楽天

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月27日 (日)

戯言:洗濯機が不良で修理した話 2021 06/27

うちの洗濯機は東芝の乾燥機能付きの縦ドラムを使っています。
5年くらい前まで横ドラムを使っていましたが、不都合が多いので故障はしていなかったのですが買い換えました。
最近その洗濯機が少し調子悪くなってきました。
時々外蓋が開いているエラーで止まってしまう事があります。
検出センサースイッチが有ると思われる所を上からぶっ叩くとしばらくの期間調子よくなります。
昭和の真空管テレビかよって感じです。(笑)

どうしようかと思っていたら、購入時に延長保証契約してあるかもしれない事を思い出しました。
取説一式を取り出して調べてみると案の定延長保証が有りました。
しかしながら購入してから結構な年数を経過しているので有効期限が過ぎている可能性もありました。
恐る恐る期限を確認すると2021年の6月末までとギリセーフでした。
ラッキーついでに中蓋が自立しなくなってきている事も修理してもらおうと保証会社へ連絡しました。

延長保証ってメーカーが保証してくれている訳ではなく、その手の保険会社が肩代わりして保証しています。
ですから微妙にメーカーの1年保証と補償範囲が違っていることも有る様です。

今回は保証会社へ電話を入れて氏名や対象機種の型番などを連絡して対象かの確認を行いました。
無事確認が取れて期限も今月末で有効である事の確認が取れました。
しかし、なんとなく電話越しに『コイツ、期限切れ直前だから連絡して来たなっ!』感が伝わってきました。
いやだなぁ~すっかり忘れていて偶然思い出したんですよ・・・・・って感じで話していました。(笑)

色々と故障内容の細かい話を聞かれて保証対象範囲の細かい説明を受けました。
どうも経年劣化での消耗とか部品脱落的な物は保証対象外で基盤の故障的な物しか対象とならない可能性が有るとの事でした。
それでは意味が無かろうと思ったのですが、ダメ元で修理依頼を行いました。

実際に修理に来ると、センサースイッチは水分による腐食らしくめでたく無償で基板交換となりました。
中蓋が自立しないのは、部品の消耗的な物だと思うのですが、こちらも無償修理の対象となり中蓋とそれを止めている部品類も交換となりました。
結果、中蓋も奇麗になりましてセンサーの問題も再発する事もなく調子よくなりました。
まぁ運よく期限ギリギリに間に合った事と、どうせならと中蓋の事もダメ元で依頼出来たことは良かったと思いました。
延長保証は3000円台だったと思いましたが、完全に元が取れました。
良かった良かった。

後日、冷静に考えてみると・・・・・
保証の対応者の言い方が大変回りくどい言い方をされたので勘違いしたのではないかと考えました。
つまり、基盤破損のみで物理破損は対象外というのは勘違いだと思いました。
要は、故意又は不注意による破損(ぶっ叩いたら割れたとか乱暴に扱った)は対象外で経年劣化(摩耗して蓋が保持されないとかスプリングが折れたとか)に関しては保証されるのではと考えました。
まぁ、それが常識的だよねぇ~。

2021年6月20日 (日)

ノート e-POWER :納車後1ヵ月点検とオーラ発表

1ヵ月点検となりましたのでディーラーへ出してきました。
もちろん不都合は発生していません。
走行距離はわずかに400km弱、エンジン単体で言うと200km分も動いていないと思います。
頻繁にエンジンが起動停止を繰り返すのでいわゆるシビアコンディション扱いとなるわけで。
これでもオイル交換とエレメント交換となります。
まぁ、5年分のメンテナンスパックに入っているので交換の有無に関係なく費用は変わりません。

今回は追加作業等してサイドシルフィニッシャーを取付込みでお願いしてありました。
これはフロントバンパーフィニシャーを自分で取り付けたら意外と好評でサイドも欲しいと言われた為です。
サイドは鋼板に穴あけとなるので取付込みで依頼しました。(ところが実作業では穴あけ不要で簡単だったとか・・・・)
小ぶりなのでどうかなと思ったのですが、フロントサイドからの統一感があって予想以上に良い感じでした。
オーテックより大きいので主張が強く、オーテックよりおしゃれじゃないかと思いました。

Kimg0079 それしても結構な出費になったなぁ~。

E13型ノートの選定は細部まで深くは考えていなかったのですが、結果的に良い判断だった様です。
ネットでも女性に思いのほか好評な様です。
特にワンペダルが街中では信号の時しかブレーキを踏まなくて良いから楽だと言ってます。
前方視界も良く運転が楽、モーターが思いのほか凄く力が有って滑らかで静かと大変気に入っている様です。
そりゃぁ~3000ccNA並みのトルクと言われますしそれがコンパクトクラスに乗っているわけですから不満が有るわけない。
特に信号待ちからの発進でその強大なトルクと有り得ないほどの滑らかさで動き始める感覚はかなり異質と感じます。

まぁぶっちゃけ自分が運転するとワンペダルやっぱり少し違和感あるかな。
ゆっくり放すと弱い減速でブレーキランプは点灯せず、スパッと放すと強い減速でブレーキランプが点灯する、この放し方次第で減速具合がリニアに変化します。
例えば左折への徐行で交差点手前で放すが曲がるタイミングでの速度がやや早そうなのでブレーキを踏もうと思うとそのタイミングで回生が強く効き始めるので想定より減速しすぎるなんて事に何度もなっています。
この様なタイミングがなかなか読み切れない為に違和感を感じているのが正直なところです。

こんな不都合に感じる部分は有りますが、シャシー剛性が高いのはハッキリ分かりますし、上級車並みの静粛性は感動物です。
センターアームレストも幅広く高級感が有ってゆったりしています。
ハンドル握りながら両肘を左右のアームレストに乗せてゆったり運転できるので大変楽です。
思ったのはプロパイロットは一般道でも使えますが、ステアリングアシストはその時は切った方が良いと思いました。
高速道路と違い一般道ではセンターの制度が低いので常に左右になだらかに動いている、悪い言い方をすれば波長の長いオラオラ運転みたいな感触が有ります。
だから一般道で使うならアダプティブクルーズコントロールのみ有効として運用した方が良さそうです。

さて、ノートの上級機種のノート・オーラーが発表になりました。
昔は馬力が大きいだけで損をした気分になった物ですが、最近は部必要で使い切れない余剰馬力が有るなら燃費の方に振られた方が良いと思うようになりました。
ですので今回は馬力が上がっていますが、残念感は全くありません。
あくまで動画のイメージからですが、デザイン的な事を言うとグリルはオーラの方が好みかな。
ヘッドライトはどちらかといえば切れ長なオーラの方が格好良いかと思いますがLEDならノートの感じでも十分可と感じました。
むしろ現状のノートのデザインにはオーラの切れ長よりも若干高さのある現状のデザインの方が有っていると思います。
その他のデザインはノートの方がスッキリしていて好みに感じました。
フロントバンパー左右の下寄りのデザインとか結構無理やり感を感じました。
例えばGRヤリスって後ろから見るとノーマルと比較して結構空冷ポルシェかと思う位に不自然なデッチリ感があるじゃないですか。
あんな無理やり感をフロントリアともに感じました。
っとここまでは動画のイメージから先行して感想を書いたのですが・・・・・
1ヵ月点検終了後に車を取りに行くと、なんとガンメタのオーラの実車がディーラーに置いて有りました。
9月から販売開始と聞いていたのでビックリですが、試乗車だけは先行で用意した様です。
で、実車を見たらフェンダーのデザインとか悪くないですね、やっぱり動画とイメージが違いました。
もしも自分の車として購入するのならオーラでも良かったですね。
今回はカミさん用ですからノーマルのノートで後悔は有りません。

ただタイヤが205/50R17履いているとの情報が入ったのは収穫で、ノートのインチアップでは205/45R17を指定しているサイトが多くて気になっていましたが50扁平の方が良さそうだと分かりました。
しかしながら純正は185に5.5Jを履かせていてふつうこのサイズなら6Jだと思うんですよね。
205でも6.5Jあたり、下手をすると6Jに履かせているとか言わないですよね、まぁいずれデータが出るとは思いますが。
うちにあるのは7Jなのでフロントはツライチとは言えない位はみ出るかなぁ~。
リアはおそらく入りそうなのですが、現実的には内側への干渉も気になる所。
インチアップはちょっと厳しいかなと感じています。

2021年6月13日 (日)

戯言:久しぶりに梅酒を作ってみた! 2021 06/13

最後に作ったのは10年位前だったかな?
以前は毎年作っていたりしていましたが、最近は精神的に余裕がなくすっかりご無沙汰でした。

先日YouTubeを見ていたら【絶品梅酒の作り方】的な奴がお勧めに出てきまして・・・・・思わず視聴してしまいました。
内容的に基本の作り方は同じですが、やっぱり何点かポイントが有る様でした。
タイミング的にも梅の実が売られている時期という事もあり、久しぶりに作ってみる事にしました。

まずは選ぶ梅の実から違う様でした。
今までは出来るだけ綺麗な青々とした実の物を購入していましたが多少熟れている方が風味が良いそうです。
そこで少し色付いた物を購入してきました。

定番の作業として流水で洗いながら爪楊枝でヘタを取り除きました。
この状態で少し熟れさせるそうです。
最近は天気の良い日は結構気温が上がります。
二階の部屋は南国並みの室温になるのでその部屋の直射日光が当たらない窓辺に1日置きました。

最後の一工夫はなんと冷凍するんだそうです。
これで細胞膜を破壊して風味が良く出る様にするんだそうです。
丸一日冷凍して準備してあったビンに入れようと思ってふと気が付いた・・・・・
これっ、絶対に入りきらないよな!

以前は充分入る大きさの大ビンが有ったのですが、邪魔だから捨ててしまったそうで、用意した物では半分しか入りそうもない。(大汗)
幸い同サイズのビンがもう一つあったのでそちらを洗って準備して大まか目分量で半分ずつの分量で作りました。
Kimg0075 【梅酒】

最短3ヵ月位で飲めるけど若干ホワイトリカーの刺すような雑味がまだ残っているから最低でも半年待たないと。
出来れば2~3年物がおいしいんだよね。
50年位前に庭に梅の木が有って祖父が良く作っていたので数年寝かした物とか有ったんだよね。
大量に作らないと1年で飲み切ってしまうから今はそんなのにはありつけない。

そういえばお酒繋がりですが。
カミさんのノートが納車後1ヵ月になりまして、途中雨が酷かったので雨染みが気になると言われてコーティングし直しました。
考え方は以下の様に思います。
・カストロールのコーティングPROで簡易ガラスコーティング
・イオンデポジットやウォータースポットはガラスコーティング層で受ける
・リンレイの水垢スポットクリーナーでコーティングを落とす
・カストロールのコーティングPROで再コーティング
こんな感じです。
恐ろし位にピカピカになりました。
って事で、作業代を貰いました。
Kimg0077 【泡盛:美ら島(ちゅらじま)】

30%OFFの見切り品。(笑)
25度だから泡盛としては弱い方ですね。
とりあえず少し味見、ガッツリ冷やしてロックで頂きます。
この時既にいつものサンガリアンの酎ハイ9%500mlを飲み終わってもう少しって事で。(笑)
う~ん、ちょっと独特の風味がある気がするけど悪くないね、ご馳走さま!

2021年6月 6日 (日)

S660:ホロのキシミ音対策でテーピング以外の方法を試行

YouTube動画でホロのキシミ音はテーピングで治る様な話をしたら、ディーラーのメカニック的にはグリスアップだと教えてもらいました。
冷静に考えればその通りで、ただ受け側がプラスチックなので使用するグリスはシリコングリスが必要となる。
手近なグリスは呉のスプレーグリスなのであの茶褐色の奴、だからプラスチック面にはあまり推奨できないのでお手軽対策としては養生テープがベストだった。

そんな感じで指摘を受けて少し考えているとある事がひらめいた。
耐久性とかプラスチックへの攻撃性を無視すればCRC556でも良いわけで・・・・・
CRC556だと数回の雨で流れてしまうが、そう言えばうちには表面硬化させて雨水で流れずにツルッツルッになる奇跡の潤滑剤が有った事を思い出した。
ダイニングの椅子のローラーの軸にチョコっと吹いたら、少し力を加えただけで一気に動いてしまうので尻餅をつく位危険になったアレ。
そう、超極圧潤滑剤LSベルハンマーゴールドスプレーです。
これを吹いてやれば良いんじゃねって閃いた。

早速アルミステーに巻いた養生テープ4か所を全部剥がしてパーツクリーナーで洗浄後に吹きかけてみた。
通常のLSベルハンマーは熱処理が必要で摩擦熱で加熱された後に冷えた時に被膜が形成されるらしい。
ところがLSベルハンマーゴールドは高濃度で熱処理無くても浸透して反応するとか言ってます。
まぁ本当かは知らないけど、椅子のローラーなんかベアリングにグリスが入っているわけで、発熱なんかほとんどないはずなのに危険なレベルでコロコロになった事から常温でも効果が出るのでしょう。

そのままホロのアルミステーに付けて翌日走ってみると本当にキシミ音は出なかった。
以前にキシミ音が出たので養生テープでテーピングして消した訳で、今回は養生テープを剥がしたので普通ならば音が出るはず。
それが出ないのでLSベルハンマーは確かに効果が有るという事。
どれくらいの耐久性があるのか興味が有るのでこのまま様子を見ることします。

そうそう、まだ先ですが次回のオイル交換ではこれを使ってみようと思います。
Kimg0072 【ベルハンマーライト】

ベルハンマー7より軽自動車用に特化した成分配合になっているらしい。
ベルハンマー7と同様で明確にモリブデン配合って書いてあったので結果が楽しみです。
でも多分ベルハンマーの説明でベルハンマーは氷の上を引っ張る感じ、モリブデンはコロを敷いて引く感じと説明されてたんだけどね。
金属表面に定着した添加剤の耐久性はモリブデンの方が長いらしくそれで両方を配合しているって感じだったと思います。
モリブデンの有無で体感できる差が出るのか楽しみですね。

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »