楽天

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« インサイト:リプレース | トップページ | S660:納車と備品取付け »

2019年6月16日 (日)

S660:納車まで

発注までは本当に色々な仕様で検討しました。
たとえば、αにモデューロXのフロントパンバー、LEDフォグ、アクティブスポイラーの羽だけガーニーフラップ付きの部品での試算。
全てこちらで部品番号を調査して金額見積もりをしてもらいました。
この仕様にサスペンションはショーワチューニング極でマフラーはトラストで行く予定でした。
その他の小物類のオプションはモデューロXの試算と同じで金額差は僅か、ディーラーのサービスも取付け保証の無いαにモデューロバンパーは取付けしたくない様な言い回し。
なにせストライプもガーニーフラップのせいでモデューロXは対象外に成っていますが、終端はこっちでやるからボンネットとトランク貼ってと言っても煮え切らない回答で。(^^;
しまいには「えぇ~い、自分で貼るから良いわいっ!」と言ってしまう始末で。
という事で結局モデューロXを発注する事になりましたが、比較的主要なオプションを選択しているので金額はなかなかの物でした。

マフラーの選定も悩みました。
音だけや見た目だけの製品はパスで、たとえば見た目デュアル管なのに出口直前で二股に分かれている様な格好だけの製品は除外でした。
デュアルなら太鼓部分から二本出しの製品。
お値打ち価格ながら性能重視なら藤壺技研一拓ですがデザインがねぇ~、何故出口に太鼓を・・・・ならばスプーンの一本出しのデザインの方が良いし。
最近色々な車種で装着車が多い某KはどうもHKSやトラスト世代の自分から見ると新参者的で音量ばかりの気がして、知り合いがノートに付けて前を走っていたけど走り出しの音がガラガラとうがいみたいな音で興ざめでした。(あくまでも個人の感想です。)
動画で音を聞き比べるとTRUST GReddy COMFORT SPORT GTスラッシュマフラー ホンダ S660 6MTが気に入りました。
しかもサイレンサーも二本でデュアル出しになっていて綺麗でした、しかし純正より結構重いのが欠点らしい。
色々と物色しているうちに、あるマフラーの造形の美しさに一目惚れしてしまいました。
それが、ARQRAY Exhaust System schaferhund HONDA S660 M/T Titanium Tailでした。
大部分の廉価版マフラーがテールピースのみ交換となりますが、これは触媒直後のメインパイプからの交換で計測馬力の公表もされていました。
まぁ、厳密に言うと作成に使った車両は毒キノコが生えていたらしいのでフェアじゃないかも知れませんが。
そんな訳でコレの購入取り付け費用をディーラーに見積もってもらったのですが、工賃込みでなんと18.5万円!!
おいおい、軽自動車のマフラーだぜ!
って事で自分で購入して持ち込む事にしました、まぁネットで買っても14万円位はしますけどね。


あらかたオプションが決まって値段交渉し契約したのが2月中。
当初今契約で3月末の生産に間に合うとの事だったが間に合わず、4月末の生産でGW突入、納車は5月中となった。
ARQRAYのマフラーが意外と納期がかかるとの事で選考して2月末に発注。
当初ショップからは4月後半に出荷予定との話を聞きその場で発注を依頼。
ところがヤフーショッピングのシステムが4週間程度で出荷済み表示に変りクレジット決済もかかる始末。
いくらなんでも出荷されてはいないだろと待っていたがGW目前となり怪しくなってきたのでショップへ問い合わせ。
なんでもヤフーのシステムが4週間程度で勝手に出荷済みになり決済がかかるとの事で。。。。なんてこったい!
メーカーに問い合わせ手もらった結果、物は製造が遅れていて4中には出荷は出来ないとの事でGW明けに持ち越し決定。
納車も近くなりヤキモキしていると、納車3日前の夜に出荷連絡がありました。
運送会社がこれまたトナミ運輸との事で大手宅配便と違い受取時間指定など細かい指定は難しいのでどうしたものかと。
色々調べてみると会社帰りの経路にたまたまうちの地域担当のトナミの配送所がある事を発見。
営業時間の記載が無いので24時間フル稼働らしく、翌朝早めに電話入れて配送所で止めてもらう事を依頼。
その日の会社帰りにインサイトでピックアップに行きました。
Dsc_0572 シートは倒さずながらギリギリサイズ

梱包は結構大きいが重量はむしろ結構軽いといえる感じ。
そのまま納車前々日の閉店前になんとかディーラーに持込が出来ました。
中身を見てなかったので現地で開梱して、クネクネぶりを拝見。
Dsc_0573  プチのお蔭で美しい本体を拝む事は出来ず

同梱の小箱の中にメインパイプが入っている様です。
この時点での話では、ギリギリ過ぎて明日の作業には割り込めず納車時に装着不可の殿とでしたが、サービスが頑張ってくれて間に合いました。(感謝)
美しい造形はリアバンパーで隠れてしまい装着しても見る事は出来ないのですが・・・・・

Dsc_0584 ため息が出る程の美しさ

実はエンジンフードを開けると確認する事が出来ます。

そろそろ引き上げようとした時に担当営業が『あっちに有るけど見ていく?』っと悪魔の囁き。
本当は納車日まで我慢しようと思っていましたが、誘惑には勝てませんでした。

車は外の展示車の並びにポツンと置いてありましたが、小さいので目立ちませんでした。
ところが意識してみると小粒ながら結構な存在感です。
Dsc_0574 実車は結構な存在感です

ノーマルの丸みを帯びたフロントマスクは200万円越えと言われた時、正直やや物足りなさが有りました。
しかしながら内装を見れは軽自動車のそれとは質感が違いますし、試乗してみればそのハンドリングや剛性感に納得する物でした。
モデューロXは実車を見ないで注文したのでノーマルからの予想で乗出し300万円は割高感が有っても致し方無と思っていました。
ところが実車を目の当たりにすると。
Dsc_0575 所詮軽自動車と思っていましたが・・・・

ちっこいんだけどヘッドライト下からの造形とフォグランプの威圧感が結構凄い。
画像では何度も見ていましたが、正直フロントマスクでここまで印象が変ると思いませんでした。
威圧感と手の込んだ造形で高そうだなと言う印象があり、軽自動車と意識しなければ小さいながらも300万円と言われて正直ちょっと納得できるかもと思わせる質感はありました。
それから2日後無事に納車となりましたが、これから部品取り付けの作業が山の様にあります。
とにかく出社までに外観上の3アイテムの取付けを突貫作業で進めました。

« インサイト:リプレース | トップページ | S660:納車と備品取付け »