
Dsc_0552

座ってみるとヒップポイントがかなり高くなり、随分と感触が違います。
ヘッドクリアランスが狭くなり圧迫感を結構感じる様になりました。
ポジション取りも結構変わって良いポジションを出すのに結構苦労しました。

しかしながら15万キロ超えの車両ですが、ほぼ新車のシートですのでヘタリ感は無く硬めの感触です。
硬めのサスペンションを意外にも吸収してくれているのでレカロシートとはまた違う感触でした。

そうそう先日報告のCVTフルード交換ですが、GW中なので購入店と別のディーラーで交換すると8100円かかりました。
交換後に乗って帰ってくると感触が随分と滑らかに変化した事に気が付きました。
以前より何度か交換していますが、エンジンオイルの交換では違いが分かりましたがCVTフルードでの変化は気が付きませんでした。
ディーラーによって手順が多少異なり入替量が変わる事が有ると聞いています。
ここのディーラーは値段は僅かに高めに感じられましたが、多めに入替えているのかもしれませんね。

2019年5月 5日 (日)

DIY:ダイソータッカーで椅子の張替え

今年のGWは10連休と超大型ですが、残念ながら雨が多いとの事で以前から予定していたDIY作業を行いました。

まずはこの椅子・・・・・
Dsc_0560 

よく見てもらえれば座面の角がボロボロに痛んでいますが、足等の接着も緩んでいます。
これは35年位前に当時付き合ってた彼女に冬のボーナスで買い与えたドレッサーの椅子です。
この年数では流石に痛んでも仕方が有りませんね。

なんでそんな物が家にあるのかと・・・・・
そうそう、高額商品だったので別れる時に取り返して・・・・な訳あるかい。w

と言う事で本日はこの椅子の座面の張替えをDIYで行います。

まずは裏側から木ネジを4本外して足と分解します。
Dsc_0561

裏にビニール素材のシートとバイアステープ(ビニール素材)がタッカーで止まっています。
この針をスクレーパー、マイナスドライバー、ウォーターポンププライヤーを駆使して全部抜きます。
やっと裏地が外れました。
Dsc_0562

左に針が山盛りですが、まだ生地はしっかりと止まっています。
これからまた数十本の針を抜きました、全部で100本以上有ったような気がします。

全部針を外して生地を取り外したら、新しい生地を同様にタッカーで止めていく訳ですが。
趣味で頻繁に使う物でもありませんので安物充分と言う事で百均で購入しました。
購入品は百均タッカーの中でも通常品と遜色無い打ち込み性能と評判のダイソータッカーにしました。
Dsc_0563

百均と言っても見ての通り300円ですが。

まずは大雑把に切った生地の上に生地を外した椅子を裏返しにおきます。
Dsc_0564

いきなり打ち込むのも加減が分からなかったので試し打ちをしました。
裏板が見えている3つ前の画像で分かる様に裏板が接いで有りましたが、今一甘くパコパコしていました。
この隙間に木工ボンドを流し込んで、隙間が詰まる様に押しながらダイソータッカーで試し打ち。
結果が上の画像ですが、オリジナルの針よりもガッチリと固定されました。
ぶっちゃけ、針をセットする場所のスプリングが付いて押し出す様になっている蓋の作りが玩具っぽいですが、打ち込む能力は使われている物より高性能に感じられました。

この状態で生地を少し引っ張りながら上下左右の四か所を最初に固定。
その後、しわを引き延ばしながらザックリと周りを一周固定。
Dsc_0565

これで一応止まりましたので、不要な生地を針から2~3cm離れた位置で切り取ります。
切り取り後に不足部分や角部分をうまくまとめて止め直します。
Dsc_0566

あとはオリジナルの裏地のビニールを置いて仮止めし、バイアステープを使い境目を止めていきました。
まぁ、実はバイアステープが劣化していて針を打ち込むと結構割れちゃいました。
布のバイアステープを買う予定だったのですが、すっかり忘れていたので再利用するしかありませんでした。
まぁ、何とか止まったのでとりあえずOKです。
あとは緩んだ足を木工ボンドで止め直し、ホコリを掃除して組付け直して完成です。
Dsc_0567

意外と簡単に上手く行きました。
座面に使った生地が若干伸びるのでそれでしわも無く上手く出来たようです。
本来で有れば中のパットも変えた方が良いのですが、まぁ何とか再利用可能な程度だったので使いました。
次回貼り替え時はパットとバイアステープを用意しようと思います。

さて椅子はこれで治りましたが、車のスイッチパネルを作成の関係で新たな工具を追加しました。
それは何かといいますと・・・・・
ブラックアンドデッカー マルチエボヘッドアタッチメントのオシレーティングヘッドツールです。
Dsc_0568

これは何かというと先端に板みたいな刃を挟んでそれを振動させて切り抜く物です。
正直最初にマルチエボを買いアタッチメントを吟味した際に、オシレーティングヘッドだけは絶対に使わないだろうと思っていました。
しかし、今回車でスイッチパネルを作る際に板を使う予定なのでこれの穴開けに便利だと考えました。
普通四角い穴を開ける時は四隅にドリルで穴を開けてからジグソーが入るまで広げてジグソーで切る事になります。
角の部分は丸くなるのでこちらもジグソーでうまく処理する訳ですが、ケガキ線に内接するドリルの丸穴から上手ケガキ線に沿ってジグソーでを走らせるのは結構面倒です。
ところがオシレーティングヘッドを使えば直接ケガキ線に内接する形で直線的にカット出来ます。
広範囲のカットはジグソーや丸ノコが早いですが、細かい作業ならこちらの方がお得意と言う訳です。
それにしてもデルタサンダーこれで3個目になるので要らないんですけどね。(笑)
まぁ、考え方によれば一つは100V駆動だし、マルチエボは充電式だし、今回のデルタサンダーのヘッドはアタッチメントのデルタサンダーより小型なので適材適所で使えそうと言う所は有りますが。

そう言えば、人によってはマルチエボのアタッチメントとか玩具で本格的には使えないから無駄だと思う人もいるかと思います。
まぁ、本格的にウッドデッキをバラ組するのは厳しい(出来なくは無いが)とは思いますが簡単なDIYに使うには十分過ぎる能力ですよ。
それにマルチエボには他の専用品には絶対に真似できない機能が有ります。
Dsc_0569 それは収納性

これ、長手が40cm位しか有りませんが、画像の中にどれだけの電動工具が入っていると思いますか?
充電器、18Vリチウム電池×2個、本体、ドライバードリル、インパクトドライバー、空気入れ、丸ノコ、ジグソー、トリマー、デルタサンダー、オシレーティングツール。
なんと素人DIYには充分使える8種類の工具と充電器が入っているんですよ。
ビックリでしょ?

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »