楽天

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月25日 (日)

S660:GruppeM ラムエアーシステム導入

大がかりなチューニングパーツとしてはこれが最後になると思いますが・・・・・
細かい購入の経緯含めて取り付けや結果の話はだいぶ先にYoutubeでアップすると思うのでこちらではあえてサラッと。
 
Kimg0091 【ポチッた!】

運よく値段も定価よりも大幅に安く入手できました。

取付に関しては、カーボンケースの取り付けビスが上手く止まらないとのレビューが有ります。
既存の穴に固定する訳ではなく既存のステーに新たにステーを追加する方式でさらに調整が必要となっています。
この調整が上手くできないとうまくボルトが入りません。
さらに取説画像の位置を頼りに取り付けると合いません。(笑)
ここは現物合わせてカット&トライ!
1時間くらい微調整したかな、他にもいろいろな要因が有って位置が上手く決まりません。
持っている人ならわかるけど、カーボンケースが下方向に長く伸びて下にあるメインフレーム辺りまで届きます。
エンジンマウントに当たってそこのアーシングポイントにも干渉するし、そのあたりのかわし方を確立しないとボルト穴が安定しません。
これらを上手く処理してなんとか楽にボルト止めが出来る位置に調整が完了しました。

Kimg0094 【結構な存在感】

さて走行レビューもあえてサラッと。

知っていはいましたが、やはり尋常ではない吸気音とブローオフバルブの音。
右耳元(運転席側サイドウインド直後の吸気口)でヴェーダー卿に覗き込まれているかの様です。
『クヲォォォォ・・・・・パシューッ!』みたいな。
音量は滅茶苦茶大音量でブローオフ音は多分前後含め周辺の車両に届いていると思います。
後ろの車両は今まで以上に車間を取っているように感じます。

パワー感はマフラーとの相性もありますが、低速トルク減少はほぼ感じられず。
4~6000rpmの回転が滑らかになったように感じられよりドッカンターボ感が増えました。
取付前はウインド後ろのサイドダクトから停車時は熱気が来ましたが、手を突っ込んでも熱気が感じられないので遮熱は効いていると思います。
メーカーカタログのシャーシーダイナモグラフデータでパワーアップしているのは毒キノコの吸気向上と熱害がなくなったからだと思っています。
大体シャーシーダイナモで大型扇風機であおった位ではラム圧はかからないと言われています。
また一般公道程度では影響ないともいわれています。
念のためにOBD2の最大過給圧を確認すると・・・・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

Kimg0097 【0.02ほど上がってる】

このラムエアーシステム、マジ物だっ!

2021年7月18日 (日)

戯言:車関連の商品をポチッた話 2021 07/18

ノートが納車されてエアロの高額出費が続きましたが、合間に少し仕入れました。

まずは、跳ね上げ式シニアグラス 2.0 度数。
Sany0002mp4_000112178 【格安跳ね上げ式シニアグラス】

なんでシニアグラスが車関連かというと車両整備用として購入しているからです。
いままで同様な物を持っていましたが、耳掛け部分が劣化したのとオイル交換で潜ると視点が鼻先となるので度数を1.5から2.0へ上げました。
ちゃんとメガネ屋で測ってもらって作った物もありますが、作業用に必要なので買いました。
作業では廃油やグリスの付いた手でレンズを触ったりするので2000円未満で買える物が気兼ねなく使えて便利です。
また跳ね上げ式なのは遠近両用は使いにくく近距離用だと都度外すのが面倒で外した物の置き場所にも困ります。
作業では跳ね上げが一番便利です。


次は定番の、カストロール ガラス系コーティング剤 コーティングPROを2個。
Sany0002mp4_000339055 【簡易ガラスコーティング】
 
先日ノートに使ったら結構スッカラカンになってしまったので安い時にまとめ買いしました。
値段は多少高めですが、ポリカのヘッドライトレンズや未塗装樹脂にも使えるので便利です。
また撥水力が無くなったからガラスコーティング層がなくなったわけではなく、ウォータースポットをガラス層で受け止めてリンレイ水垢スポットクリーナーで一気に落として再コーティングという運用に便利なので使っています。
S660だけなら使用量が少ないのでそれなりに持ちますしね。
緊急事態は雨の中でも施工できるという無茶ぶりが効くので何かと便利です。


そしてこれはノートの部品ですが、グローブボックスダンパー。
Sany0002mp4_000890089 【社外品グローブボックスダンパー】

簡単に言うと車検証を入れてある蓋がバタンと開いてしまうのをソフトオープンにするダンパーです。
社外品なのですが、車両側にいかにも取り付け可能なステーが出ていてそれに差し込むだけです。
最初取り付けようとして端の小さいボックスの中へ落としてしまって取れずに大慌て。
グローブボックスを外さないとダメかと思いましたが、明るいところで低いところから覗いてい見ると裏から手が回せました。
仕切り直して再挑戦で何とか取り付け完了しました。
サードパーティー製ですがちゃんと付いています。
ディーラーで点検の時に整備士さんが『おっ!』って思うかもしれませんね。


さて最後になりますが、SK11 ロングスピンナーハンドル 差込角12.7 全長505mm。
Sany0002mp4_000770903 【約50cmのロングレンチ】

オイル交換の時に車体下へ潜りますが、場所も狭くドレインボルトを回すのにラチェットの30cm程度の物では力が入りません。
止むを得ずトルクレンチで緩めていましたが、あまり良くないので以前よりロングスピンナーハンドルを欲しいと思っていました。
ホームセンター等で見ると一万円近くしているのであきらめていましたが、密林で1100円だったのでポチリました。
使用頻度は少ないと思いますが、あればいろいろと便利です。

2021年7月11日 (日)

戯言:突然左耳が難聴になった話 2021 07/11

私の年齢で突然難聴というと脳梗塞って思われると思いますが違います。
病気というより方向的には怪我の方が近いでしょうか?
カッター使っていて手が滑って自分の指を切っちゃった的な奴です。
ぶっちゃけ、耳垢栓塞ってやつです。

諸悪の根源はこいつに有ります。
Kimg0089 【耳かき付き綿棒】

風呂上がりになんとなく綿棒を使っていましたが、こいつの後ろ側は耳かきになっています。
これが円盤形になっていて掻き出す様に使えるのですが、直径が少し大きいです。
そちらを使ったら耳垢を押してしまって、『ヤバッ!』て思った時は遅かった。
にっちもさっちもどうにもならない状態でした。
普通の綿棒や耳かきでは取り出す事が出来ず、あまり追い込むとさらに取り返しのつかない事態になりそうなので断念。
いずれ緩んで出てくるかと思ったのですが一向に改善されず、最終的には40年ぶり位に耳鼻科へ行きました。

とにかく左耳の聴力がガタ落ちで、片耳がダメなのでまさしく音量が半減で会社で話しかけられても聞こえない。
さらに驚いたのが音の識別が困難になる。
何と説明したらよいのか。
自分の車(S660)はエンジン音やメカノイズを楽しむ車なので結構な音が車内に入ってきます。
この状態で音楽を聴いている訳ですが、通常時と同じ音量で音楽を流しても聞こえないのです。
片耳が聞こえなくなってもエンジン音と音楽の音量は相対的に下がるはずなので今まで聞こえていた音量なら聞こえるはずなのですが、音楽が全然聴きとれませんでした。
さらにとんでもない事が起こります。
車を降りた後に、聞こえない左耳側で今まで走ってきた車内の騒音レベルで耳鳴りが15~30分継続します。
家に入って周りが静かな状態で左耳の中でガンガン耳鳴りが聞こえるわけです。
ハッキリ言ってこれは結構な拷問です。
こんな状態なので流石に耳鼻科へ行って取ってもらいました。

それにしても耳の奥にピンセットを突っ込まれて、普段刺激を受けない部分を突かれる訳なので結構チクリと来ます。
取ってもらうとその場で音はクリアになりましたが、その日のうちは時々耳の奥の方で痛みが有りました。
外耳炎とかになってしまわないかと心配しましたが、翌日には痛みが消えて正常になりました。

耳垢栓塞になった時に、あまり追い込むと鼓膜に穴をあけてしまったりすると大事だと思ったので鬱陶しいとは思いましたがなるべく余計な事をしなかったのは正解でした。
出来ればもっと早く耳鼻科へ行っておけば余計なストレスは無かったのですが、仕事のスケジュール等も有ったので致し方ない。

という事でやらかしてしまった場合は諦めて耳鼻科へ行って取ってもらうのが一番被害が少ないと思います。
今回は自爆でしたが、難聴になるとどうなるかよくわかりました。
インナーイヤフォンで大音量で聞く様な事が無い様に今まで以上に注意しようと思いました。

2021年7月 4日 (日)

S660:ホイール内リムに最適な掃除用具発見!

S660のModulo製アルミホイールの内リム清掃に最適な道具を見つけました。
ディッシュタイプなら気にならないのですが、スポーク系は内リムが見えるので気になってしまいます。

今までいろいろな物を使ってきましたが、長い赤黒ブラシタイプが今までで一番良かったのです。
Dsc_0799_20210702091801 【赤黒ブラシ】
ブレーキキャリパーとの隙間も気にせず洗えるのが良かったですね。
しかし、手前はきれいになっても一番奥側の部分一帯が思ったほどきれいになりませんでした。
これは針金の強度が弱くたわむので奥の部分に力が入らないのが原因です。

百均などに出かけた時に良さそうなブラシを探していて、時々買ってみて使ってみてを繰り返していました。
そのうちにやっと当たりを見つけました。
ただスポンジはもろいので少し使っているとボロボロになってしまうので強度の有る物に交換します。
とりあえず使ってみてよかったのはこれです。
Kimg0085 【内リム洗いに最適】

既にスポンジがボロボロですがそれは使い込んだ結果、一緒に写っているスポンジに交換します。
とにかく初期にセットされているスポンジはメラミンスポンジ並みに柔らかくすぐに切れてしまいました。
それでも奥の部分にピンポイントで力を加えられるのできれいになります。
強引に押し込めばキャリパーの隙間も入りますが、スポンジがボロボロになるのでここだけは赤黒ブラシを使います。
キャリパーの隙間を支柱部分が通過できるので、キャリパーの真後ろのリムも奇麗に洗えます。

今回はボロボロになったスポンジを交換します。
先ほど写っていたスポンジは同じく百均で売っている5~6個セット100円での台所用スポンジです。
幸いこのブラシはスポンジ部分が脱着可能になっているので交換してしまいます。
先端がはめ込み式で二つに裂ける構造になっています。
Kimg0086 【スポンジを先端に挟む】

まずはその先端を二つに分けてスポンジを挟み込んで画像の様に固定します。
飛び出した部分を支柱に巻き付ける様にクルリと巻きます。
Kimg0087 【タイラップで固定】

中央部分をタイラップで固定します。
この時、固定部分ギリギリのところで余った部分をカットする事が注意点です。
固定部分より少しでも出ていると引っかかる感じで塗装に傷が付く可能性が有りますのでしっかりとカットします。

今回のスポンジは台所用でネット付きなので標準で付いていた物よりもかなり丈夫になりました。
これでより一層気兼ねなく使う事が出来ます。

そうそう、ホイール洗いに一番良い洗剤も見つけました。
それは鉄粉取り用の洗剤がパットの削りカスなどが良く落ちる為、ホイールの内リムを洗うのには最適です。
今週は雨が多く内リムも汚くなってしまったので、雨がひと段落したらまたしっかりと掃除しようと思います。

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »