楽天

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ラジコン関連

その他

無料ブログはココログ

2021年10月10日 (日)

ノート e-POWER :ドラレコ(XTU T3)が不具合発生

ノートに取り付けたドラレコが突然不良になりました。
ある時急に再起動を繰り返すようになりついには起動しなくなりました。
どうもマグネットスタンドと本体を手で押さえていると調子が良い様で、本体が悪い感じでは無いのでスタンドとの接触不良だと判断しました。
アマゾンのレビューを見ると同様なコメントが散見される状況となっていました。

マグネットスタンドの端子を接点復活剤で掃除をしても改善しないので、目を凝らしてスタンドの端子を見てみると・・・・
どうも四角形に配置されている端子4本のうち手前側(車両後方側)の2ピンが前側よりわずかに引っ込んでいる様に見えました。
撮影した写真をメールに貼ってサポートにスタンドが不良なので送ってくれる様に依頼すると、中国発送なので時間はかかるが発送しますと連絡がありました。

端子を周辺をみると精密ドライバーのネジが2本あるので分解して場合によっては修理可能と思われましたが良品が来るまで待つ事にしました。
手でつまんでいると動作する事はわかっていましたので、良品のマグネットスタンドが届くまではタイラップで縛り上げる事にしました。
Kimg0111 【ドラレコを縛る】

御覧の様にドラレコをタイラップでスタンドの端子毎縛ると通常通りに動作しました。

結局3週間目直前にアマゾンからスタンドが出荷されました。(中国からじゃないんかい。(笑))
届いたスタンドを取り替えてドラレコは問題なく動作するようになりました。

これでドラレコの不具合は改善されたので、万が一にも不良のスタンドを壊してしまっても問題ありません。
という事で精密ドライバーで端子部分を分解しました。

まず注意すべきは内蔵されているマグネットがネオジなので超強力で、分解した時点で張り付いてしまいます。
形状はまるでLR44みたいなボタン電池型でくびれ側が外側につく様になるのですが、左右で極性が違います。
本体を逆接しない為の対策だと思いますが、組み付ける時にしっかりと確認する必要が有ります。

さて問題の端子ですが・・・・
Kimg0126 【スタンド分解】

問題の端子は個別もしくは前後2分割でスプリング的な物が弱って引っ込んでしまったと予想していましたが、なんと4本が1個の本体から出ている部品でした。
その部品が一回り大きな基盤にはんだ付けされて、配線が基盤に繋がっていました。
この状態で4本とも高さは同一で問題ありません。
この状況から、コネクター部のケース内で基盤の位置を決める爪の様な物が有りますが、それから基盤がずれて手前の端子が引っ込んでしまったと判断しました。
正規の位置にセットして組み直すと高さは元通りに治りました。

組み付け時にマグネットがお互いに貼り付いてしまうので工夫が必要です。
前述の通りに同形状ですが極性があるのでそれに注意して最初は一方だけセットして、カバーを斜めにはめ込む様にしてから残りの1個を滑り込ます様にすると取り付ける事が出来ました。
これで問題なく使えそうだったのですが、現在使用中の物が不調になった際にはそのまま分解して中の端子の基盤を瞬間接着剤で土台の爪に動かない様に接着してからカバーを戻す事で問題なく修理可能で再発防止にもなると思います。

2021年9月19日 (日)

戯言:カーポートが欲しいかも 2021 09/19

以前より何度かカーポートが欲しいなぁ~とは思っていました。
しかしうちの駐車スペースは若干変形しているとか価格的な問題が有り実現していませんでした。

うちのカミさんは今までずっと軽自動車が自分の車だったのですが、今回ソコソコの金額の普通車になりました。
自宅駐車位置の真上に電線の引込が有り、そこに鳥が良く留まっているので鳥糞が付いている事が多々あります。
他にもワックス掛けたばかりで雨が降って水垢など色々とありまして、やっぱりチョット気になっているみたいです。
そこでカーポートがとか言い出しました。

これはチャンスと思い色々なカーポートを見てみるが・・・・・条件が難しい。
どうせなら2台分のカーポートが欲しい訳です。
駐車スペースはギリギリなので支柱の位置の問題があります。
駐車枠目いっぱい使いたいので、駐車枠寸法の最大サイズの屋根サイズが必要です。
そうなると変形して斜めの部分を切り詰める必要があります。
一般的な既製品で横幅の切り詰めが出来る物は明確に説明されていません。
恐らく全長は切り詰められるけど横幅はほぼ無理なんじゃないかと。

どうせなら屋根をバルコニーに出来るとなんて無茶な事を言い出した。(大汗)
有るには有る・・・・三協アルミのグランフローア!
以前は何種類か有ったみたいだけど、価格がそれなりになるので需要からも現在はこの1つしか販売されていません。
2台用で値引きと施工代、バルコニーに出る為に家側のリホーム。
少なく見積もっても300万円超えて来るでしょう。
それに絶対に横幅斜めに切り詰めとか無理だし。
どう考えても絶対に無理!(笑)

鉄骨で作るフルオーダーだと100万円コースだし。
アルミ枠で波トタン使った奴とかだと敷地に合わせて切り詰め出来そうだけど。
セメント砕いて足埋め込んでなんて事をしないなら、アルミ枠を適当に組み替えて切り貼りなんて自分でアレンジ出来るけど。
現実的にはやはり無理だよなぁ~。

2021年9月12日 (日)

S660:やっぱりタイヤヤバいかも

約3万Kmチョイの24ヵ月点検で後輪の左だけ極端に減っている事を指摘された事は書いたと思いました。
その日のうちにタイヤ屋へ連絡して裏組と言われる様ですが、後輪の左右を組み直して入れ替えました。
せめてもう少し早く指摘されていればと思う所ですが、半年点検は出してないので致し方ない。

それから4か月程度たちましたが、入れ替えた右タイヤの方がやはり持ちそうもありません。
後輪左や前輪はまだまだ山は有りそうな感じですが、右後輪はそろそろセンター部のスリップサインが出そうです。
これは裏組代金4400円だったかな・・・・無駄になったかも。

某所の書き込みで純正タイヤはサーキット走らなくても1万Kmでズルズルでなんて言っている人が居ましたが、そんな事はありません。
現在でも雨でも全く問題ありません。
どんな走り方してんねんって言ってやりたいです。
前輪のタイヤはやっぱり5万kmギリギリ持ちそうな雰囲気です。
普通考えるとせめて左右一度に交換というのが常識ですが、山のある方はいくら何でも早すぎると思います。
やはり1本だけ交換しようかなぁ~。
バランスとか製造年月日とか気にする人には指摘されそうだけど。
私は製造年月日は気にしない人なので・・・・・・
だってさ、物が選べるわけでもないし、店先に並んでいる物から選べるのなら別だけど組んでしまった後で何言ったてしょうがない。
だったら別に見なければ気にならない。(笑)

遅くとも来月末までには交換しなくては。。。。。1個変えるていくらだろ。

っと言う事で、色々と調べたりししてきました。
先ずフロントタイヤは、残り溝5mmでした。
まだまだいけいそうですね。

そして、減っている右側。
Kimg0112 残り2mm、そろそろスリップサインが接地し始めている。

手触りだとまだいけそうだと思われた左側。
Kimg0113 残り3mm、意外と 減ってた。

その差1mmなら一緒に交換した方が良さそうと思いタイヤ屋さんで見積もりして来ました。
その店は近隣のリアル店舗では一番安いハズな所。
タイヤの銘柄を聞かれて、リア2本のみなので漢のNEOVA一択でお願いしました。(笑)
195/45R16のNEOVAを2本、工賃及び税込みでなんと66000円成り!
マジ目玉飛び出ました。(笑)
たけーって思うかもしれないけど、アマゾンでも同タイヤ1本が28800円だからリアル店舗で工賃込みの1本あたり4200円の差ならかなり安い方だと思います。
っと言う事で、来週の予約で発注して来ました。

2021年8月29日 (日)

S660:価格高騰に関して何を思う。

一時期より価格低下気味だとは思いますが、相変わらず高値が続いていますね。
現オーナーとしては高い分には万々歳ですが、頑なに高値を維持させようという意思が感じられる様に思います。
といいますのは、中古車高額過ぎて全然売れてないですよね。
在庫は暴騰前位の数量になっているように思われますが全く下がりませんし、高額プライスだった個体が軒並みASK表示になっています。
これからドンドン新車が納車されて入れ替えの車両が出てきて絶対に在庫がダブつくと思うのですが、Youtubeに高値の買い取り金額で動画上げている所もありますが大丈夫かと思ってしまいます。
そういえば2021/08/01ですが、走行距離6万km弱のαが200万円で売却出来たと言う動画がアップされていました。
1年後に低走行のαを200万円位で購入って有りだと思います。
そういえばヴァージョンZの低走行車がチョロチョロと出ていますが、やはり投機目的で購入した人が結構いるみたいですね。

でも購入価格は350万円は行くでしょうから、450万円で売りに出ていたとしても買い取りはせいぜい400万円位ですよね。
発表直後から1~2週間の受付終了までの間に短期的にここまで上がる事は予想しにくいでしょうから、ハイリスクの割にはローリターンではないでしょうか?

現状の転売目的の購入や買い占め行為の一部の会社に文句を言う人が居ますが資本主義なのですからお門違いだと思っています。
まぁ、チケット類は違法ですし生活必需品(トイレットペーパー等)や主食(米)、医療関連品(去年のマスク等)などは倫理的に問題が有ると思いますが、嗜好品は無くて死ぬ様な物ではありませんし別に転売吊り上げはそれもビジネスですし良いんじゃないですかね。
ヤフオクなどでは転売お断りとか有りますがあれも変ですよね、購入者にその後の用途を制限するとか『何様?』とか思います。
転売されたくなければ転売してもろくに利益が出ない金額で出せば良いわけで、当然3ヵ月でも6ヵ月でも在庫を抱えればよいだけです。
短期で売りたいから落札されやすい金額で出すわけで、たとえ転売者に落札されたとしてもそれはその時点での最高金額で落札してもらったわけです。
これぞまさにWin-Winの関係で何処にも文句を言う所なんて無いはずです。
転売者はさらに高値で出す代わりに長期在庫というリスクを抱える訳で、転売といってもノーリスクの右から左で利益を出している訳ではありません。
それを上っ面だけ見て悔しがるのは浅はかだと思います。

転売や買い占めが有るとよく聞かれる文言で『それでは本当に欲しい人の手に入らない。』って言うのを聞く事が有ります。
何をもって本当に欲しいと判断しているのか発言者に聞いてみたいものです。
例えばS660ヴァージョンZの中古車を350万円(新車相当金額)で欲しい人と500万円でも出して良い人ではどちらの方が欲しいという気持ちが大きいでしょう。
当然500万円でも購入したい人の方がより本当に欲しい人ですよね。
本気で欲しい人は金額とか関係ないでしょう、予算が届かないならより購入意欲の大きな人に商品が回るだけで正に本当に欲しい人が手に入れる事になるわけです。
また今回、短期ではありますが実際にヴァージョンZを購入されている方が居る訳で、その様な方達は情報が入ったらすぐに動いた訳です。
本当に欲しいから即行動に移したんですよね。
まさかそんなに早くオーダー終了になるとは思わなかったってのは言い訳です。
まぁ、私もあそこまで早いとは予想していませんでしたが。(笑)
どんな理由が有ったにせよ、出遅れたって事は購入出来た方々より欲する気持ちが弱かったって事で『本当に欲しい人の手に入らない。』なんて口が裂けても言えないはずですね。

2021年8月15日 (日)

YZF-R15:そろそろ各種液体の交換を考えねば。

私のバイクは年式から考えて購入からそろそろ8年くらいかな?
正確には確認してないけど・・・・・

以前より気になっているが、エンジンオイルとエレメントとプラグ、エアクリーナーしか交換したことが無い。(笑)
車ならブレーキフルードは車検毎に交換だし、クーラントも通常の物なら車検毎の交換です。
走行距離は4000km台だったかな、まぁ少なめだけど年数を考えると交換しておかないとまずいかなと考えています。

ガソリンも継ぎ足し給油しているけどほとんど減らずに錆びない様に満タンに近い状態になっています。
これも一度あらかた出して新しいのを満タンに入れておきたいと考えています。
とりあえず湿度の多い夏場(静電気対策)に手動ポンプでS660に給油してタンクを空に近い状態にしてバイクを給油しに行こうかな。

ブレーキフルードは本来ディスクブレーキは車検毎に分解清掃と合わせてやる場合が多いからやっておけば安心。
まぁこれも走行距離が短いから汚れやパットの減りは少ないけど、ブレーキフルードは水分を吸って劣化するからね。
そういう意味では空気が乾燥してくる秋以降にはやりたいと思っています。

オイル交換は数百キロ毎(といっても年単位になっているけど(笑))に化学合成油入れているから問題ないと思います。

あと問題はクーラント。
毒性があるからやたらに流せないらしいけど、30年くらい前に結構な量を垂れ流した覚えが・・・・・(大汗)
なんといってもあのラジエターキャップの所に付けるエア抜き用の漏斗が無いからエア抜きが面倒で。
サーモが有るから完全にエンジンに回っているかわからないしね。
車の場合は電動ファンが2回回るのが目安というけど、電動ファン回っているのを見たことないけど。
やるとなると夏だよね、多分今年はバタバタだから来年の夏には変えたいかな。
ちなみに交換するクーラントは10年耐久のスーパーLLCにしようと思っています。

2021年7月25日 (日)

S660:GruppeM ラムエアーシステム導入

大がかりなチューニングパーツとしてはこれが最後になると思いますが・・・・・
細かい購入の経緯含めて取り付けや結果の話はだいぶ先にYoutubeでアップすると思うのでこちらではあえてサラッと。
 
Kimg0091 【ポチッた!】

運よく値段も定価よりも大幅に安く入手できました。

取付に関しては、カーボンケースの取り付けビスが上手く止まらないとのレビューが有ります。
既存の穴に固定する訳ではなく既存のステーに新たにステーを追加する方式でさらに調整が必要となっています。
この調整が上手くできないとうまくボルトが入りません。
さらに取説画像の位置を頼りに取り付けると合いません。(笑)
ここは現物合わせてカット&トライ!
1時間くらい微調整したかな、他にもいろいろな要因が有って位置が上手く決まりません。
持っている人ならわかるけど、カーボンケースが下方向に長く伸びて下にあるメインフレーム辺りまで届きます。
エンジンマウントに当たってそこのアーシングポイントにも干渉するし、そのあたりのかわし方を確立しないとボルト穴が安定しません。
これらを上手く処理してなんとか楽にボルト止めが出来る位置に調整が完了しました。

Kimg0094 【結構な存在感】

さて走行レビューもあえてサラッと。

知っていはいましたが、やはり尋常ではない吸気音とブローオフバルブの音。
右耳元(運転席側サイドウインド直後の吸気口)でヴェーダー卿に覗き込まれているかの様です。
『クヲォォォォ・・・・・パシューッ!』みたいな。
音量は滅茶苦茶大音量でブローオフ音は多分前後含め周辺の車両に届いていると思います。
後ろの車両は今まで以上に車間を取っているように感じます。

パワー感はマフラーとの相性もありますが、低速トルク減少はほぼ感じられず。
4~6000rpmの回転が滑らかになったように感じられよりドッカンターボ感が増えました。
取付前はウインド後ろのサイドダクトから停車時は熱気が来ましたが、手を突っ込んでも熱気が感じられないので遮熱は効いていると思います。
メーカーカタログのシャーシーダイナモグラフデータでパワーアップしているのは毒キノコの吸気向上と熱害がなくなったからだと思っています。
大体シャーシーダイナモで大型扇風機であおった位ではラム圧はかからないと言われています。
また一般公道程度では影響ないともいわれています。
念のためにOBD2の最大過給圧を確認すると・・・・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

Kimg0097 【0.02ほど上がってる】

このラムエアーシステム、マジ物だっ!

2021年7月18日 (日)

戯言:車関連の商品をポチッた話 2021 07/18

ノートが納車されてエアロの高額出費が続きましたが、合間に少し仕入れました。

まずは、跳ね上げ式シニアグラス 2.0 度数。
Sany0002mp4_000112178 【格安跳ね上げ式シニアグラス】

なんでシニアグラスが車関連かというと車両整備用として購入しているからです。
いままで同様な物を持っていましたが、耳掛け部分が劣化したのとオイル交換で潜ると視点が鼻先となるので度数を1.5から2.0へ上げました。
ちゃんとメガネ屋で測ってもらって作った物もありますが、作業用に必要なので買いました。
作業では廃油やグリスの付いた手でレンズを触ったりするので2000円未満で買える物が気兼ねなく使えて便利です。
また跳ね上げ式なのは遠近両用は使いにくく近距離用だと都度外すのが面倒で外した物の置き場所にも困ります。
作業では跳ね上げが一番便利です。


次は定番の、カストロール ガラス系コーティング剤 コーティングPROを2個。
Sany0002mp4_000339055 【簡易ガラスコーティング】
 
先日ノートに使ったら結構スッカラカンになってしまったので安い時にまとめ買いしました。
値段は多少高めですが、ポリカのヘッドライトレンズや未塗装樹脂にも使えるので便利です。
また撥水力が無くなったからガラスコーティング層がなくなったわけではなく、ウォータースポットをガラス層で受け止めてリンレイ水垢スポットクリーナーで一気に落として再コーティングという運用に便利なので使っています。
S660だけなら使用量が少ないのでそれなりに持ちますしね。
緊急事態は雨の中でも施工できるという無茶ぶりが効くので何かと便利です。


そしてこれはノートの部品ですが、グローブボックスダンパー。
Sany0002mp4_000890089 【社外品グローブボックスダンパー】

簡単に言うと車検証を入れてある蓋がバタンと開いてしまうのをソフトオープンにするダンパーです。
社外品なのですが、車両側にいかにも取り付け可能なステーが出ていてそれに差し込むだけです。
最初取り付けようとして端の小さいボックスの中へ落としてしまって取れずに大慌て。
グローブボックスを外さないとダメかと思いましたが、明るいところで低いところから覗いてい見ると裏から手が回せました。
仕切り直して再挑戦で何とか取り付け完了しました。
サードパーティー製ですがちゃんと付いています。
ディーラーで点検の時に整備士さんが『おっ!』って思うかもしれませんね。


さて最後になりますが、SK11 ロングスピンナーハンドル 差込角12.7 全長505mm。
Sany0002mp4_000770903 【約50cmのロングレンチ】

オイル交換の時に車体下へ潜りますが、場所も狭くドレインボルトを回すのにラチェットの30cm程度の物では力が入りません。
止むを得ずトルクレンチで緩めていましたが、あまり良くないので以前よりロングスピンナーハンドルを欲しいと思っていました。
ホームセンター等で見ると一万円近くしているのであきらめていましたが、密林で1100円だったのでポチリました。
使用頻度は少ないと思いますが、あればいろいろと便利です。

2021年7月 4日 (日)

S660:ホイール内リムに最適な掃除用具発見!

S660のModulo製アルミホイールの内リム清掃に最適な道具を見つけました。
ディッシュタイプなら気にならないのですが、スポーク系は内リムが見えるので気になってしまいます。

今までいろいろな物を使ってきましたが、長い赤黒ブラシタイプが今までで一番良かったのです。
Dsc_0799_20210702091801 【赤黒ブラシ】
ブレーキキャリパーとの隙間も気にせず洗えるのが良かったですね。
しかし、手前はきれいになっても一番奥側の部分一帯が思ったほどきれいになりませんでした。
これは針金の強度が弱くたわむので奥の部分に力が入らないのが原因です。

百均などに出かけた時に良さそうなブラシを探していて、時々買ってみて使ってみてを繰り返していました。
そのうちにやっと当たりを見つけました。
ただスポンジはもろいので少し使っているとボロボロになってしまうので強度の有る物に交換します。
とりあえず使ってみてよかったのはこれです。
Kimg0085 【内リム洗いに最適】

既にスポンジがボロボロですがそれは使い込んだ結果、一緒に写っているスポンジに交換します。
とにかく初期にセットされているスポンジはメラミンスポンジ並みに柔らかくすぐに切れてしまいました。
それでも奥の部分にピンポイントで力を加えられるのできれいになります。
強引に押し込めばキャリパーの隙間も入りますが、スポンジがボロボロになるのでここだけは赤黒ブラシを使います。
キャリパーの隙間を支柱部分が通過できるので、キャリパーの真後ろのリムも奇麗に洗えます。

今回はボロボロになったスポンジを交換します。
先ほど写っていたスポンジは同じく百均で売っている5~6個セット100円での台所用スポンジです。
幸いこのブラシはスポンジ部分が脱着可能になっているので交換してしまいます。
先端がはめ込み式で二つに裂ける構造になっています。
Kimg0086 【スポンジを先端に挟む】

まずはその先端を二つに分けてスポンジを挟み込んで画像の様に固定します。
飛び出した部分を支柱に巻き付ける様にクルリと巻きます。
Kimg0087 【タイラップで固定】

中央部分をタイラップで固定します。
この時、固定部分ギリギリのところで余った部分をカットする事が注意点です。
固定部分より少しでも出ていると引っかかる感じで塗装に傷が付く可能性が有りますのでしっかりとカットします。

今回のスポンジは台所用でネット付きなので標準で付いていた物よりもかなり丈夫になりました。
これでより一層気兼ねなく使う事が出来ます。

そうそう、ホイール洗いに一番良い洗剤も見つけました。
それは鉄粉取り用の洗剤がパットの削りカスなどが良く落ちる為、ホイールの内リムを洗うのには最適です。
今週は雨が多く内リムも汚くなってしまったので、雨がひと段落したらまたしっかりと掃除しようと思います。

2021年6月20日 (日)

ノート e-POWER :納車後1ヵ月点検とオーラ発表

1ヵ月点検となりましたのでディーラーへ出してきました。
もちろん不都合は発生していません。
走行距離はわずかに400km弱、エンジン単体で言うと200km分も動いていないと思います。
頻繁にエンジンが起動停止を繰り返すのでいわゆるシビアコンディション扱いとなるわけで。
これでもオイル交換とエレメント交換となります。
まぁ、5年分のメンテナンスパックに入っているので交換の有無に関係なく費用は変わりません。

今回は追加作業等してサイドシルフィニッシャーを取付込みでお願いしてありました。
これはフロントバンパーフィニシャーを自分で取り付けたら意外と好評でサイドも欲しいと言われた為です。
サイドは鋼板に穴あけとなるので取付込みで依頼しました。(ところが実作業では穴あけ不要で簡単だったとか・・・・)
小ぶりなのでどうかなと思ったのですが、フロントサイドからの統一感があって予想以上に良い感じでした。
オーテックより大きいので主張が強く、オーテックよりおしゃれじゃないかと思いました。

Kimg0079 それしても結構な出費になったなぁ~。

E13型ノートの選定は細部まで深くは考えていなかったのですが、結果的に良い判断だった様です。
ネットでも女性に思いのほか好評な様です。
特にワンペダルが街中では信号の時しかブレーキを踏まなくて良いから楽だと言ってます。
前方視界も良く運転が楽、モーターが思いのほか凄く力が有って滑らかで静かと大変気に入っている様です。
そりゃぁ~3000ccNA並みのトルクと言われますしそれがコンパクトクラスに乗っているわけですから不満が有るわけない。
特に信号待ちからの発進でその強大なトルクと有り得ないほどの滑らかさで動き始める感覚はかなり異質と感じます。

まぁぶっちゃけ自分が運転するとワンペダルやっぱり少し違和感あるかな。
ゆっくり放すと弱い減速でブレーキランプは点灯せず、スパッと放すと強い減速でブレーキランプが点灯する、この放し方次第で減速具合がリニアに変化します。
例えば左折への徐行で交差点手前で放すが曲がるタイミングでの速度がやや早そうなのでブレーキを踏もうと思うとそのタイミングで回生が強く効き始めるので想定より減速しすぎるなんて事に何度もなっています。
この様なタイミングがなかなか読み切れない為に違和感を感じているのが正直なところです。

こんな不都合に感じる部分は有りますが、シャシー剛性が高いのはハッキリ分かりますし、上級車並みの静粛性は感動物です。
センターアームレストも幅広く高級感が有ってゆったりしています。
ハンドル握りながら両肘を左右のアームレストに乗せてゆったり運転できるので大変楽です。
思ったのはプロパイロットは一般道でも使えますが、ステアリングアシストはその時は切った方が良いと思いました。
高速道路と違い一般道ではセンターの制度が低いので常に左右になだらかに動いている、悪い言い方をすれば波長の長いオラオラ運転みたいな感触が有ります。
だから一般道で使うならアダプティブクルーズコントロールのみ有効として運用した方が良さそうです。

さて、ノートの上級機種のノート・オーラーが発表になりました。
昔は馬力が大きいだけで損をした気分になった物ですが、最近は部必要で使い切れない余剰馬力が有るなら燃費の方に振られた方が良いと思うようになりました。
ですので今回は馬力が上がっていますが、残念感は全くありません。
あくまで動画のイメージからですが、デザイン的な事を言うとグリルはオーラの方が好みかな。
ヘッドライトはどちらかといえば切れ長なオーラの方が格好良いかと思いますがLEDならノートの感じでも十分可と感じました。
むしろ現状のノートのデザインにはオーラの切れ長よりも若干高さのある現状のデザインの方が有っていると思います。
その他のデザインはノートの方がスッキリしていて好みに感じました。
フロントバンパー左右の下寄りのデザインとか結構無理やり感を感じました。
例えばGRヤリスって後ろから見るとノーマルと比較して結構空冷ポルシェかと思う位に不自然なデッチリ感があるじゃないですか。
あんな無理やり感をフロントリアともに感じました。
っとここまでは動画のイメージから先行して感想を書いたのですが・・・・・
1ヵ月点検終了後に車を取りに行くと、なんとガンメタのオーラの実車がディーラーに置いて有りました。
9月から販売開始と聞いていたのでビックリですが、試乗車だけは先行で用意した様です。
で、実車を見たらフェンダーのデザインとか悪くないですね、やっぱり動画とイメージが違いました。
もしも自分の車として購入するのならオーラでも良かったですね。
今回はカミさん用ですからノーマルのノートで後悔は有りません。

ただタイヤが205/50R17履いているとの情報が入ったのは収穫で、ノートのインチアップでは205/45R17を指定しているサイトが多くて気になっていましたが50扁平の方が良さそうだと分かりました。
しかしながら純正は185に5.5Jを履かせていてふつうこのサイズなら6Jだと思うんですよね。
205でも6.5Jあたり、下手をすると6Jに履かせているとか言わないですよね、まぁいずれデータが出るとは思いますが。
うちにあるのは7Jなのでフロントはツライチとは言えない位はみ出るかなぁ~。
リアはおそらく入りそうなのですが、現実的には内側への干渉も気になる所。
インチアップはちょっと厳しいかなと感じています。

2021年6月 6日 (日)

S660:ホロのキシミ音対策でテーピング以外の方法を試行

YouTube動画でホロのキシミ音はテーピングで治る様な話をしたら、ディーラーのメカニック的にはグリスアップだと教えてもらいました。
冷静に考えればその通りで、ただ受け側がプラスチックなので使用するグリスはシリコングリスが必要となる。
手近なグリスは呉のスプレーグリスなのであの茶褐色の奴、だからプラスチック面にはあまり推奨できないのでお手軽対策としては養生テープがベストだった。

そんな感じで指摘を受けて少し考えているとある事がひらめいた。
耐久性とかプラスチックへの攻撃性を無視すればCRC556でも良いわけで・・・・・
CRC556だと数回の雨で流れてしまうが、そう言えばうちには表面硬化させて雨水で流れずにツルッツルッになる奇跡の潤滑剤が有った事を思い出した。
ダイニングの椅子のローラーの軸にチョコっと吹いたら、少し力を加えただけで一気に動いてしまうので尻餅をつく位危険になったアレ。
そう、超極圧潤滑剤LSベルハンマーゴールドスプレーです。
これを吹いてやれば良いんじゃねって閃いた。

早速アルミステーに巻いた養生テープ4か所を全部剥がしてパーツクリーナーで洗浄後に吹きかけてみた。
通常のLSベルハンマーは熱処理が必要で摩擦熱で加熱された後に冷えた時に被膜が形成されるらしい。
ところがLSベルハンマーゴールドは高濃度で熱処理無くても浸透して反応するとか言ってます。
まぁ本当かは知らないけど、椅子のローラーなんかベアリングにグリスが入っているわけで、発熱なんかほとんどないはずなのに危険なレベルでコロコロになった事から常温でも効果が出るのでしょう。

そのままホロのアルミステーに付けて翌日走ってみると本当にキシミ音は出なかった。
以前にキシミ音が出たので養生テープでテーピングして消した訳で、今回は養生テープを剥がしたので普通ならば音が出るはず。
それが出ないのでLSベルハンマーは確かに効果が有るという事。
どれくらいの耐久性があるのか興味が有るのでこのまま様子を見ることします。

そうそう、まだ先ですが次回のオイル交換ではこれを使ってみようと思います。
Kimg0072 【ベルハンマーライト】

ベルハンマー7より軽自動車用に特化した成分配合になっているらしい。
ベルハンマー7と同様で明確にモリブデン配合って書いてあったので結果が楽しみです。
でも多分ベルハンマーの説明でベルハンマーは氷の上を引っ張る感じ、モリブデンはコロを敷いて引く感じと説明されてたんだけどね。
金属表面に定着した添加剤の耐久性はモリブデンの方が長いらしくそれで両方を配合しているって感じだったと思います。
モリブデンの有無で体感できる差が出るのか楽しみですね。

より以前の記事一覧