楽天

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« S660:エアコンプレッサー導入 | トップページ | 自作PC:足元ヒーター(デロンギ 小型オイルヒーター)リプレース »

2020年1月12日 (日)

S660:2020年モデルの考察

さて2020年モデルが発表されましたのでこっそり準備していた記事を先送りにして急遽2020年モデルに関して考察いたします。

今回は今までに無いほどのビックマイナーチェンジですが、まずはホッとしています。
理由は2点。
一つはインサイトのZE3が出た時みたいにガッツリイメージ変更してきて失望する事が無かった事。
二つ目は同様にガッツリ変更でうらやましい変更がテンコ盛りでは無かった事。
特にModulo Xに関してはベースモデル部分以外のエクステリア変更が無くて安心しました。
いざとなれば部品注文、自力配線で何とか可能な範囲にとどまっている事です。

主要変更項目のシートヒーターは特に必要性を感じないし、レカロのSR-7Fに変えればどうせ付いてないしね。
それにしてもスイッチはパワーウインドウの所とは予想しませんでした、そりゃその程度の増設場所すら無いものね。

ミラー内蔵ウインカーは格好良いと思いますが、ウイングミラー付けているのでそれで良いかと。
しいて言うなら自分のはサイドマーカーだけLEDバルブにしようかな、それ位ならハイフラにならないでしょう。

アクセサリーライトは良いですね。
前期にはポン付け(配線は自力)、加工してModulo Xにも付けられそうですが自分のはより高光度なフォグ改造となっていますので不要ですね。
気になるのはスイッチ何処に有るんだろう。
オートライトも強制になっているとの事なので切る事出来ないのかもしれませんね。
スイッチ有れば純正を付けたいけど、ディマースイッチに内臓されていると無理ですね。

Aピラーのボディー色は個人的には黒のままが良いかなと、実は黒いのはシールなので剥がせばボディー色になりますしね。
テールレンズ周りのブラックアウトは見ればそれなりかもしれないけどあまり気にならず、いざとなればスモークカバーがあるし。
ヘッドライトの内部色やグリルの変更が有るみたいだけどこれは良くわからず。

アルミは前期のデザインの方が好きだな、Modulo Xもブラックメッキで光沢になっている様だけど前期のステルスブラック(マットカラー)の方が格好良いと思う。
シートもセンター部を変えてきているけどステッチが入っている前期の方が好き、まぁ現行の方がレーシーな雰囲気だとは思うけど。
内装にアルカンターラを使って来たのは満足度は高いよね。
でもステアリングは摩耗が激しそう、Modulo Xではシフトブーツとサイドブレーキカバーかな、変えようと思えばどうにでもなる部品。
Modulo Xはプレート位置を変更して来ていますね。

新色のアマガエルは可も無く不可も無く、ポルシェが使う色だと思うので意図的に使って来たのでしょうね。
個人的にはモスグリーンの方が好きだけど。
Modulo Xにカーニバルイエロー追加は喜ぶ人はいるんじゃないかな、やっぱりイメージカラーだしね。
黄色に赤トップはどうなんでしょうね、青に赤トップも微妙とは思っていますが。

オプションでは積載系のテコ入れすごいよね。
すでにユーザーなら流用当たり前のシート裏に張り付けるドキュメントバッグがラインナップされて大爆笑、今更かよって感じ。
助手席座面に置ける変な折り畳み式ケースとか、ドアの内張に貼るドアライニングパネルに駐車券程度が何とか挟めるポケット付けて来たり。(運転席側のみってのがセコイ w)
知恵を絞って姑息な対策をしてきたなと感じます、まぁ悪い意味じゃぁないけどね。
あとサイドストライプが追加されていましたね、流石にくどそうなので付けないですけどね。

そうそう、2020年モデルのプロモーション動画が出ていましたね。
なんか格好良い、あれはもう軽自動車のプロモーションじゃないですよね。
特にノーマルの後ろからスッとModulo Xが出てくるシーンなんてゾクッとしますね。
アマガエルの後ろから黄色が飛び出してギョッとしますが。(笑)
あれは地上波CMで放映するんですかね結構評判になると思いますが、まぁ色的にはギョッとされると思いますけどね。
あの動画ってシネスコサイズですが、うちのメインモニターはウルトラワイドの曲面モニターですがこれってシネスコサイズなんですよね。
トリミングで余計な黒枠外して画面フルサイズで見ると滅茶苦茶良い感じです。

ぶっちゃけ今の車は高性能になり過ぎて、普通車のスポーツカーは一般道ではとても楽しめないです。
たとえば箱スカやケンメリ、今に比べれば安全装備も少なく車体的には軽量な方だとは思いますが直列6気筒のL20は鋳鉄製で重いです。
車重は箱スカで1.1t位、ケンメリで1.15位かな(当然全備じゃないだろうし当時はエアコンだって標準じゃなかったでしょうから実重量はもっと上でしょう)、馬力は標準で115ps、有鉛ハイオク仕様で120~130ps、ただしグロス表示。
もう比べるまでもなく、S660の方が早いですよね。(笑)
まぁ価格も当時のGTで90万円前後とModulo Xなら3台は買えちゃいますが。(うちの仕様なら4台買えますが。 w)
そんなわけで、今の時代は一般道でスポーツカーを気持ちよく乗るなら軽自動車で十分って事です。

« S660:エアコンプレッサー導入 | トップページ | 自作PC:足元ヒーター(デロンギ 小型オイルヒーター)リプレース »