楽天

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

自作PC:セカンドPCの高速化

メインPCにM.2のインストールが完了し1週間ほどの運用で問題が出なかった為、いよいよメインPCのSSDをセカンドPCに払い下げます。
セカンドPCはDELLのXPS420で今では絶滅状態のBTX規格PCとなります。
メインボードへアクセスする為に外す側板の位置がATXと逆、電源が筐体上部後方とこれも逆、そしてグラボなどの取り付け時に部品実装面が上向きになるとこれも逆になる仕様です。
これにより冷却性能が上がるという理屈ですが、残念ながら絶滅しました。(笑)

メインPCに比較して拡張性に劣るのでSATAケーブルはCDドライブの物をドライブ側で引っこ抜いて接続しました。
立ち上げてメインPCと同じアプリでクローン化を開始。
ところがここでとんでもないミスをやらかしました。
なんと2TBのワークドライブにクローンを展開するという大失態。
おかげで終活では削除必須のファイル含めて何から何かで吹っ飛びました。(笑)

まぁエレドラ用のMP3はメインPCの中にもあるので問題はないのですが、windowsの特殊フォルダのユーザーフォルダがそのドライブに設定されておりました。
システムが絡んでいる為、普通に同じ名前で作成しても有効とはならない為にどのようにしたらよいか悩んでいたのですが・・・・・
色々とググっているとDOS窓のコマンドライン入力するコマンド一発で特殊フォルダの階層が復活するそうです。
早速その魔法のコマンド regsvr32 /i:U shell32.dll を打ち込みフォルダ構造はあっさり復旧しました。
もちろんデータは空っぽなので手動で復旧する必要が在りますが、とりあえずゴミ掃除にはなりました。

さて気を取り直してSSDへのクローン作成を再挑戦。
こんどはあっさり完成し起動まで完了しました。
ところで2点ほど気に入らない点がありました。
実はマスターディスクよりSSDの容量が大きいのでパーテーションが切られていない領域が少し残りました。
また、旧OSの工場出荷状態に戻す為のデータ領域が残りました。
流石にこれはもういらないので、できれば有効利用したいところです。

通常以下の様な感じ:
[システムパーテーション][Windows10 システム][復旧領域みたいなの]

セカンドPCのマスター:
[システムパーテーション][工場出荷復旧][Windows10 システム][復旧領域みたいなの][空き]

一応Windows10のディスクの管理でパーテーション境界を可変できますが以下の制限があります。
増やす場合は目的の領域の後ろ(右側)に直接対象領域がある事。
つまり今回の場合は[復旧領域みたいなの]が邪魔です。
この領域はとりあえず削除しても大きな影響はないとの事で、DOS窓からコマンド入力で削除できました。
diskpart
list disk
select disk 番号
list disk
list partition
select partition 番号
list partition
delete partition override
これによりディスクの管理で問題なく拡張できました。

問題は[工場出荷復旧]です、削除自体はディスクの管理で可能でしたが[Windows10 システム]のパーテーションを左方向に伸ばす事は出来ません。
こちらは市販のアプリで可能なようです。
とりあえずお試し版を推奨されているアプリ(EaseUS Partition Master)をダウンロードしてインストール。
実行してみると最後の書き換えの所で有料版へアップグレードしないと出来ないとのメッセージが・・・・・(--# それなら紹介するなと。
面倒だったが別の所でお勧め奴(AOMEI Partition Assistant Standard)をダウンロードしてインストール。
こちらは簡単に書き換える事が出来ました、感謝感謝。
使いたい事はこれだけなのでこれ1回に5千円とか馬鹿らしいですしね。
これで目的通りのパーテーション構成となりました。

立ち上げてみると確かに早くなっています。
ログイン画面が出るまでの待ち時間もストレスがなくなり、ログイン状態ですぐタスクバーにピン止めされたアプリが並んでいて即時起動可能です。
今までは、ログインしてもしばらくカリカリ言ってタスクバーへピン止めされたアプリが表示されるまでに相当な時間がかかっていました。
これなら十分満足な結果となりました。
実質的にはメインPCのアップグレードでセカンドPCのアップグレードまで出来たので大満足です。

 

2020年5月24日 (日)

自作PC:セカンドPCの高速化への検討

うちにはセカンドPCとしてDELLのXPS420があります。
幸い故障とかはありませんが、13年程度前でVistaのOSのPCですからメモリ増やしたりOSもWindows10にしたとは言えやはり起動が遅いのは致し方ないところ。
そこでよくあるブートドライブをHDDからSSDに換装して高速化と行おうと思いました。
ただ、そのままセカンドPC用のSSDを購入するのも使用頻度から考えても勿体ないかなとの考えもあり今一触手が動きませんでした。
何か都合の良い一粒で二度美味しい的な方法は無い物かと検討した結果、良い案を思い付きました。

自作のメインPCは最初からサブPCのブートドライブと同じ容量のSSDを搭載しています。
M.2にしていない理由は、当時はまだ割高感があったのとそこまでの速度は不要と考えたからでした。
現在は当時より安くなってきましたので、このタイミングでメインPCをM.2化して余ったメインPCのブートドライブのSSDをサブPCに換装すれば一粒で二度美味しいと考えました。

この方法で進める為、メインPC用M.2の選定を始めました。
いざ調べてみるとM.2には通常のSSD並みの速度の物と3倍以上の爆速の物がある様でした。
両社ともマザーボード上の同じコネクタに刺さりますが、前者は従来のSATAで価格はリーズナブルですが換装の意味がない、後者はPCIeで爆速ですが値段が高く発熱があるとの事。
発熱に関してはPCケースには側面に20cm級のファンが付いていてM.2のコネクタ位置に直接風が当たりそうなので問題なさそうです。
あとは価格ですが、速度が変わらないのであればあえて購入の意味が無いので爆速のPCIeを購入する事にしました。
サイズに関しては現在は500GBですがほとんど開いていて250GBでも十分そうですが、今後ゲーム等をブートディスクに入れる事があっても大丈夫な様に現行と同じく500GBとしました。

あとは製品の選択となりますが、伝送速度のスペックと価格を色々比較したところ、addlink M.2 2280 PCIe3.0が評判が良さそうなので決めました。
それにしても最近は通販で物流が移送が恣意らしく1万円台の製品を密林は郵政のポスト投函で送ってきました。
Dsc_0872

初見の部品である事とブートドライブという重要部品という事も有り取り付け前に手順の確認を行いました。
基板に取り付け後に起動して現行SSDのクローンを作成後に電源を切りSSDを切り離して再起動という手順は知っていました。
クローン作成ツールはメーカーのサポートに記載が有ると予想して居たのですが、このM.2はなんと専用ツールが用意されていませんでした。
これはシクッタと思いましたが汎用品が有るとは聞いていたので慌てず検索。
EaseUS Todo Backupと言うツールが定番らしいので見つけてダウンロードしインストール後に起動確認をしてから取り付け作業に入りました。
Dsc_0873

M.2取り付け後に起動してH/W的に検知している事を確認し管理ツールでパーテーションを切ってフォーマットを完了しWindows上からアクセス可能な事を確認。
ツールを起動してクローンを作成し、一度電源を切る。
現行のSSDを物理的に切り離し再起動してBIOS画面へ・・・・・
起動順とかM.2のタイプとかをBIOS上で設定して設定保存と再起動。
何事も無かった様にあっさりと立ち上がりました。

高速化の恩恵は起動では感じられず、なにかBIOSの立ち上げまでの時間が余計にかかるように感じられて本末転倒の様な気も。。。。
一応ベンチマーク突っ込んでテストの結果、速度は問題なく出ている様でした。
Addlink-ssd-512gb 

またステータスを見れるツールも有ったので確認するとケースを開けてクローン作製中は火傷しそうな位高温になっていましたがケースを閉めていると案の定40度前後におさまっている様でした。

不要になったSSDをサブPCにインストールする時間は十分ありましたが、万が一を考えて1週間このまま使用して問題なければ翌週作業する事にしました。
一週間以内に何かあればSSDにて復旧できますので。

なにかマザーボードによってHDD上の設定が多少異なる様な。
普通は先頭のシステムでの予約領域の次のブートドライブ(C:)がアクティブパーテーションになっているはずなのに、このPCは先頭領域がアクティブに設定されていました。
これが起動遅延の原因かと思いC:をアクティブにすると見事に起動エラー。(笑)
オリジナルのSSDは手を付けていなかったのでこれで再度復旧にて事なきを得ました。
しかし、サブPCではやっぱりC:がアクティブに設定されているんだよなぁ~BIOSによってちがいがあるのか。。。。
タップのスイッチで切った状態からスイッチを入れて起動すると少し動いて一瞬電源落ちてから再起動してBIOS表示まで行くんだよね。
タップのスイッチを落とさなければ問題無いのだけど。
多分、仕事は早くなっているから良いか。
そうそう来週はサブPCのスッタモンダを書こうと思いますが、そっちも何とかなって確実に早くなりました。
安定起動出来たので、サブPCのシステムHDDはメインPCに突っ込んで500GBのスワップファイル専用HDDとなりました。(笑)

2020年5月17日 (日)

戯言:アル中注意  2020 05/17

中毒ネタって事でまずは・・・・・
色々と自粛の中、パチンコ依存症の方たちって凄いですよね。
「暇だから、開いていると聞いたから・・・」とか他にやる事はいくらでも有る訳で本当に中毒なんでしょうね。
そんな金が有るなら勉強して株でもやれば良いのにと個人的には思います。
人から趣味を聞かれ時も”パチンコ”って答えは今一だけど、”トレーダー”っていう方がインテリで高所得者っぽくて格好良いでしょうに。(笑)
株なんて素人は儲からないというかもしれないが、パチンコは店の利益が出ていると言う事は一時的に勝っても平均すれば大多数が負けているって事でしょうし。
それに株は金額も大きくなるし、デイトレなら秒単位で吐き気するほどスリルが味わえますしね。(私はやらんけど。 w)
だけど株はあくまで投資でありギャンブルじゃなからね。

さて連休でしたが、休みの時だけ飲むと決めているので連休中は飲みました。
同じ金額ならアルコール度数が高い方がお得と考えて、基本的には9%酎ハイ500mlを1本飲んでいます。
ところが最近は度数の高い酎ハイは入手の手軽さからアル中の危険性があると9%の商品をやめるメーカーとかも有るようです。
ちなみに9%酎ハイ500mlはウォッカのショット3.5杯分のアルコールだそうです。
こう聞くと凄いですよね。
それにビールに例えると中ビン2本分(約1L)のアルコールですからね。
まれにに9%酎ハイ500ml2杯とか500ml+350mlとか飲む事も有るのでますます注意が必要です。

なんて考えていたのですが、先日休み中の酎ハイを入手しにお店に出かけました。
商品入れ替えとの事で500mlがなんと90円と叩き売りだったので箱買いしてきたのですが。
これがアルコール12%の商品でして・・・時代に逆行か?(まぁサンガリアだしね。)
Dsc_0864 

1本でビール中ビン3本分。(笑)
アル中注意と言っていながらこの有様です。
まぁ、ストックは十分あるので当分安心ではありますが。(オイ!)

にしてもYouTubeとかみると、9%だ12%だと言ってグビグビと喉を鳴らして飲んでいる人を見かけますが何故かイラっとします。(笑)
流石にお猪口でチビチビ飲めとは言わないけど、もう少し味わって飲んだらどうかと。
そんな飲み方するのなら水でも飲めと思ってしまいます。
あと9%だ12%だスゲーだろうと言いたげにレビューしてロックにしている人。
もしかして冷えてない?とか思ってもそうでもなさそうだし・・・・
「それじゃぁ~アルコール薄まっちまうだろ、もったいない!」とか画面に向かて叫んでます。(笑)
まぁ自分も日本酒と泡盛はキンキンに冷やしてからロックで飲みますけどね。
熱燗はあまり好きではありません、せっかくのアルコールが飛んでしまうではないか。(笑)
でも玉子酒は好きです。

2020年5月10日 (日)

S660:約15500kmで1年点検実施

S660が購入後1年となりましたので、この連休中に1年点検へ出してきました。
サービスより初回の1ヵ月以降にオイル交換の記録無しで指摘を受けました。
自分で実施していると話をし、ついでに純正オイルエレメントを2個テイクアウトでと依頼しました。
うちのディーラーは365日休みなしで便利なのですが、若干整備料が高い気がします。
軽自動車の1年点検の規定額が11000円だったような。
純正オイルエレメントの単価は税抜き1500円超え位だと思いましたが、1500円弱だったので少しは安かったのかもしれません。
しかし、すでに箱から出されてありました。
まぁ、ディーラーですからすぐ使えるように箱から出してストックしてあるのでしょうね。
Dsc_0868 もしかしたらセット物のパックで単価が安いのかも・・・

工賃は高い様に思われますが、作業はしっかりしている様に思います。
小僧にインサイトを引き渡す直前にCVTフルードの交換警告が出まして、購入場所が休みだったのでこちらで交換しました。
何度か購入したディーラーでの交換をした事がありましたが、特に変化は感じられませんでした。
ところがここのディーラーで交換した直後は反応が良くなった事が感じられ驚きました。
その様なところから若干工賃が高いけどやる事はしっかりやっている様に思われました。

ところで点検終了を待っている間にカタログを見たりしていたのですが、こんな物を見つけました。
Dsc_0866 NSXカタログ表紙
Dsc_0865 NSXカタログ中身

これって本カタログですよね。
表紙がすごいです、表紙も裏表紙も分厚く固い素材でしっかりと製本されています。
まるで子供の絵本の様な質感です。
中身自体はネットでいくらでも見る事が出来ますが、この質感は手に取ってみないと実感できませんね。
さすが2千万円越えの高級車はカタログも違いますね。
ちなみに現行モデルの金額は・・・・
Dsc_0867  NSXカタログ 価格

だそうですよ!

2020年5月 3日 (日)

S660:15000km越えのオイル交換(4回目)

先日DIYでオイル交換を行いました。
初回1000kmはディーラーで行いましたので、DIYでは3回目となります。
例のメカニッククリーパーを使って作業を行いました。
Dsc_0862

後輪をスロープ台に乗せての作業で、ブルーシートの上でも結構タイトだったのでスペース的に厳しかったです。
案の定車体下に顔が触れて、あとで鏡を見たら顔に黒い汚れが付いてドラマで有りがちの黒い汚れがベットリ的な感じでした。(笑)
ドレインボルトの締め付けトルクはホンダは大体40ニュートン位のはず。
使用しているドレインボルトはクスコのマグネット付きの奴ですが、規定トルクの記載が有りません。
アルミ製なので30ニュートン位が適正らしいとどこかにポロっと書き込まれていました。
狭いスペースで40ニュートンのボルトは手持ちの眼鏡レンチやラチェットを駆使しても力が入らず外す事が出来ません。
ダメなのはわかっていますが、外れない物は仕方が無いのでトルクレンチで緩めてしまいます。
トルクレンチは前述の工具より柄の長さが2倍は有るので何とか外せる事が出来ます。
少しでも緩めば後は簡単に手で回せます。
最初は車体の下にもぐって外して手にベットリオイルが付いて、廃油バットからもお漏らししてしまいました。
ドレインボルトを締めこむ時に気が付いたのですが、右後輪の直前辺りから手が届きます。
Dsc_0863 この位置に寝転がって手を伸ばせばドレンボルトの脱着が可能です。

画像の位置からドレインボルトの開け閉めが可能な事に気が付きました。
トルクレンチでの締め付けはエクステンションを使うのでボルトの頭を痛めるので多分無理だと思いますが、脱着はこの位置で出来そうです。

そして驚いたのが、ドレインボルトに付着した金属の量。
Sany0003mp4_000016816 何か先端に付着している様に思われる。

オイルの汚れだけでは無くご覧の様に先端にゴミが付いている感じ。
先端をペーパータオルにこすり付けるとご覧の有様です。
Sany0003mp4_000061928  マジか?(要:クリックして拡大表示)

"一"の様にグレーになっているのが擦り付けた汚れです。
15000kmでもこんなに金属の汚れが出るんですね。
しかもネオジウム磁石に付いているのでアルミのカスでは無く鉄です。
シリンダのスリーブとピストンリングかな?
でも今の乗用車用エンジンてスリーブもアルミじゃなかったっけ?
とは思っていたのですが、現在も鉄のスリーブを置いてアルミを鋳込む様な事をしている様ですね。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »